サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悩む力 正(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 487件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720444-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

悩む力 正 (集英社新書)

著者 姜 尚中 (著)

何のために働くのか。変わらぬ愛はあるか…。文明がもたらす人間の苦しみを100年前に直視した夏目漱石とマックス・ウェーバーの言葉をヒントに、最後まで「悩み」を手放すことなく...

もっと見る

悩む力 正 (集英社新書)

734(税込)

悩む力

659 (税込)

悩む力

ポイント :6pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何のために働くのか。変わらぬ愛はあるか…。文明がもたらす人間の苦しみを100年前に直視した夏目漱石とマックス・ウェーバーの言葉をヒントに、最後まで「悩み」を手放すことなく真の強さを摑み取る生き方を提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

姜 尚中

略歴
〈姜尚中〉1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。東京大学大学院情報学環教授。専攻は政治学、政治思想史。著書に「マックス・ウェーバーと近代」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー487件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

在日から始まる人生の苦悩の数々

2012/02/25 07:30

11人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

悩む力 姜尚中(カン サンジュン) 集英社新書

 1日あれば読み終えることができる文章量であり読みやすい。夏目漱石の研究書のようでもあります。目次に並んでいる項目は、人として生きていくうえで、重要かつ重くて深い事柄です。自問自答を続けて、悲観することが人間の性分なのでしょう。作者は自身の国籍のことで、若い頃に傷ついたり迷ったりしています。日本人には体験することがない苦痛です。
 他人が周囲に居ないと自分が成り立たない。これは、「二十歳の原点」高野悦子著に通じます。彼女は親族・他者を排除した結果、最後は鉄道に飛び込んで亡くなっています。周囲の人間との関わりがなくなると人間は病気になったり死んだりします。
 いつまでも親がわたしを守ってくれるという思い違いをしているこどもさんが多くなりました。付け加えて、いつでもどこでもだれかがわたしの面倒をただでみてくれるという意識のお坊ちゃまやお嬢さまも増えています。
 「知ってるつもり」は「お金持ちのつもり」にも通じます。日本人は経済的に豊かになったのではなく、借金がしやすくなっただけなのです。
 「悩む人間は水準が高い」という言葉に対して、気の持ちようという言葉もあります。川の流れにたとえてみると、常に流れていることが必要です。流れに逆らわずに、という条件が付きます。停滞は水の濁り(にごり)や澱み(よどみ)につながります。
 宗教については、信じる者は救われるということはあります。信じない者は救われないということはないと思いますが、何かを信じて寄りかからないことには、生きていくことはとてもつらい。
 お金があって働かない人たちのことが書いてあります。たとえお金があっても、働いていないということは、一人前の人間ではないという社会の評価があります。
 「どこかで線を引く」という言葉はいい言葉です。
 高齢者に関する言葉は遠慮があるようです。
 最後の固まり部分は、無理をしてページを文字で埋めたという感がありました。頭でっかちな部分がありますが良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩み続け、突き抜けていこう。

2011/03/18 11:41

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代人の悩みとして「私とは」「何のために働くか」など幾つかのテーマについて著者の意見を著している。一言でまとめれば「真面目に悩め」。
 著者が強く関心を持ったマックス・ウェーバーや夏目漱石を手がかりに展開するところが多いので、このあたりを少しは知っていないと理解しづらいかもしれない。しかしあまり知らなくても、「悩め」という主旨は伝わってくる。

 細かいところには著者に賛成できないところもあったが、常に悩む姿勢は大事だと思う。悩むというより考えて選ぶ、と言ってもよいだろう。
 現実の社会現象を見ると、人間はあるひとつの方向に向かって走り始めるとどんどん加速し、行き過ぎては反論が現れて今度は別の方向に走り始めるようなところが多く見られる。振り子のように振れるのも、悩んでいる証拠なのかもしれない。実はある方向に突き進んでいる間だけは、勢いに任せていて悩む必要がない、思考停止の安らぎの時間だったりすることもあるのではないだろうか。
 人間は何かを信じないと落ち着かない。しかし自分も、取り巻く環境も変化する。相手のあることなら、相手により価値観が異なることもある。その中で納得した選択をして生き抜くには「真面目に悩む」しかない。そして、悩みぬいて突き抜けてたくましく生きよう。

 悩み続けること、できるだけ柔軟に調整をし続けること。それは簡単なことではない。多分小さいことからはじめて、思考停止しないで「悩む力」を少しずつつけて行くことが大事なのだろう。子どものころに叱られて、失敗にも耐える力を少しずつ蓄えていくように。本書が教えているのはそういうことだと思う。

*本書を読んでいる途中で3.11の地震があった。そのために本来の本書のメッセージと違うものを読み取ってしまったかもしれない。被害は私の住んでいる千葉県でもあった。甚大な被害の県に比べればまだまし、しかしできることは限られる。それぞれの場所で、どうしたらよいか悩み、よく見極めて行動するしかない。それを突き抜けていこう。そして、何年か後、ここから学んだことが少しでも次への力となっていることを望みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい!

2013/03/21 01:06

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:へぼ釣り師 - この投稿者のレビュー一覧を見る

わがままを認識させてくれるような本、社会に不足している感覚を呼び起こしてくれるような本!です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漱石、ヴェーバーと悩む事

2009/02/08 14:22

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯖カレー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は題名に「悩む力」とあるが、悩む力を向上させるようなハウツー本ではないということくらいは、明らかなことである。
本書は「悩む」という行為にスポットをあて、漱石とヴェーバーを例に、どのように悩んで行くか、を著者の体験をからめひも解いて行く。
だから共感出来ない人物も当然いるだろうし、万人に当てはまる本であることもない。しかし、漱石とヴェーバーの二人の思想に触れることもでき、様々な点で参考になる事もある。そこから読者の思考は発展していく。
読んで無駄になる事はないだろうし、無駄にしてしまうのはもったいない。
読者を選ぶ本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姜尚中からの「手紙」

2009/05/03 12:06

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは姜尚中からの中高生への手紙である。「悩むことから逃げるな」というメッセージである。

この本で立てられている8つの問い
 
 1 「私」とは何者か
 2 世の中すべて「金」なのか
 3 「知ってるつもり」じゃないか
 4 「青春」は美しいか
 5 「信じる者」は救われるか
 6 何のために「働く」のか
 7 「変わらぬ愛」はあるか
 8 なぜ死んではいけないか

は、人間が生きていく上での根源的な問いである。人生のどこかで一度はぶつかる問題なのだが、多くの人はそのとば口で佇んでいるうちに時が流れ、いつしか頭の隅に追いやり、やがて若さゆえの迷いなどという言葉で結論を出した気になって、忘れ去ってゆく。
 
 しかし、姜尚中はこだわれと言う。こだわり続けよと。この本で問いの答えは示されない。この本で示されるのは、考えるための手掛かりと、その答えは一人一人が独力で獲得しなければならないということである。これはまさしくアイデンティティの確立と同じで、結論を言葉で示しても、そしてそれを言葉で理解しても、駄目だからである。自ら突き詰めて、行き詰まった後にしか訪れないブレイク・スルーの先にしか、意味ある答えにはたどり着けない。そして、ときには、たどり着いたと思った答えが、さらなる脱皮を必要とする。答えは彼岸にあるからである。
 
 最終章は、残念の一言に尽きる。がっかりである。読まなくていい。いや、読まないほうがいい。あとがきが最終章だったら、星一つ増えただろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩む力

2018/06/25 08:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまいち頭に残る内容がなかった。

悩んだ末に横着になれ。そして、破壊力を持った
人になれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

、んーー悩む

2008/10/01 00:13

10人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ショートチョット - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文章を書くには、相当のストレスがないと書けない人もいる。
 何かにそうとう悩み、傷つき、行き場のない怒りを内に秘めてエネルギーの増殖炉に転換する。
 
 しかし、そういう人ばかりではない。同じ境遇を全く別な感じ方をする人もいる。
 同じ出来事でも、違うとらえ方がある。解釈フィルターが違うのである。
 人は、それを脳天気だの、お気楽だのと揶揄し、ひがむが、人それぞれだと思う。

 フィルターを取り替えること。知ってしまえばコロンブスのエッグだが。知るまでは遠い道のりなのかもしれない。「遠回りに見える近道」は人間には見えにくいものである。なぜなら感情が目をくらませるからだ。ついでに思考をもくらませるからだ。

 本書のタイトルは「悩む力」とするより「私の悩んだ事柄エトセトラ」とした方が良心的だと思う。もちろん、売上に影響すると思われるが。私にとっては星1つ。(逆に珍しい)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/13 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/06 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/25 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/15 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/20 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む