サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポジ・スパイラル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-92606-9
  • 国内送料無料

紙の本

ポジ・スパイラル

著者 服部 真澄 (著)

有明海、東京湾、日本海…温暖化防止の鍵は海に眠っていた!日本ひとり勝ち時代を予見する。環境サミット直前秘策はここにあり。【「BOOK」データベースの商品解説】連日の猛暑と...

もっと見る

ポジ・スパイラル

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有明海、東京湾、日本海…温暖化防止の鍵は海に眠っていた!日本ひとり勝ち時代を予見する。環境サミット直前秘策はここにあり。【「BOOK」データベースの商品解説】

連日の猛暑と嵐のような風雨。地球を蝕む温暖化の恐怖に打つ手はあるのか? 温暖化防止の鍵となる、秘められた海洋資源の謎とは? 日本ひとり勝ち時代の到来を予見し、環境再生への道を模索する人間を描いた長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

服部 真澄

略歴
〈服部真澄〉1961年東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。「龍の契り」でデビュー。「鷲の驕り」で吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に「最勝王」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

フィクションです。ですが環境問題に興味のある方はご一読を。……読ませます。

2008/12/26 10:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紅葉雪 - この投稿者のレビュー一覧を見る

服部真澄さんの書く作品には、ある「断り書き」が必要だと思う。
それは、「この作品はフィクションであり……、」という毎度おなじみのあの一文。

そうでないと、「これが真実です」と言わんばかりに巧みに描かれた世界を突き付けられ、読んでいる時も読んだ後も、「これはフィクション」と何度も確認したくなってしまうのだ。

もちろん作者が描く世界の中、例えばこの作品で言うなら、霞が関のやり方(利権絡みの問題や大手企業との癒着や天下り法人の問題等)や、第三者委員会についての実態は、作者が「描く」というよりは、より詳細に「暴いている」気もするが。



このポジ・スパイラルの大きなテーマは「環境」。さらにその中でも、「海」のもつ大きな力……とくに浅瀬や干潟が海の環境に与えている大きな意味が、深くこの話に関わってくる。

『もしこの温暖化問題を「海」が解決できるとしたら……』


話はある一人の環境省官僚の自殺から始まる。
その男性と海の環境再生の同志であり、同時に愛人関係にあった主人公。
その元へとんでもない話が持ち込まれ、彼女は「海の問題」を巡る大きな波に巻き込まれる事に。

故人の知人という捉えどころのない筒井、環境調査会社の谷崎など、どことなく謎めいた人間が絡んで、さらに主人公の元に「故人の携帯」から不審な着信が入るといったサスペンス調の動きもあり、話は一気に国をも巻き込むクライマックスへ向かっていく。


主要な登場人物の設定も面白かった。


主人公の住之江沙紀。東大大学院の准教授で海洋環境学者。「湾や海域の保全と再生推進」に力を傾けている。だが彼女は、「洋々建設」という、「業界では知らぬもののいない」、「海洋に関わる土木建築業」一族のお嬢様。だからこそ国交省のお目こぼしをもらえ、活動を続けていられる一面も。だが本人はそれを承知で、この憂える現状を何とかしようと悪戦苦闘している。

そしてもう一人、この作品で大きな役割を果たすメジャーなタレント兼俳優、久保倉恭吾。
沙紀が芸能事務所に頼まれ、ニュース・エンターテインメントの進行役の久保倉のレクチャーをしているという設定にも無理がなく、さらにその久保倉が巻き込まれていく過程も自然だった。何よりその久保倉の持つ「過去の重み」が、彼の行動の一つ一つを裏付けていた。


この本を読むまで、自分は海の浅瀬や干潟の持つ意味を深くは考えた事がなかった。
もちろん諫早の大規模干拓の話や、その後諫早がどうなったか知ってはいたが、それは新聞等で知る程度の知識だ。

同時に。日本には、陸以上の規模の広さを誇る「海」がある事を、見事に忘れていた。
「日本は四方を海に囲まれた島国」と、耳にタコができるくらいに聞かされてきたのに。
それは自分だけでなく、きっと多くの日本人も同様ではないのだろうか。


もちろん、これはあくまでもフィクションである。

だが。
この作品が、事実とまではいかなくとも事実に近い形であったら……、と思わずにいられなかった。

昨今の異常気象は、どう考えても普通でないとしか思えないから。
その他にも、バイオ燃料と食糧との兼ね合い、穀物の物価高騰など、……目を覆いたくなるような現実。

作者が目を向け、綿密な取材を重ねてここまでの作品にしてのけた「海」の話だが、現実の「海洋環境の専門家」たちが声を上げていない以上、やはりこれはあくまでもフィクションなのだろう。残念なことに……。

ただこの話でも触れられているが、どこかで「利権のために」、事実が「いいように握り潰されている」可能性にも思い当って、少しだけ背筋が寒くなった。
フィクションにも関わらず、そんな事までも邪推させてしまう服部さんの筆力は、やはりすごいと言うべきか。

あくまでこの話はフィクションであり、現実は違うのだと。
だからこそ、こういった視点の意見が上がってこないのだと、逆に信じたい気分だ。


最後に。
未曽有のネガティブ・スパイラルの中に巻き込まれつつある日本を、「ポジティブ・スパイラル」という観点で変えようとした主人公たち。

彼らの「ある行動」の是非は、その結果は、長い時間が経過しないと判らない。
だが、沙紀が未来を肯定的に見ている所に救いも感じた。

だからこそ。自分はこの続編を望んでしまう。ぜひ、この先の未来の世界を読んでみたいと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/31 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/01 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/20 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/03 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/26 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/26 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/05 05:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/09 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/01 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/05 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/22 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る