サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 光文社の通販
  6. キッド・ピストルズの最低の帰還の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-92610-6

紙の本

キッド・ピストルズの最低の帰還 (パンク=マザーグースの事件簿)

著者 山口 雅也 (著)

よく似ているようで全然違う、パラレル英国にようこそ。キッド・ピストルズとピンク・ベラドンナが、遂に還ってきた!—今回もまた、マザーグースの唄声響く、難事件を引き連れて。奇...

もっと見る

キッド・ピストルズの最低の帰還 (パンク=マザーグースの事件簿)

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

よく似ているようで全然違う、パラレル英国にようこそ。キッド・ピストルズとピンク・ベラドンナが、遂に還ってきた!—今回もまた、マザーグースの唄声響く、難事件を引き連れて。奇才・山口雅也が満を持して放つ、キッド・ピストルズ13年ぶりの大復活。【「BOOK」データベースの商品解説】

パンクス出身の凄腕捜査官キッド。現実と似ているようで全然違うパラレル英国で、途方もなく馬鹿げた不可能犯罪事件に挑む。そこには、なぜかマザーグースの唄声が響いていて…。キッド・ピストルズ、13年ぶりの第5作。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

誰が駒鳥を殺そうが 17−109
アリバイの泡 111−141
教祖と七人の女房と七袋の中の猫 143−225

著者紹介

山口 雅也

略歴
〈山口雅也〉横須賀市生まれ。早稲田大学法学部卒。1989年「生ける屍の死」でデビュー。95年「日本殺人事件」で第48回日本推理作家協会賞を受賞。ほかの著書に「マニアックス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容は少しもパンクしていない、オーソドックスな本格ミステリ集。そういう意味で、アバンギャルドを期待した私には、ちょっと物足りない。でも、本格マニアなら喜ぶ?ホントかなあ・・・

2008/09/24 19:34

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いや、もうカバーからパンクしています。そんな装幀は坂野公一 (welle design)。

カバー折り返しの内容紹介も面白い。若干違うかもしれませんが雰囲気を再現すると

         神奈川県生まれ。
        早稲田大学法学部卒。

    1989年、『生ける屍の死』でデビュー。
  この作品はその後、「このミステリーがすごい!」の
1990年~2000年、10年間のベスト1に選ばれている。

       1995年、『日本殺人事件』で
      第48回日本推理作家協会賞を受賞。

キッド・ピストルズシリーズは『キッド・ピストルズの冒とく』
  『13人目の探偵士』『キッド・ピストルズの妄想』
 『キッド・ピストルズの慢心』があり、本作は第5作。
          じつに13年ぶり、
     待望久しい「最低の帰還」となった。

となっています。13年ぶりですか、久しぶり、ってより凄いなあ、って思います。だって、13年経ったら前作を全く知らない読者がいてもおかしくない。それなら復活ではなく新シリーズのほうがいいんじゃない?なんて勝手なことまで思うわけです。失礼な!ですよね。でも、私、パンク、まったく分からないんです。音楽もですがファッションも、勿論山口のキッド・ピストルズシリーズも。

なに、ガキがいきがってんだろう、くらいしか思えない。一度として美しいとか楽しい、って思ったことない。今時、パンク?なんていう思いもあります。ま、これは趣味の問題。でも、私の中に山口のこのシリーズ、分からなくてもいいや、っていう気になかなかならない。自分の方が間違ってる?っていう思いが浮かんでは沈み・・・

実は西尾維新の時がそうだったんです。当時、中学生だった次女はもう維新に首ったけ。高校生だった長女は、さほどではない。彼女は私と同じく舞城王太郎派。次女が共感できるものに、私が心動かない?それってオバサン化の始まり?冗談じゃない、絶対に理解してやる、なんてときに維新では『化物語』にぶつかりました。もう、ただただ楽しんだ。

同じことが山口でも起きるかもしれない、なんて思いで読み始めたんですが・・・

早速目次に従って各話の初出と内容紹介。目次

Intro :このシリーズの背景やキッドとピンクとは何者かなどが要領よく示される

キッドとピンクの伝記作家による本書に関する覚書 :タイトルとなった「最低の帰還」の意味などを記録者が解き明かす

◆誰が駒鳥を殺そうが
 ――キッド・ピストルズの最低の帰還(「ジャーロ」2007年春号):遠く離れた武器庫の塔で和弓の師匠・ジャクエモンが殺された。ロビン卿の屋敷で密室殺人に挑むパンク探偵も殺されて・・・

◆アリバイの泡(「野生時代」1995年8月号):ゴータム海洋パラダイスで起きた台湾人実業家殺人事件。殺したのは三つ子のうちの一人であることは間違いない。同じ顔の三人、火龍、土龍、水龍は互いにアリバイを主張して・・・

◆教祖と七人の女房と七袋の中の猫(「ジャーロ」2007年夏号):子供たちを虐待したと訴えられた新興宗教の教祖と信者たち。一本道で子供たちが消えた・・・

◆鼠が耳をすます時(「小説TRIPPER」1995年冬号):ライヴハウスでご機嫌な演奏を聞かせるバンド《三匹の盲目の鼠》。メジャーデビューの声がかかる日に現れたのは昔、金を持ち逃げしたマネージャー・・・

◆超子供たちの安息日(「ジャーロ」2008年冬号):超能力をもった双子マンデイとサンデイに迫る危機。予告どおり密室で死んだ少年と、彼の死を予告した少女ウエンズデイ・・・

え、このシリーズってこんなにまっとうな本格ミステリだった?というのが第一の思いです。基本は密室、古きよきミステリの王道、ま、それゆえの野暮ったさがついてまわるのは流石の山口でも如何ともし難い。やはりこのシリーズからパンク風味を取ったら、法月綸太郎『犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題』には敵わないかな、なんて思ったりもします。

個人的には「教祖と七人の女房と七袋の中の猫」と「鼠が耳をすます時」に二篇が好きです。10年以上の時を隔てた作品ではありますが、どこかスマート感があって、海外に持っていっても理解されるんじゃないか、なんて思います。それと「誰が駒鳥を殺そうが」でしょうか。これぞ世界標準、っていう感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/05 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/01 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/13 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/08 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/19 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/19 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/15 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。