サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

切羽へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 150件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-473102-2
  • 国内送料無料

紙の本

切羽へ

著者 井上 荒野 (著)

静かな島で、夫と穏やかで幸福な日々を送るセイの前に、ある日、一人の男が現れる。夫を深く愛していながら、どうしようもなく惹かれてゆくセイ。やがて二人は、これ以上は進めない場...

もっと見る

切羽へ

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

静かな島で、夫と穏やかで幸福な日々を送るセイの前に、ある日、一人の男が現れる。夫を深く愛していながら、どうしようもなく惹かれてゆくセイ。やがて二人は、これ以上は進めない場所へと向かってゆく。「切羽」とはそれ以上先へは進めない場所。宿命の出会いに揺れる女と男を、緻密な筆に描ききった哀感あふれる恋愛小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

【直木賞(139(2008上半期))】夫と穏やかで幸福な日々を送るセイの前に、ひとりの男が現れる。夫を深く愛していながら、惹かれてゆくセイ。宿命の出会いに揺れるふたりはやがて…。廃墟の多く残る静かな島を舞台に描く、美しい切なさに満ちた恋愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井上 荒野

略歴
〈井上荒野〉1961年東京生まれ。89年「わたしのヌレエフ」でフェミナ賞、2004年「潤一」で島清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「ベーコン」「夜を着る」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー150件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

切羽までどんどん歩いていくとたい。

2008/08/10 23:37

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 直木賞受賞作『切羽へ』は著者井上荒野さんの父、井上光晴氏の故郷である島が舞台です。
「切羽?」
「トンネルを掘っていくいちばん先を、切羽と言うとよ。トンネルが繋がってしまえば、切羽はなくなってしまうとばってん、掘り続けている間は、いつも、いちばん先が、切羽」(195頁)
 日本語は美しいと思う。「きりは」という響きも美しい。井上荒野さんのことばは美しい。例えば「蜜のような孤独」、密のような孤独ってどんな孤独なのかしら。蜜のような孤独、蜜のような孤独と、何遍も繰り返して言ってみた。
 主人公、麻生セイ31歳。セイは小学校の養護教諭で画家の夫、陽介と父が残してくれた診療所で暮らしている。二人ともこの島で生まれた。セイの教師仲間、月江は東京生まれの34歳。月江はこの島に来て五年になる。月江は月に一度かときには二度、月江に会いに本土からやって来る本土さんとつきあっている。三月、卒業式が終わり、春休みの最後の日、ミシルシのような男、島に転任してきた音楽教師の石和聡と出会う。最初の出会いから惹かれあう二人。セイと陽介の夫婦愛。月江と本土さんの刹那的な愛。セイと聡の切羽への恋。四月、五月、六月と季節が移り変わっていきながら渦巻いていく。何と言っても凄いのはセイと月江の女の闘いです。相反して小学生の子ども達の仕草が可愛くて、ほっとします。幻みたいなところがあった石和聡の存在は、井上荒野さんの父の面影を彷彿とさせています。
 この小説は何度も読み返したい作品になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切羽へ行った、おんな。

2008/08/19 23:41

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 分からない、と私は思った。

 第139回直木賞受賞の今作、『切羽へ』は、ある島での男女の恋愛を描いた作品。ちなみに、ご存知かとも思われるが、作者井上荒野は、同じく小説家である井上光晴の娘。

 東京に近い島で、学校の養護教諭として務めているセイは、夫で画家の陽介と静かで幸福な毎日を送っている。そんなある日、本土、東京から新任教師の石和が島にやって来る。夫がありながら、徐々に石和を気になる存在として認め始めるセイ。失っていく時間、失っていく日々、そして、失っていく人たち。ゆれる心と、喪失を描いた一作。

 恋愛小説、と私は書いた。だが、私にとって、どうしてもこの作品が恋愛小説には思えない。小説の帯には恋愛小説と書かれているし、小説の流れからしても、恋愛小説と呼んでしまった方が適切なのかもしれない。だが、この小説の中の静謐な感情(のようなもの)の流れを恋愛と呼ぶには、余りにも脆すぎるように私は感じる。そもそもこの本の中で描かれる、セイの女としての心の揺らぎは恋愛と呼べるものだろうか。

 もしかしたらこれが大人の恋愛と呼ぶものなんでしょうか?だとしたら私のような若僧にとっては、とってもムズカシイ。分からない。

 この小説を分かる為にも(分かるために読む、というのもなんだか違う気がちょっぴりするが、まあとにかく)、他の点から迫ってみようと思う。

 それは、「別れ」という「喪失」だ。

 『切羽へ』で重点が置かれているのは、恋愛のような人と人との触れ合いではなく、むしろ人との別れの方であると私は感じる。
 卒業生との別れ、島を離れる人との別れ、しずかおばあさんとの別れ、「本土さん」との別れ、そして、石和との別れ。
 このような直接的な別れの他にも、間接的な別れ、つまりは、月江との仲違い、夫との心のすれ違い、など、様々な別れが描かれている。
 物語全体は、「石和」という一本の道の上に、これらの様々な別れが次々と挟み込まれている構成である。とても静かで抽象的だ。そして、その中心に立つセイは、常に深い喪失感に囚われている。
 両親はなく、生まれ故郷の島にも半分「よそもの」として関わるセイ。夫との生活を「サナトリウム」と例えた彼女の心境には、常に定まらなく、それでいて、どこか生温かい奇妙な安心感があったのだろう。
 彼女にとって、完全によそ者である石和との交感は、そんなあやふやな状態を切り裂く風のようなものであったのではないのか。石和と出会ってからセイは、段々と夫とのすれ違いを重ねるようになる。それ以前は、夫との間に何の不安もないように書かれていたのに、いきなり調子が変わる。直接的な描写は無いにも関わらず、以前から夫に対して不満を持っていたように私たちを作者は誘導している。私たちは、石和という風の出現によって、ちょっとしたいびつさ、奇形さを、それまでのセイと夫との生活の中に見てしまう。
 切羽、つまり「それ以上先へは進めない場所」に彼女は迷い込んだのではない。誘われたのでもない。彼女本人が進んで行ったのだと思う。様々な別れを体感しながらも、それ以上先を目指すこと、切羽を目指すことで、母がかつて見つけたように、セイもマリア像に変わるものを見つけたかったのだろう。これは決意だろうか。それだとしたら、何に対しての決意だろうか。
 
 幾つもの別れ、そして石和との交感を経た後の彼女が授かった一つの命は、切羽まで行った女の証明でもあり、そう考えると、この小説はますます恋愛小説ではなく、ある種の成長譚、はたまた女の変身譚なのではないか、と、ぼんやりと私は思った。

 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人の恋愛小説、なのかな・・・

2008/08/31 12:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文学賞受賞作品だからって、万人ウケするものではないんですよね。
そのあたりを失念して本の帯に惹かれて買ってしまったけれど、
正直私には消化不良。。。帯の文句が良くも悪くも作為的な気がする。
どろどろ不倫・純愛ものか?!と思って手にとる人もいるだろうし、逆に
そういうのは・・・と敬遠する人には違うの?!じゃあ、と今度は手に
とるようになるってことがありそう。

いえ、読んでいて文章の流れはとても心地良いもので、すらすらと
読み進んでしまい、作家の技術というものに感嘆させられました。
主人公セイの友人・月江と愛人の「本土さん」や、セイが世話する
老女・しずかさんが死の直前に見る夢といった描き方が生々しくて、
セイの抑制された感情との対比が見事になされていたと思います。
セイとセイがどうしようもなく惹かれてしまう新任教師・石和以外
の部分は淡々としていながらも、それなりに読み応えがありましたよ。

でも帯にあるように惹かれ合う二人というわりに、あまりにも
あっさりしたせいか、セイが石和のことを気になっているのは
わかるけど、石和はどう思ってるんだ?というのが最後まで
私には伝わってこなかった・・・。石和って一体どういう人間なのかが
謎のまま。まあ読者の解釈にゆだねるってことなんですね。

作者は理由もなく惹かれることがあるっていうのを描きたかった
みたいですが、私にはあまりにも石和の人物像が輪郭すら感じられ
なかったので、この二人の恋愛というものに共感できなくて残念。
謎解きのエッセンスと思われるものがちりばめられながら、それは
そこだけで終わっていて特に後につながるようなものではなく・・・。
私の読み方が、こうなるのかな?こうなってほしいというエンタメ的な
ものを求める姿勢だから消化不良だったんでしょう。私には同じ直木賞
でも、村山由佳さんの「星々の船」みたいに渾身の力で書き上げました!
という力強さとボリュームを明確に感じられる作品が好みです。
そう、結局自分にとっていい小説って、自分の今現在の心の状態と
リンクするとか、作家さんの価値観に共感してしまうという好みで
決まってくるところがありますよねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性の凄さを知らしめてくれた恋愛小説。

2009/03/06 02:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第139回直木賞受賞作。
いやあ、読解し辛いよねこの本。

いろんなとらえ方というか意見があってもおかしくないでしょう。
正直、こんなに読み応えのある作品だとは思ってなかった。
でも感想は本当に書きづらい(汗)
本質的には“女性向けの美しい小説”だとは思いますね。

舞台は九州の小さな島。
主人公は人妻のセイ。島の小学校で養護教師として働き、夫・陽介は画家で平凡であるが幸せな日々が続いている。
だが、ひとりの男性音楽教師・石和が赴任してきて彼女の心は揺れ動き始めるのである。

ポイントはいくつかあります。

まず女性の本質的な部分としての対比。
これは月江という軽い女性を登場させることにより、主人公の想いの切なさを露呈させている。

次に主人公が世話をしていた老女・しずかさんに対する石和との対応の違いですね。
何かを失うことに敏感な主人公を浮き彫りにする効果っていうのかな。
石和との関係の行く末が、しずかさんに対する行動の違いにより正当化しているように感じたのです。

あとは感情だけで恋愛が成り立つかどうかという点。
最後にめでたいような終わり方だが、実際セイの心の中ではどちら(旦那か石和)の比重の方が大きいのか。
彼女ってしたたかであってしたたかじゃないのであろう。

ただ、あまり深読みせずに、小説として読んだ本作のスリリングさは、他の作品では到底感じ取ることの出来ないレベルに達していると思える。
2人はどうなるかという点だけに焦点をしぼって読んでみても楽しいエンタメ作品だと言える。
その他の解釈、特に石和の人物像自体、読者に委ねてますよね。
そこはかなり賛否両論があってしかりでしょう。

曖昧さが特徴とは言え、それにしても登場人物の男性たち、滑稽ですよね。
全然魅力的じゃないですよね。
とりわけ、本土さん(笑)
一般的に一男性読者からして、こんないい旦那いるのに何故主人公は?と感じるのであるが、それはもっとひどい本土さんの存在があるので口に出せません(笑)


作者の手法・筆捌きの見事さもちょっと述べさせていただく。

本作は読者にかなりのことを考えさせることができる物語である。
たとえばセイの石和に対する気持ちって心の浮気なのか純愛なのか?
私的には“人妻だって恋しますよ”という作者の声を聞いた気がする。
性描写がないからこそ、美しい物語に仕上がっているとも言えそうだ。
読後ちょっともやっとしつつ、少し胸をなでおろしている自分に気付く。
最後に読者のひとりとしてセイが“切羽へ”まで行き着いたことだと解釈している。
切羽→新しい生命の誕生により

結論を言えば、主人公は肉欲に走らなかったから切ないのでしょうね。
淡い恋は人間を成長させるのである。
セイの幸せを願って本を閉じた。

元来、女性とは男性以上に恋をし情熱的な生き物なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

島の暮らし。

2010/11/25 06:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第139回直木賞受賞作。これまで読んだ、直木賞受賞作は興味深く、面白かったので本書を友人が貸してくれると言って差し出してきた時にはすごく嬉しく、またわくわくしました。一体、どんなストーリーなのだろう、初めて触れる作家さんだな、といった感じに心が弾んでいました。
 まず始めに、島の雰囲気、暮らし、景色、方言、郷土料理などが細かく表現されていて驚きました。特殊な魚の呼び名、料理名には当然馴染みも無く、読んでいるうちになんとなく南国の、九州辺りの島ではないかなと思ったりもして。従兄弟が話す方言に似通うところもあったからかもしれない。
 本書の帯に書かれていた文章には、切羽の意味がこめられていました。『「切羽」とはそれ以上先へは進めない場所。宿命の出会いに揺れる女と男を、緻密に描ききった哀感溢れる恋愛小説』とあります。だから、恋愛小説なんだ、久しぶりだなという思いもあったし、そのつもりでページを捲っていくと、主人公の女性は既婚なので、まさか不倫の話なのかなと思いました。
 どちらかというと、宿命の出会いに揺れる女と男という表現はそぐわない気がした。というか、どの二人?という疑問も湧いてきたほどです。それくらいそっけなく、ちょこちょこと主人公の親しい女友達のちょっかいがあり、物語は終幕へと向かっていったので面食らった。何かを遠まわしに、言わんとしているのか分からないけれども、何も構えずに書籍と向き合う私には理解できなかった。少なくとも、これまで恋愛小説と定義されてきた書籍とは違うカテゴリーに属しているようでもある。
 馴染みが全く無い小島の雰囲気や郷土料理の表現には拍手を送りたい気持ちです。けれど、ストーリー的には曖昧だったので星は3つです。もっと、ストーリーに合ったキャッチコピーを考えた方が一般の読書家さんたちには馴染むだろうし、期待も裏切らないと率直に思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/20 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/24 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/06 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/27 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/08 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/17 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/17 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/30 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る