サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

江戸東京怪談文学散歩(角川選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 角川学芸出版
  • レーベル: 角川選書
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-703428-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

江戸東京怪談文学散歩 (角川選書)

著者 東 雅夫 (著)

怪談研究のエキスパートが東京の街を徘徊探訪し、芥川龍之介、永井荷風、岡本綺堂、三遊亭円朝から宮部みゆきまで、古今の名作怪談にゆかりのスポットと不思議な伝承を案内する。怖ろ...

もっと見る

江戸東京怪談文学散歩 (角川選書)

税込 1,620 15pt

江戸東京怪談文学散歩

税込 1,296 12pt

江戸東京怪談文学散歩

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.0MB 無制限
Android EPUB 9.0MB 無制限
Win EPUB 9.0MB 無制限
Mac EPUB 9.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

怪談研究のエキスパートが東京の街を徘徊探訪し、芥川龍之介、永井荷風、岡本綺堂、三遊亭円朝から宮部みゆきまで、古今の名作怪談にゆかりのスポットと不思議な伝承を案内する。怖ろしくも興趣尽きない江戸東京散歩。

著者紹介

東 雅夫

略歴
〈東雅夫〉1958年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。『幻想文学』編集長を経て、怪奇幻想文学のアンソロジスト、評論家。怪談専門誌『幽』編集長。著書に「百物語の怪談史」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地縁を得る

2009/02/17 15:59

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地縁という言葉をこの書物で初めて知った。この言葉は本当はその土地の人間関係を得ることをいうらしいのだが、私は、土地そのものと縁を結ぶという意味で使いたい。
 実は先日、誘われて深川の芭蕉ゆかりの深川文学散歩というのに参加したのだが、こちらはほとんど俳句に縁がない身、芭蕉文学館で熱心に展示物見る連れを置いて、ぼんやりと小さな庭に出てみた。庭の中にある階段を上ってみると、いきなり隅田川の土手に出た。そして、その滔々とした水の流れの豊富さに打たれたようになって見つめていると、心がどんどん時代を遡って、江戸に飛んで行くのを感じた。
 それからは、歩いている道すがら、川や橋の名、お寺の名前も、何か聞いたことがあるようで気になって仕方ない。何故か心は芭蕉を離れて、岡本綺堂や鏡花の世界に彷徨っていき、杉浦日向子が描いた江戸時代の面影を求めて、下町を一日歩きまわった。
 その後に、この書を手に取った。そして、物語の舞台としての東京下町に、地縁を得たのだなとしみじみ思った。あの時ちらりと見た場所に縁のある物語や、心の中で忘れられないでいた物語の舞台を、ここで知ることができた。
 例えば、第一章で作者が案内してくれる芥川龍之介の『妖婆』の世界。まさしく、深川散歩中に、芭蕉がいた頃はウナギ川といったかもしれないと説明された運河、小名木川と平行して隅田川に流れ込む立川界隈が舞台。
祈祷師である妖しげな老婆に捉えられている恋人の娘を救おうとする若旦那とその友人の物語。芥川にしては、少々明るい怪談なのは、舞台が江戸時代だからなのかもしれない。畠中恵の小説にも出てきそうなほど頼りない若旦那の恋は、ほとんどしっかり者の友人が解決を付けてくれるのだが、その中でも特にぞくりと来る場面がいくつかある。それは、妖婆が娘を折檻するまるで安達ヶ原の一場面のような描写と、妖婆が水に浸かる場面の描写。一日に一度立川にずぼりと身を浸している老婆の姿を目蓋の中に再現させていると、あの町の水の流れが目に浮かんでくる。作者の説明をもとに、物語の舞台をもう一度歩いてみたくなる瞬間だ。水の都江戸を舞台の怪談を味わいに、また、深川に出かけたくなる。
 続く森鴎外と泉鏡花の章は、百物語やら怪談会が流行った時代と向島界隈が語られる。作者が歩むに連れ、ほのかに見えた向島の様子が、また現代のビルに変身したり、怪しげな過去の姿を露わにして見せたり、変身を繰り返していくようで面白い。
 さて、その次の章の宮部みゆきで、作者は、又、深川界隈に視線を戻す。物語の舞台の説明だけではなく、ここで懐かしくも、杉浦日向子の『百物語』の中でも忘れられない「数原家の蔵の話」にまた出会う事ができて嬉しい。その屋敷があったとおぼしいあたりに、なんと、池波正太郎描く『鬼平犯科帳』の軍鶏鍋屋のモデルがあるという。これは、やはり、深川は再訪しなくてはならないと思うところだ。
 次の章の荷風では、ラフカディオ・ハーンの翻訳者で怪奇文学の紹介者としてなくてはならない平井逞一をモデルにした『来訪者』について語りながら、永代橋のあたりを作者は彷徨うのだが、深川に縁の深い荷風のこと、何度も視線は隅田川の方へ戻ってくる。
 もちろん、岡本綺堂の章では切支丹坂から始まって、文京区から港区の坂道が、少々怪談めいた後日談と共に語られているし、三遊亭円朝の章では新宿から『乳房榎木』の板橋へと、橋づくしで作者は動き、語ってくれるのだが、その中でもやはり立川に架かる橋が出てきてしまう。
 しかも、巻末には、作者と宮部みゆきの『深川あやし談義』つき。正しく、深川が呼んでいるような構成になっている。
 水の妖気と江戸から現代へと続く、怪しい物語の系譜を辿る旅は、とにかくまず深川から始めるのが肝心のようだ。
 春になったら、この書を片手に、まずは、隅田川の花を求めて旅を始めようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/16 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/22 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。