サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 124件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-47701-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

館島 (創元推理文庫)

著者 東川 篤哉 (著)

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻...

もっと見る

館島 (創元推理文庫)

税込 858 7pt

館島

税込 660 6pt

館島

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.3MB
Android EPUB 7.3MB
Win EPUB 7.3MB
Mac EPUB 7.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ。【「BOOK」データベースの商品解説】

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう! 瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ! 解説=宇田川拓也【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー124件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

小さいことにクヨクヨしてしまう人にも、大きな壁を前にあきらめてしまう人にも贈りたい

2011/11/17 02:05

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ好きの好きな言葉。「館」と「島」。この鉄板ワード二つがあわさったタイトルの作品を紹介します。
 推理小説には「館もの」と呼ばれるジャンルがあります。奇妙な外観や不思議ないわくのある建物で事件が起きる、というのが一つのパターン。綾辻行人先生の作品が代表でしょうか。そして、もう一つ、「孤島もの」と呼ばれるジャンルもあります。多くは絶海の孤島で連続して起こる事件を扱うもの。外部から隔絶されていて、登場人物の出入りがなく、限定された人物の中に犯人がいる、被害者が出るたびに容疑者の数が減っていくというサスペンスがスリリングです。代表作はやはりクリスティの『そして誰もいなくなった』でしょう。
 今回、紹介する作品でも、清く正しく美しい本格ミステリらしく、孤島の奇妙な館で事件が起きます。すべての真相が明らかになった後で、読み手はタイトルの意味に気が付き、うならされるでしょう。
 「館」であり「島」である。同時に「館」でもないし「島」でもない。まさしく「館島」としか言いようのない「館」と「島」の正体には、ビックリするはずです。チェスタトンの逆説にも通じるとんでもないミクロとマクロの逆転。傑作、名作揃いの館もの、孤島ものを向こうに回すような、無効にするような大胆な試み。ありとあらゆる館もの、孤島ものを痛烈に揶揄したパロディともとれる挑発的な作品です。
 仕掛けられている大掛かりなトリックは、島田荘司先生のある作品を思い起こさせます。笑いの印象が強いせいか、なかなか言及されませんが、これは新「××屋敷」だと思うのです。
 ギャグが巧妙に手掛かりや伏線をカムフラージュしているのも、見事。東川先生の真骨頂ともいうべき、笑いと本格ミステリのコラボレーションを堪能していただきたいです。腹を抱えて笑えるシーンにこそ、ご用心。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いかにも本格ミステリ的なトリック

2018/11/06 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クレメル鯰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の行動に起因するある手掛かりにより、トリックが分かりやすくなっているのは否めません。
そして、トリックが分かってしまえば事件の多くが見通せてしまい、面白みが大幅に減じてしまうのが難点。
しかし、犯人特定の手順や細かいところまで気を配っていると思います。
本格ミステリならではの稚気溢れる建築理由が印象的です。

ただ、館のこういったトリックは嫌いではないのですが、超能力のように見えた犯罪がやっぱり超能力だったというような、どことなく本末転倒のように思うのですが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容のわりに

2017/07/15 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

中盤が薄くて 飽きる感じです。作者さん特有のユーモアやいい意味での馬鹿さが少ないので今ひとつ東川作品を読んだ気がしませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/20 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/20 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/21 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/10 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/17 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/15 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/13 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/23 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/23 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。