サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. この世界の片隅に 中 (ACTION COMICS)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この世界の片隅に 中 (ACTION COMICS)(アクションコミックス)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: アクションコミックス
  • サイズ:21cm/138p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-94179-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

この世界の片隅に 中 (ACTION COMICS)

著者 こうの 史代 (著)

【文化庁メディア芸術祭(第13回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この世界の片隅に 中 (ACTION COMICS)

700(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

この世界の片隅に2

540(税込)

この世界の片隅に2

ポイント :5pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「この世界の片隅に 中 (ACTION COMICS)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.5

評価内訳

電子書籍

温かい日常を描いた秀作

2017/02/09 15:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑線 - この投稿者のレビュー一覧を見る

事前に現地の当時の状況などをかなり調べて、ストーリーを作っているようだ。主な登場人物は優しい人が多く、互いを尊重する人間関係の描写には、心を癒される。だが、そのような温かい日常を、戦争が踏みにじる。だからこそ、温かい日常を大切にしなければと感じさせられる。中巻は、20年4月まで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一つ一つのセリフが胸にくる

2016/12/11 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段小説でこの手の本は読むのですが、絵があるとなおさら、そこに書かれるセリフに目がいきますね。中巻は、上巻と違って、すずの想いがしっかり描かれており、そこに関わる人の心も含めて、なにか胸に込み上げてくるものがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

上中下の中巻

2015/09/23 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とし - この投稿者のレビュー一覧を見る

夕凪の街桜の国を読んでから、こうのさんの他の作品も読んでみたくなり、この世界の片隅にを購入しました。淡いタッチで描かれた絵なのですが、戦時中の悲惨な状況が巧く伝わってきます。この続きの下巻ですが戦時下での状況はますます悪化していくため読む覚悟が必要です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

小姑の

2016/12/04 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

紹介が相変わらず秀逸なインサートです。

戦時中の空気がどんどん濃くなって、すずをはじめ周囲の人々にも疲れが見て取れます。
戦争は、一番立場が弱いものに全てのシワ寄せがいくのが常だと改めて思います。

ここでいう立場の弱い弱いものたちは、世界の大半の人々。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/17 18:22

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第五部 雑評 12.11.16
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto05/bunsho/kono.html

2008/07/27 22:50

投稿元:ブクログ

上下巻かと勝手に思っていたら。。中巻が出ました(汗)
3部作になるんですね、この作品(´ー`;)

中巻はすずが嫁いで半年後からあの日の4ヶ月前までを描いています。
少しずつすずの周辺も戦争の色が濃くなり、その中ですずの心の痛みや夫周平の昔の傷のようなものも描かれています。

相変わらず丁寧な筆とほっとする絵柄で、心に染み入るお話です。

こちらで少し立ち読みできます。
http://www.futabasha.co.jp/tachiyomi/978-4-575-94179-1LR/

2008/07/13 18:50

投稿元:ブクログ

待望の中巻出ました。サブタイトルが年月で表されていて、おおよそひと月ずつ進んでいるこの作品。着実に“その日”が近づいていることを意識させられます。戦争の影はさらに色濃くなっていて、社会の授業で感じた「生々しい非現実的な現実」を再びこの漫画の端々から感じます。下巻はどうなってしまうのか・・・

2015/08/23 00:13

投稿元:ブクログ

上巻

http://booklog.jp/users/sawataku/archives/1/4575941468

2008/07/12 06:47

投稿元:ブクログ

戦争は、いつだって弱いものが泣きを見る。
女性の目線で描かれた戦争は、いつも日々の生活と密着していて、
こうの史代は、それを描くのがうまい。もはや、このジャンルは
こうの史代の使命と言っていいかも知れない。

2008/08/16 01:39

投稿元:ブクログ

(ネタバレ注意)

上巻から引き続き、
昭和19年7月から、20年の4月までの、
主人公すずの日常。

こまやかな描写で、戦時中の人々の生活がよくわかる。
軍港である呉への空襲も激しさを増しており、
読み手は、確実に「その日」に向かっているのを
意識せざるを得ない。

すずの実家は、家族は、南方へ出兵した兄は・・・
(兄はすでに戦死の知らせが届いているが
 家族は誰も信じていない)

下巻は
「夕凪の街 桜の国」を超える1冊になるかもしれない。

2009/05/16 00:03

投稿元:ブクログ

過ぎた事 選ばんかった道 みな覚めた夢と変わりやせんな
すずさん あんたを選んだんはわしにとって最良の現実じゃ

(第15回 19年9月)

2009/11/02 12:17

投稿元:ブクログ

フリーハンドで描かれる淡々とした生活の丹念なディテールに惹きつけられる。軍港を見下ろす我が家、呉、広島の街の景色と、そこに暮らす人々。本をめくるその1ページ1ページがそこに描かれている生活とともに愛おしくなる。

2008/07/21 22:23

投稿元:ブクログ

昭和10年代から戦時中の、広島県に暮らす少女の日々の暮らしを描いた作品2冊目。
ここでは昭和18年から20年が描かれている。
少女はすでに成人して、人の妻として生きている。
が、天然さんなので(笑)大変な戦時中の生活の中に、楽しさを見いだしつつ(時々本人が笑いの種になることも(笑))生きているところが、とても好きだ。
当時の風俗…生活習慣や食べ物、当時流行っていたことを、織り込みつつ描いているので、今は失ってしまった自分たちのオオモトを見ることができるのもいい。

こうの史代は『夕凪の町 桜の国』ではじめて知ったんだけど、個人の皮膚感覚を大切にしていた描き方にほれてしまった。
この『この世界の片隅に』も皮膚感覚は生きている。

2009/11/05 03:10

投稿元:ブクログ

「夕凪の街 桜の国」に引き続き、このマンガも戦中の広島が舞台の家族の話です。
相変わらず、ものすごくかわいらしい古風な絵なんで、ほのぼのマンガ?と一瞬思ってしまうのですが、あなどるなかれ。すご~く「大人な」マンガです。
(下)が出るのが楽しみです。

2013/02/05 17:24

投稿元:ブクログ

図書館にて借りずに読んできた。
主人公のとぼけていつつ明るい性格は、こういうマンガの王道な様な気がする。
この作品も主人公のキャラクターもとても好きだけれど。
下巻だけ本棚になかったので今日は読めなかった。
早く読みたい。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む