サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-2373-0

紙の本

幽談 (幽BOOKS)

著者 京極 夏彦 (著)

八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地。怪談専門誌『幽』の連載を単行本化。【「BOOK」データベースの商品解説】7年前、妻と訪れた和風旅館。その庭先にはとても美しい形をした...

もっと見る

幽談 (幽BOOKS)

税込 1,518 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地。怪談専門誌『幽』の連載を単行本化。【「BOOK」データベースの商品解説】

7年前、妻と訪れた和風旅館。その庭先にはとても美しい形をした女の手首が埋まっていた−。「手首を拾う」など全8話の幽談を収録。『幽』連載を加筆訂正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

手首を拾う 5−37
ともだち 39−71
下の人 73−105

著者紹介

京極 夏彦

略歴
〈京極夏彦〉1963年北海道生まれ。小説家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー82件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

う~む、これぞ、職人芸。

2010/01/24 14:12

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶにゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 我が家の一人娘は、京極にハマっている。『姑獲鳥(うぶめ)の夏』に始まる分厚いあのシリーズを次から次へと喰らうように読破して、「父も読め。そして早くオレに追いつけ。」と僕をせっついている。娘の通う高校は通信制なので、何をするにも、時間だけは充分すぎるほどある。「――そんな君と違ってこの父は、毎日毎日、汗水流して工場で働き、帰宅後の晩酌だけを楽しみとしているのだよ。こんな長~い小説を読む時間は、残念ながらまったくないね。」と言い訳じみたことを言ってみるのだが、娘は馬耳東風の構えである。かねがね、どんな人間がこんな分厚い京極作品を読むのだろうと不思議に思っていたが、まさか自分の娘がそうだとは想像すらしなかった。
 
 ある日、工場から帰ると、娘が京極にしては薄い(薄すぎる)単行本を読んでいた。それは何だ、と問うと、京極だと答える。薄いな、と言うと、薄いよね、と同意する。面白いか、と尋くと、サイコー、という返答。これならすぐにでも読めそうだと借りた本が、この『幽談』。シンプルな色彩の表紙の真ん中に、細くて淡いタイトルの筆文字がゆらゆら揺れていて、なかなか期待感を持たせる装幀である。
 そして中身は、
 
 ――サイコー。


 作者は『魍魎(もうりょう)の匣』のなかで(つい最近、この作品を読み終えた)、魍魎とはなんだかわけのわからぬ化物なのだ、と京極堂に慨嘆させているのだが、この、わけのわからぬ魍魎の世界を、夜の帷をおろすようにひっそりと人間界に紛れこませたようなはなしが八つ載っている。
 
 いずれも、 
 こわい。

 ホラー小説のような即物的な恐怖ではないし、怪談話の<ゾッと感>と似てはいるが、少し違う。たぶん、これは、京極の文体からにじみ出るこわさなのである。
 京極の文章は、洗練された噺家の語り口調に似ている。あるいは、こつこつとたゆまず墓石を掘り続ける頑固な石工の芸術に似ている。つまりは、職人芸である。最近は、日本文学にも長編作品が多くなり、それはそれでけっこうなことだとは思うが、独自の文体がなく、細部にもこだわらない<ちからわざ>ばかり見せつけられると、どうも消化不良を起こし、金と時間を無駄に費やしてしまったという後悔がどんよりと湧いてくる。
 その点、京極は、長編にせよ短編にせよ、彼独自の文体を創り上げ、それに成功している。妖怪に関する彼のディレッタンティズムはこの作品には見られない。逆に、うすぼんやりとした妖気が活字の合間あいまに漂い、最後にズバッと読者を殺める。――そんな理不尽な世界に読む者を誘うのだ。
 
 巻頭の作品『手首を拾う』の書き出し。


   「汽船で行くのである。」


 さて、
 どこへ行くのか。
 どこへ連れて行かれるのか。
読者は、期待と、それ以上の不安におびえながら、作者の操る汽船に乗るのである。
 
 乗ってしまうのである。
   

 
     

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生きている」というオソロシイこと

2008/12/12 14:22

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは単なる怪談話でも、京極氏にお馴染みの妖怪モノでも、ましてや思想や哲学じみた話でもない。いや、そのどれもに当てはまるのか。
8つの恐ろしくも興味深い短編からなっており、そのどれもがただ1つの怖さに帰着する。つまり此方と彼方、此岸と彼岸、生と死のどちらに「私」が属しているかという一点だ。
長編の多い京極氏には珍しい短編集、新境地と思われがちだがそれは違う。物語の行き着く先は「わけのわからないもの」への恐怖であり不気味さであり、それは氏の描いてきた「妖怪」つまりは「こわいもの」そのものだ。

7年前ぶりの旅館の庭先で女の手首を再び掘り起こす男。 30余年前少年期を過ごした街で生死のあいまいな時を過ごす男。ベッドの下に突如住み始めた顔だけの「下の人」。

描かれる人々は皆、自分が今生きているという「普通」を肯定できずにいる。正常・常識・日常・・・普通という定義は曖昧で、ソレを定義するものは己ではなく己以外の「外の人」による認識でしかないということが、彼らをときに安堵させ、恐怖させる。

生と死、日常と非日常、正常と異常、常識と非常識とが交錯し、それを定義するものを求めさまよい探し続ける人々がいる。そうして定義出来ないこの曖昧な「生きているということ」そのものがコワイモノであると、気がつくのだ。
とてもコワイ話である。たんに怖いのでも恐ろしいのでもなく言葉で表しがたいコワイモノだ。そしてそんなコワイモノみたさをもつ人間だから、本書に読者は引き込まれるのだろう。なにせ、私も彼らも読者も、みな多分、「生きている」から。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

求めた怖さ

2009/09/18 20:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜雲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰か私を本当に怖がらせてくれ。
そう思い始めてからはや数年。
京極夏彦を好んで読むようになってから、本屋へ行くたびに京極を探した。
ある日ふいに、この本に出会った。
『幽談』
私は、この題名に惹かれた。
一度見つけてしまったら、読みたくて欲しくてたまらなくなる性の私は、この時手ぶらで来ていたので、母に頼んで買ってもらった。
これが、個性的な八つの咄との出会いであった。
京極はどうやら最後の最後まで山場を引っ張る質らしい。
特に最初の咄の『手首を拾う』の終りなんかは、映画の最後の10分のようである。
『ともだち』は、生と死の曖昧さが心地良い。
『こわいもの』の終り方が、私は好きだ。
どの咄も、読んでいるときは最初「ああ、そうなんだなあ」と、ストーリーが自然に流れてゆく。
しかし、読み終えてから思い返してみると、ゾッとする。
欲しかった怖さが、ここにあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白い物語

2008/08/20 13:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:抱朴子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本には白のカバーデザインが良く似合う。白地に「幽談」の筆文字。あっさり感。これが本書を読み解くキーワードである。
「幽談」に収められた短編の多くは、一言でいえば「何もない物語」である。何もないところから物語は始まる。登場人物にはこれといった特徴もなく、最初から最後まで大きな事件も起こらない。極めて日常に近い世界で、日常でない出来事がちょっとだけ起こる。怖いという感覚とは何か。その瞬間を京極氏は、私達の日々の生活から掬い取り、巧みに物語の中へ忍ばせているのである。
可能な限りまで言葉を削った無垢の物語が八つ並んでいる。読者の解釈によって様々な楽しみ方を備えた本書は、京極氏からの挑戦状とも言えるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怪ではなく、幽

2011/07/14 15:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪談専門誌『幽』の連載を単行本化。
八つの幽談が収録されている。

それぞれが、なんとも不思議な物語だ。

庭に埋まっている女の手首。
何のために現れるのかわからない幽霊。
名前のついていない化け物。

どの話にも、物語の行きつく先が定かでない不安定感がある。

怪談ではなく、幽談。

ひどく恐ろしくはないが、なんとなく気持ちの悪い、ぞわりとした感覚が残る。

不確かさからくる不安。
独特の語り口から、あいまいな、気持ちの悪い感覚がゆっくりと身内に広がっていく。

おそらくは、海外のホラー文学にはない感覚だろう。
化け物やモンスターよりも、幽霊が現れる怖さと言ったらいいだろうか。
はっきりと何かが襲ってくるのではなく、何か分らないものの恐怖が、そこここに感じられる。

京極氏の精緻な言葉によって紡がれる、日本独自の物語は、夏の夜にゆっくり楽しみたい。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京極先生インタビュー

2008/07/18 23:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書にまつわる京極夏彦先生インタビュー記事をお楽しみ下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/17 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/31 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/02 03:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/29 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/11 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/05 03:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/07 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。