サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ヴィレッジブックスの通販
  4. テメレア戦記 1 気高き王家の翼の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: ヴィレッジブックス
  • サイズ:20cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86332-596-8

紙の本

テメレア戦記 1 気高き王家の翼

著者 ナオミ・ノヴィク (著),那波 かおり (訳)

テメレア—それは誉れ高きドラゴン。漆黒の翼はためかせ、この世に舞い降りた。清廉なる海軍将校ローレンスと深き絆を結びしその竜は、高貴なる血がため、苛烈な戦いへと赴く宿命にあ...

もっと見る

テメレア戦記 1 気高き王家の翼

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テメレア—それは誉れ高きドラゴン。漆黒の翼はためかせ、この世に舞い降りた。清廉なる海軍将校ローレンスと深き絆を結びしその竜は、高貴なる血がため、苛烈な戦いへと赴く宿命にあった…全世界で話題沸騰、壮大なる歴史ファンタジー、ここに開幕!ローカス賞、ジョン・キャンベル新人賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ローカス賞】【ジョン・W・キャンベル新人賞】テメレア、それは誉れ高きドラゴン。漆黒の翼をはためかせ、この世に舞い降りた。清廉なる海軍将校ローレンスと深き絆を結びしその竜は、高貴なる血がため、苛烈な戦いへと赴く宿命にあった…。壮大なる歴史ファンタジー。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

史実に基づいたリアルな舞台がドラゴンの存在を活かしている

2008/07/29 22:45

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウィリアム・ローレンスが艦長を務める英国海軍のリライアント号は、大西洋を航行中のフランス海軍フリゲート艦と遭遇した。

フランス軍兵士は果敢に応戦したものの拿捕され、ウィリアムはその積荷の中に予想もしなかったものを発見する。

細心の注意を払ってフランス艦の船倉に保管されていたのは孵化の間近に迫ったドラゴンの卵だ。

戦場において大きな活躍をするドラゴンは卵から孵るときに”竜の担い手”を選ぶという特性を有しており、いち早くドラゴンを管轄する空軍に引き渡さなければならないところなのだが、最寄の寄港地までは3週間の航行を要し、船上での孵化は免れ得ない。

意を決したウィリアムは”竜の担い手”として空軍に転向する者を、自分を含む乗組員全員によるくじ引きで決めようとするのだが・・・

ナポレオン戦争時代を扱っており、ネルソン提督の名前や「ナイルの戦い」など史実と一致する部分も多いが、古代ローマ時代から人間とドラゴンが関わってきたという重要な違いがある。

順調に昇進し、小型ながらも一隻のフリゲート艦を任せられる立場となった主人公のウィリアムは、孵ったばかりのドラゴンの仔に選ばれて”竜の担い手”となるが、生粋の海軍軍人である彼が空軍への編入に強い抵抗を感じている様子などは実にリアル。

ドラゴンの存在が大きいためファンタジーにカテゴライズされるものだとは思うが、雰囲気としては戦争冒険小説に近いだろう。

特に、空軍に在籍することとなった後、ウィリアムが軍種間のカルチャー・ギャップに悩むところなどを読むと、著者がかなりの取材を重ねたように思われる。

また、ドラゴンの扱い方も面白く、為政者などからみれば生物兵器に相当するのかも知れないが、”竜の担い手”にとっては同僚、若しくはそれ以上の存在として描かれており、彼らの任務の危険性故に、常にある種の哀しさが漂う。

そのような中でも、特に健気で献身的なテメレアは好きにならずにはいられないキャラクターで知識欲も旺盛だ。

フランス艦の船倉に居る間にフランス語を独習しており、”竜の担い手”とともに亡命してきたフランス生まれのドラコンとも流暢に会話をこなして驚かせてくれる。

後半になって判明することだが、テメレアは希少なドラゴンの中でも、特に珍重される「セレスチャル種」であり、東洋では皇帝のみに所有の許されたもの。

ナポレオンへの贈り物であったテメレアが英国の手に渡ったことは、中国にとっても懸念となったようで、次巻の舞台は中国になるらしく、どのような展開になるのか愉しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/29 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/30 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/14 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/01 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/02 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/17 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/14 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/02 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/01 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/28 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。