サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空の中(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 1,015件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/537p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-389801-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空の中 (角川文庫)

著者 有川 浩 (著)

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方...

もっと見る

空の中 (角川文庫)

761(税込)

空の中

756(税込)

空の中

ポイント :7pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは—すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,015件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

色々なものをぎゅっと詰め込んだ、贅沢な作品

2011/08/27 08:19

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

謎の航空機事故が続いて起こり、メーカーの担当空の中
者と自衛隊パイロットは調査のために事故空域に飛んだ。
そこで、彼らはあるものと出会う。

一方、パイロットの父を事故で失った少年は、海辺で未知の生物と出会う。
胸躍らせる出会いは、やがて皮肉な運命を連れてくる。

自衛隊三部作・空自編。

SFとかロマンスとか少年の成長物語とか、人間の弱さや強さなど、色々なものをぎゅっと詰め込んだ、贅沢な作品。

主人公カップルは空自・F15Jパイロットの光稀と事故調査員として派遣された高巳。そして高校生、瞬と佳江。

二本柱の仕立ては、大人もライトノベルを楽しめるようにという工夫だろうか。
ええ、存分に楽しめましたとも。

瞬の良き友人であり、保護者も兼ねているような感じの宮じいという人物がいるのだけど、この宮じいと佳江の土佐弁の暖かな響きが、瞬と未知の生物、『フェイク』との交流を語るのに、とてもいい効果を上げている。
彼らの関わり方は本当に感動もので、胸にぐっと来た。

そして、突如と現れた未確認生物に対する光稀と高巳の真摯な対応にも、胸を打たれる。

著者の作品はキャラクターたちがみな一所懸命で、とても好感が持てるのだ。

また、『知能が高いけれど知識のない』生物に対して、コミュニケーションに苦慮する様はなかなかに読ませる。

他者とのコミュニケーションの難しさは、未知の生物とに限ったものではないのだけれど。

文庫バージョンでは「仁淀の神様」も追加収録されている。
本編が気に入った人には感涙もののおまけだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初期の有川作品らしさが詰まっています

2015/05/04 00:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在の有川作品といえば心温まる人情系の作品が多いですが、初期の作品はSF色が強く、エンターテイメント性の高いものでした。

特に「空の中」を含めた「自衛隊三部作」と呼ばれる作品群は初期の特徴を色濃く残していて、個人的には大好きな作品群です。

UMAと人間の交流を描いた作品でありながら泣けるSFとして強く読むことをおすすめします。文庫版には追加エピローグも収録されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何しろ面白いのだ。当初は、謎の知的生命体【白鯨】=【ディック】と人類とのお話かと思ったのだが、筋書きはしっかりと練られていてそればかりでなく人間側の様々な物語がしっかりと展開されているのである。

2016/11/21 11:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何しろ面白いのだ。当初は、謎の知的生命体【白鯨】=【ディック】と人類とのお話かと思ったのだが、筋書きはしっかりと練られていてそればかりでなく人間側の様々な物語がしっかりと展開されているのである。幼馴染で高校生になる斉木瞬-天野佳江とそれに大人の知性で関係する“宮じい”、ひ弱そうな春名高己(タカミ)-男勝りの美貌のF15パイロット武田光稀(ミキ)、【白鯨】を憎む白川真帆らの人間関係が、【白鯨】を軸に展開されていくのである。電磁波を操ることで人類に対して圧倒的優位にある【白鯨】による人類への一方的攻撃という危機的局面もあり緊張させられるが、あくまでも本作の主題ではないようでありあっさりと描かれてお終い。本作の主題は、あくまでも謎の知的生命体【白鯨】の存在に示されるように、生命体は本来は一つのものであるという点にあり、人間側においては人類愛の諸相のあり方なのであろう。【白鯨】を一つの知的生命体というかむしろ人類的感覚から言えば一つの国家として認めて平和共存のための契約関係を樹立するという結末も極めて論理的で良い。人間側の結末も私好みのハッピーエンドであるのも嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未知の生物

2016/04/21 23:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

瞬くんが未知の生物を見つける事から話が始まる。どちらかというと高巳と光稀のお話が好きでした。光稀の気が強いけど照れ屋なところが可愛くて好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい読み応え

2016/03/26 09:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー展開は2方向。謎の空港機事故に端を発して、謎の生命体にファーストコンタクトしたメーカーの担当者春名高巳と事故にあった機と一緒に演習参加していた自衛隊パイロット武田光稀のコンビと、事故死した自衛隊パイロットの息子であり、事故当日に謎の生き物を見つけた斎木舜とその幼馴染の天野佳江。その大人と子供のカップルが謎の生命体マターで交錯していく。
その主要4人の個性もさることながら、その他の登場人物も実に生き生きとして魅力にあふれていたり、素敵に狡猾だったり。未知の生命体を巡るSF的研究的要素もあれば、政治的な駆け引きもあり、多感で傷ついた少年・少女の成長物語でもあり、大人なのに微妙にもどかしい進展しかしない恋愛物語でもあり、と、様々な要素が満載の贅沢でエンタメ性の高い小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊三部作その2

2015/08/30 16:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊三部作の二作目。三作の中では、個人的にこの作品が一番好きで、読後感も一番いいかな、と思ってます。最初、だまされたー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有川版「ソラリス」

2011/12/15 19:56

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

 メディアワークスより2004年に刊行。その後、掌編「仁淀の神様」を加え2008年に角川文庫版が刊行。

 近未来、原因不明の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者春名高巳と自衛隊パイロット武田光稀が、事故現場を調査したところ、高度二万メートルで謎の「物体」を発見する。一方、高知県の海岸では高校生の瞬と佳江が不思議な生物を拾う。当初全く無関係に見えた二つの物語が次第に交錯するのと平行し、日本および世界に想像を絶する大きな危難が降りかかってくる・・・。
 処女作『塩の街』は、半ば廃墟と化しつつある近未来が舞台だったが、SF的趣向よりも荒廃した世界の中を生き抜こうとする人間群像の方に重点が置かれていた(Cormac McCarthy “The Road”をもうちょっとソフトにしたような感触)。一方、この『塩の街』は謎の物体に接触するのは「第三種接近遭遇」(Close encounters of the third kind)を、高度な知性を有する謎の物体【白鯨】の正体はスタニスワフ・レム『ソラリスの陽のもとに』を連想させ、後半の高巳と【白鯨】との遣り取りは極めて知的かつスリリングで、本書で最も読み応えがある部分だ。この「センス・オブ・ワンダー」を核に、瞬と生物および瞬と佳江との交流が描かれ、ビルドゥングス・ロマン的味わいも深い。
 スケールの大きさ、多彩な人物・物語を捌く筆力、台詞の巧さ等々、デビュー作よりぐっと完成度が高くなり、その筆力はとても第二作目とは思えない。なるほど、担当編集者がハードカヴァーで出すことを強力に主張したわけだ。
勿論、有川ファン期待のラブコメ的要素も入っている。本書P498の台詞「時期で競うなら私だってもっと前からだ!」なんて最高ですな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宮じいが全部持ってく

2016/03/22 23:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

フェイクがかわいいし、高見も弱さを見せれたり、頭が良くて頼りになるしで、なかなか登場人物に好感が持てる作品なんだけど、最後に全て宮じいに持ってかれます。後日談は寂しかった…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近未来ゆえにSF

2016/02/22 02:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

相次ぐ航空機事故。調査のため高空へ飛ぶパイロット。一方、子供たちが海辺で奇妙な生物を発見…近未来を描いているから、当然、SFと受け取っていいのだが、一方、川漁師の宮じいが叔父のある役回りで登場したりして、彩を添える。SFと評したが、ライトノベルとの中間か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦手じゃないんだけど

2016/03/03 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFとか苦手じゃないんだけど。。。
集団、民主主義、多重人格などなど、なるほど国とかのなりたちといっしょなんだな~なんてディックと共に改めて勉強できたけど。
ちょっと、読むのに時間がかかった^^;
途中からフェイクがとっても悲しかったけど、瞬の想いが間に合ってよかった。
人とのかかわりあい、それもいい人とのかかわりあいを、私も大事にしていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

設定が面白い

2015/08/23 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:paguapgu - この投稿者のレビュー一覧を見る

空に浮かぶ謎の物体の設定がとても面白いと思ったが、その物体と対策本部のやり取りが結構長く、堅苦しい日本語を使う物体の会話文を読むのが苦痛だった。全体的な話の内容は面白かったので、そこだけ残念。登場人物の宮じいが格好良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/26 16:48

投稿元:ブクログ

http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-29f8.html

2009/07/01 14:39

投稿元:ブクログ

およそ1年ぶりくらいに有川作品手に取りました。
自衛隊と高知の少年少女と謎の生き物のSFチック作品。
あいかわらずなんと読みやすいことだろうと思います。飛行機のこととか難しい単語も出てくるんだけど、内容が頭に入ってきやすい。
娯楽作品として単純に楽しめる作品だと思います。

2011/05/02 19:43

投稿元:ブクログ

面白かった。とんでもない設定でどうなることかと思ったけど、最後は素直に感動できた。

高校生カップルと宮じいが良かった。とくに宮じいの一言一言がとてもよくて、読みながら泣けてきた。

社会人の二人はキャラ的に私は苦手だなぁ。

2009/01/13 01:26

投稿元:ブクログ

そんなんあり?(笑)
と思うような展開でも、最後には泣ける。
早く大人になろうとした子供の思い上がり。
間違ったことをしたら「ごめんなさい」というしかないのだという事を
改めて実感させられる。

新井素子のあとがきもよい。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る