サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 大人が知らないネットいじめの真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大人が知らないネットいじめの真実
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: ミネルヴァ書房
  • サイズ:19cm/223,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-623-05226-4
  • 国内送料無料

紙の本

大人が知らないネットいじめの真実

著者 渡辺 真由子 (著)

どの子でも、いじめられるんじゃない? 24時間逃れられないこどもの残酷な日常に、大人はどう向き合えばいいのか? 中高生への取材から新たな打開策を、気鋭のジャーナリストが伝...

もっと見る

大人が知らないネットいじめの真実

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どの子でも、いじめられるんじゃない? 24時間逃れられないこどもの残酷な日常に、大人はどう向き合えばいいのか? 中高生への取材から新たな打開策を、気鋭のジャーナリストが伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 真由子

略歴
〈渡辺真由子〉テレビ局報道記者を経て、メディアジャーナリスト。慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所非常勤講師。著書に「オトナのメディア・リテラシー」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/08/09 00:27

投稿元:ブクログ

採用試験面接に向けて読んでみたのだが、我が子の将来に置き換えて考え、非常に落ち込んだ。書かれてから2年でネット状況は大きく変わっている。恐ろしい。

2009/01/12 16:05

投稿元:ブクログ


この10年で変化した「いじめ」の形態。
私自身も経験したことがあることもあった。

インターネットは便利だ。しかし危険でもある。不便、ではなく危険なのだ。
その危険性を知らずにのめりこむ子どもやその子どもを利用する社会。大人。


大人より優位にたったつもりでも、それは社会に搾取されているだけ、というような文章に釘付けになった。
そうだったんだ。

2010/06/23 04:58

投稿元:ブクログ

2年前に発行された本なので、比較的新しいネットがらみの事件にも触れている。読んで特に新しい発見があったわけではないが、作者が主張する以下の点は、社会でも見過ごされがちなので大きく評価

― ネットはあくまでいじめの媒体に過ぎず、ネットいじめをなくすには「ネット」でなく「いじめ」のほうに対処する必要がある
― いじめられる側が変わろうが強くなろうが、いじめる側がどうにかならない限り問題は解決しない=いじめる側の子供の救済、いじめの風潮を作る大人世界やメディアの改善の必要性

まあ、文中、子供にはケータイを持たせないといけない、という前提があること、誰もがネットいじめに巻き込まれるような印象を与えること、が、自分自身ケータイなしでやってる田舎に住んでる小学生の母親としては疑問があるのだけど(ケータイないと生活成り立たない!というのは、今の時点では真実でないと思ってる)、ケータイ持たないと仲間はずれ、ケータイ持たせるとメールやプロフを介したpeer pressureやいじめ…と、子供を守るには何が最良の策なのか、頭を悩ませる。まあ、今、そういう世界で翻弄されてる子たちが4,5歳だったころは親たちはまさかこんな形のいじめが我が子を苦しめることになるだろうなんて想像してなかったわけで、自分の子が高校生くらいになることには、まったく違ったタイプのメディアと、それを利用したいじめが登場しているんだろう。となると、ケータイ持たせるか持たせないかを今から悩むより、最初に上げた2つの点に、親が中心に積極的に対処するのが得策なのかもしれない。

2010/11/24 18:46

投稿元:ブクログ

ネットいじめ・・・読んでて辛い気持ちになった。
今の時代に中高生じゃなくてよかったと思うと同時に、今中高生の子たちの生きづらさを感じた。
こういうことが今は普通にあるんだということを教師は知っておく必要があると思う。

2014/10/13 19:23

投稿元:ブクログ

2008年当時の主流は携帯。カナダのネットリテラシー、ノルウェーのいじめ防止プログラムなど、この分野の先進事例も紹介。様々な日本の子どもたちのケースをはさみながらネットいじめの実態を説いている。

2015/09/11 20:02

投稿元:ブクログ

いじめ被害者にばっかり求める打開策に偏ってることを指摘。
そう。本当は加害者対策をちゃんとやる事こそ、唯一の解決策じゃないかしらんと思う。
最後の、それぞれの立場の人に直接語りかける章、ちょっと泣きそうになる。きれいごとじゃない、本音で語りかけてるのが…いい。

2017/01/16 18:48

投稿元:ブクログ

この本で書かれていることは、確かに大切なことだと思うが、あまりにも筆者の主観的な憶測で物を言いすぎていると思う。
加害者に対してのケアや、どうしていじめを行うのか、といった視点は大切だ。力づくでいじめをやめさせることはできるかもしれないが、原因を取り除いていくこと、克服していくことが真に教育的な行為と言えるだろう。
暴力的、差別的、いじり系のお笑いや性を売りにしたグラビア雑誌に関しても、同じのように不快感がある。
しかし、これらのメディアがどれほどの影響があるのかを示すデータがない以上、性犯罪とグラビア雑誌、いじめとお笑いの因果関係を言い切ることはできないと思う。
暴力的傾向のある人間が暴力的なものを好んでいる、あるいはポルノ雑誌によって性的衝動を抑えるといった論調もあるのだから。

普通の子供達の置かれた環境や、統計的データが必要なのだと思う。ろくな参文献もあげず、筆者の体験談や意見ばかりが先立っているという印象が拭えない。

2015/11/01 19:10

投稿元:ブクログ

●中高生の合唱祭練習風景で起こったいじめ
youtubeでピアノの動画を探していて意図せずいじめの動画にあたってしまったことがあります。

その動画では合唱祭等催し物の集合練習で中高生と思われる男子生徒がピアノを弾いていました。演奏している男子生徒に向かってやじを飛ばしたり頭を小突いたりする等のいじめが行われていました。

いじめている方はいじめている意識はなく、ただからかっているだけ、と言う説明をするかもわかりませんが、そういった状況で似たような経験をした私にはよくわかります。あれは間違いなくいじめです。

●いじめにインターネットが用いられると、どの部分でより問題となるのか
情報セキュリティのポストでも話題にしましたが、いじめの手段にインターネットを用いることで、行為が直接的でなくななるため、いじめる側の罪悪感が薄れることで、いじめが助長されることは問題です。

また、インターネットの特徴である、匿名性や効率性、高速な情報拡散。場所、時間を選ばない。そういったものがマイナス要素となっていじめの強力なツールとなります。

●メディアの責任(P156~)
周囲の一部では有名な話ですが、私は極端なテレビ嫌悪者です。本にその理由が大変よくまとまっていました。

エンターテインメント、お笑いについては2つのタイプがあり、1つは「優越型」もう一つは「救済型」です。

日本のテレビ番組において私はほとんどが「優越型」であろうと捉えています。

そして、その「優越型」の表現レベルがどんどん下がってきているとも想像しています。

理由は大衆のテレビ離れによる広告収入減により番組制作会社が出演者に対して低賃金しか支払うことが出来ない。低賃金しか支払われないということは高いお笑いスキルをもった役者に出演依頼できない。

そのスパイラルでますます優越型低品質の番組が量産されるのだろうと見ています。

放送作家の田中イデア氏著「お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術」という本を読みましたが、本来、”笑い”は高度な技術が要求されるもの。そのために真のエンターティナーは大変な勉強を重ねているものなのです。

●ネットいじめの相談は親に出来ない
ケータイを親に取り上げられることを避けたいがために相談できないケースも少なくないようです。

であるならば、「親は子どもとケータイやネットに関係するトラブルでどんなことがあってもケータイは取り上げないから心配なことがあったら私に相談しなさい。」と取り決めておくことが良いのでしょうか。

子どもの立場だったら、そんな取り決めくらいでは、安心して親に相談しようなどとはならないでしょう。

もし、親が子どもの何倍もIT事情に詳しかったらどうでしょうか。子どもはITの事ならうちの親を頼れると考えて相談してくれるでしょうか。

●まとめ インターネット匿名性といじめ撲滅
インターネットの大きな特徴に匿名性がありますが、この先未来永劫インターネットは匿名のものなのでしょうか。情報セキュリティの勉強���も関係しますが、将来も間違いなく匿名性が継続されるとは言えない部分はあるのではないかと思います。

ただし、仮にインターネットの匿名性がなくなったところで、いじめそのものはなくならないでしょう。

インターネットがない時代にもいじめは問題でした。

その原因に明確な根拠を示すことは出来ませんが、個人的には行き過ぎたニ分法思考教育にあるのではないかと思います。グレーの部分を許さない教育です。

自動車のハンドルには必ず遊びという部分があります。遊びがないとちょっとハンドルを切っただけで大きく車が曲がってしまいます。

インターネットでいうところのバッファーです。動画サイトで細い携帯回線でも映像・音声が途切れないで視聴可能なのは、前もって先読みしてデータを格納しておく部分=バッファーがあるからです。

バッファーも遊びと同じ意味。グレーの部分と言えるでしょう。

その部分がないのです。なので、いじめる側は人生の運転中に大きく車を曲げてしまうし、自分と相手の人間関係ドラマを鑑賞中に映像・音声を突然ブッツリと切ることに容赦ないのです。

物事白黒ではっきり理解割り切れば気持ち良いですし、楽かもしれません。ところが世の中そうなってはいないのです。

その部分を認めないと様々なところで歪が生じますが、その一つがいじめではなかろうかと私は考えています。

どうして子どもたちが二分法的思考に陥ってしまうのかを考えるとそのように家庭、学校、社会、世の中、メディア、インターネットが影響を与えているからでしょう。

童話浦島太郎は亀をいじめている子どもたちから亀を救いました。童話の時代からいじめという行為は存在するのです。

過去に反省していじめを少なくする時代になってきているのであればまだしもネットを用いることでいじめにブーストがかかっているとは皮肉なものです。

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む