サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05696-4
文庫

紙の本

ボルヘスと不死のオランウータン (扶桑社ミステリー)

著者 ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモ (著),栗原 百代 (訳)

ブラジル人の「私」は、アルゼンチンで開催されるE・A・ポーの研究総会へ参加できることになった。しかも、長年の夢だったボルヘスとの対面も果たした。だが、総会は不穏な空気に覆...

もっと見る

ボルヘスと不死のオランウータン (扶桑社ミステリー)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブラジル人の「私」は、アルゼンチンで開催されるE・A・ポーの研究総会へ参加できることになった。しかも、長年の夢だったボルヘスとの対面も果たした。だが、総会は不穏な空気に覆われ、ついに事件が起こる。論争の種をまいていたドイツ人が殺されたのだ。現場の部屋は施錠され、死体は文字をかたどっていた…密室とダイイング・メッセージの謎にボルヘスが挑む。カバラからクトゥルー神話までを縦横に論じ、史上最強の安楽椅子探偵の推理はどこへ行く?南米発、衒学的文芸ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最強衒学探偵ホルヘ

2008/11/01 19:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

1986年に世を去ったアルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘス、既に神話的とさえ言える人物であって、なお現代人にとっての憧れの的、底知れない知性と博覧強記ぶりによる作品群が読み解かれるのを待っている。そんな彼の人間像に近づきたいという願望があるなら、ミステリ小説の探偵役として登場すると聞けば、狂喜してかぶりつくよりないだろう。
発端はエドガー・アラン・ポーの研究会であるイズラフェル協会の1985年総会が、初めて南半球のブエノスアイレスで開催されるところ。その開会パーティーの夜に、過激な論者の一人として知られる一人の参加者がホテルで殺害される。密室殺人。その発見者となった、かつてボルヘスの作品のポルトガル語訳もしたことのあるブラジルからの参加者が、総会の超大物ゲストである、既に視力を失っているボルヘスの書斎で、事件の様相を伝えるワトスン役を務める語り手となる。あの憧れのボルヘスの、それだけでこのブラジル人は甚だしく舞い上がり、ボルヘスの一言一句で喜びに震える。読者がまったく共感する部分だ。そしてチェスタトン愛好家でもあったボルヘスにとっても、探偵役を演じるのは願ってもないことだったろう。そして果たして彼が、いかにしてデュパンのようにモルグ街のオランウータンの正体を暴くのか興味は尽きない。
容疑者は、メキシコ在住だった被害者の罵倒を受け、憎んで余りある論敵、HPラヴクラフトの作品中にしばしば言及される、狂えるアラブ人アルハザードによる「ネクロノミコン」とポーの関係を論じるアメリカ人、ヨーロッパのアメリカ大陸侵略との関係を主張するアルゼンチン人、そしてパーティーの席上で酔った被害者に殴り倒されていた日本人など。それらの論点に秘められた、それぞれの心理的思想的背景と動機の関係、死者のダイイングメッセージの解釈などが、推理の過程にふんだんに論じられ、空想され、神秘と論理がボルヘスの口から溢れ出す、この愉楽を僕らは(そして語り手は)堪能することができる。
果たしてボルヘスの推理は、複雑に入り組んだ衒学の森から一本の糸を手繰り出して見せる。ミステリ作品としての評価は分からないが、言葉で示された裏に隠れている世界を読み取る能力は、ボルへスならではのものではないだろうか。
もちょっと欲を言えば、ボルヘス周辺の人物がもっといろいろ出てもいいんじゃないのかとか(マリア・コダマとか)無いではないが、ポーとラヴクラフトとボルヘスとが競演する愉しさ、「らしさ」が溢れていて、そしてボルヘス自身も楽しんでいるのだろうなあと想像するだけでもまた嬉しくなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/30 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。