サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 近代の再構築 日本政治イデオロギーにおける自然の概念

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代の再構築 日本政治イデオロギーにおける自然の概念
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-00894-8
  • 国内送料無料

紙の本

近代の再構築 日本政治イデオロギーにおける自然の概念 (叢書・ウニベルシタス)

著者 ジュリア・アデニー・トーマス (著),杉田 米行 (訳)

【ジョン・キング・フェアバンク賞】日本政治イデオロギーにおける「自然」という概念は、従来考えられていたほど単純なものではなかった−。「自然」をキーワードに幕末以後の日本思...

もっと見る

近代の再構築 日本政治イデオロギーにおける自然の概念 (叢書・ウニベルシタス)

4,104(税込)

ポイント :38pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ジョン・キング・フェアバンク賞】日本政治イデオロギーにおける「自然」という概念は、従来考えられていたほど単純なものではなかった−。「自然」をキーワードに幕末以後の日本思想を分析し、なぜ戦前に自由民主主義が達成されなかったかを問う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュリア・アデニー・トーマス

略歴
〈ジュリア・アデニー・トーマス〉ヴァージニア出身。シカゴ大学歴史学部で博士号取得。ノートルダム大学歴史学部准教授。「近代の再構築」でジョン・キング・フェアバンク賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/12/12 09:35

投稿元:ブクログ

近代日本の政治社会、とくに政治思想における「自然」概念の変遷について考察した一書。

内容は難しいのだけど、なによりも驚いたのは、この本に引用されている明治期の日本の政治思想についての海外の研究の多さ。こんなにたくさんあったのか、というくらいたくさんある。あまりにも知らなかった…。

と同時に、僕は日本の本をいくつか読んできたけど、ちっともそういう海外の研究には出会わなかった。ということは、既存の歴史学研究はたぶん全然交流できていないんだろう。なんとかこの方面にも意を向けられないか…10年スパンくらいで、考えていきたいなとぼんやり考える。

2013/08/16 17:33

投稿元:ブクログ

恐らく新刊で本書が書店に並んだ時点で確認はしていた本だと思う。しかし,あまりにもその一般的なタイトルに手に取るところまでいかなかったのだろう。背表紙には不幸なことに本書の副題は印刷されていない。副題がなければ日本の話だとは思わないし,ましてや自然概念を扱ったものだとは思わない。
私は今は自然そのものには学問的関心を抱かないが,人間社会がいかに自然に対峙してきたか,特にその言語的意味合いに関心を持っている。それは,かつて地理学が人間と自然の関係を考察する学問だったからだが,それが近年形を変えて興味深い展開を遂げているからである。吉祥寺の古書店でなんとなく本書を手に取って,これは今の私にとって読むべき本になった。たまたま,一週間の内に新幹線で大阪に,飛行機で那覇に出張で行く機会があったので,ちょうど本書を携帯し,その車内と機内で読み終えた。まずは目次から。

第1章 序論ー自然にともなう問題
第2章 徳川時代の地勢的想像力
第3章 明治初期に異論の多かった自然
第4章 加藤弘之ー自然を時間に変える
第5章 馬場辰猪ー自然法と意志を持った自然
第6章 植木枝盛―ぼくは充電されたからだを歌う
第7章 日本の自然の文化変容
第8章 超国家的自然ー死んだ時空
第9章 結論ー自然な自由

正直いって,日本の近代思想,特に政治思想には関心がなく,本書に登場する4人の名前も一人も知らなかった。しかし,自然への関心ということでもないと日本の近代史を学ぶことは少ないので,ありがたい機会である。しかも,著者が日本人でないということも私にとってはありがたい。学問においてあまりにも身近に研究者が多い分野だと自明にされる事柄が多すぎて,門外漢が読むのに不親切になりがちだからである。確かに,本書は比較的読みやすいものだった。しかし,本書を読んで,英語圏における日本の近代政治研究の多さに驚かされる。本書の著者が日本に興味を持つ変った研究者なのではなく,日本研究の蓄積の上で,自然という新しい視点からその近代政治史を再解釈しようというのだ。さらに,この訳者が素晴らしい仕事をしている。まあ,原著で引用されている文献の日本語訳があるかどうか調べるのは当然であるが,その英語圏における日本研究の重要(そう)な研究のいくつかが翻訳されていることも驚き。訳者の話に戻すと,本書はそもそも日本の近代政治史について英語圏の読者を想定して書かれているものである。著者は日本語も読めて(明治期の日本語を読む能力は明らかに私よりも優れている),日本語の文献(当時の史料と現代の研究)も当たり前のように引用しているが,英語訳があるものは積極的にそれらを利用している。それが読者への配慮であるし,同時に著者が扱っているのが,日本が明治期にいろんな概念や学問を輸入して日本語に翻訳したり日本的な解釈で受容したりということも含んでいる。言語についての本ではないが,言語そして翻訳という問題については非常にデリケートな研究書である。
であるから,当然訳者の仕事は非常に難しかったはずだ。もちろん,訳者は「訳者あとがき」でそのことを述べている。ともかく,本書の中で引用されている日本語文献については全て原著に当たり,引用箇所をつきとめたという。本当に気が遠くなる作業だ。しかし,私のような研究者としての読者の場合はそれが逆に気になる場合もある。実際のところ,著者は「自然」とテーマにしてはいるが,それはあくまでも多義的な「nature」であって,その翻訳語としての「自然」ではない。その辺のニュアンスが,精確な日本語に置き換えることで逆に見えづらくなってくる箇所もいくつかあった。でも,訳者の努力を想うならば,そういう時は読者の方が原著と突き合わせるべきなのだろう。
さて,内容の方に移ろう。いやいや,訳者の努力の甲斐あって,非常に刺激的な読書だった。本書をきちんと理解するならば丸山眞男を読まなければならないと思うが,私はまったく読んだことがない。にもかかわらず,自然というテーマを全面に押し出してくれているおかげで,もちろん理解しづらい箇所はいくつもありながら,読み進むことができた。『日本風景論』の志賀重昂が登場するのも私にとって理解を促した要素だが,やはり日本の当時の知識人の多くが自然科学にも関心を持っていて,その理解と新しい日本という国をこの先どうするかという政治思想とは深く結びついていた。そしてまた,著作を残すような知識人たちが積極的に政治に関与していたということも現代とは違って興味深い。
私も自然をテーマにして論文を書いたが,日本の話ではあったが,近代期とも政治とも無関係な議論であった。でも,私的には本書とも相通じる議論ができたのではないかとちょっと自負したりして。まあ,ともかく本書につながるような研究をいつか私自身もできればなと思った次第。

日本思想 ランキング

日本思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む