サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. AURA 魔竜院光牙最後の闘い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

AURA 魔竜院光牙最後の闘い(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/356p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451080-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

AURA 魔竜院光牙最後の闘い (ガガガ文庫)

著者 田中 ロミオ (著)

その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい—。そこには、...

もっと見る

AURA 魔竜院光牙最後の闘い (ガガガ文庫)

679(税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト簡略版)

378 (税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より301おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)

670 (税込)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい—。そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。…いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。俺は高校デビューに成功したんだ!そのはずだったのに、この妄想女はッ!「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。田中ロミオ、学園ラブコメに挑む。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店盛岡店

この作品は、主人公の...

ジュンク堂書店盛岡店さん

この作品は、主人公の魔竜院光牙が、表紙の美少女とともに、剣や魔法で闘う、そんな話・・・・・・ではありません。
360度ひねった、ごく真っ当な青春小説です。
タイトルの意味は、読めばわかります!(コミック担当)

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

世界で一番キモちいい小説

2009/01/28 00:47

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青木レフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。単巻完結。ラブコメ。
ラノベを愛する人全てに必読の書。ラノベへの愛情に比例して面白さが増すアリ地獄のような不思議システム採用。ラスト盛り上がりは「正義を行えば人類の半分を敵にまわす」を思い出した。同作者同レーベルの「人類は衰退しました」シリーズより熱め。
実は黒幕が~だったとか、奇跡は本当に~とか、単純なストーリーにしない所がミソ。というか真骨頂。
萌えポイントは佐藤一郎序盤の信じっぷりだろうか。
巻等カラーイラストはブギーポップ先輩の「パンドラ」以来の高センスかと。(イラスト mebae デザイン 伸童社)
難点は
・売れるようなキャッチーなタイトルでない事
・ドイトってローカルなDIY店ではなかろうか
の2点か。

(投射by烏龍と鳥籠)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

田中ロミオ版『魔女ジェニファとわたし』?

2008/09/02 00:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TACHO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 …と、タイトル通りにまとめてしまうと少々大人しすぎるのですが、『青い魔女』との邂逅で始まる本編は夢と現実の関係性、その関わりの中で生まれる絆を描くと言う基本プロットは共通。しかし…何度読むのを中断して笑い転げ、また悶絶したことか(^^;;!
 作中の『妄想戦士』達ほど極端な挙に及んだ人間は多くはないだろう(そう思いたい)が、思春期に捕われた妄想や幼稚な勘違いなどは誰にも覚えはあるはず。『読む竹本泉』という高評価を既に得ていた作者の、毒の部分が今回は色濃い。
 教室、学園内の権力地図や人間関係の力学が生々しい割に読後感が陰惨でないのは、あの長谷川裕一的とも言える祝祭的なラストと、カニグズバーグ作品同様、人との関わりの中で人は自らを発見すると言う健全なメッセージゆえだろう。
 ある意味『ハルヒ』を超えてしまった作品とも言えるが、この二作品のヒロインを比較してみるのも興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クラス内政治と妄想の人々

2008/07/26 09:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

イタタタタ~な感じの、妄想電波学園コメディ
誰しも皆「自分の物語」を抱えて生きてるんですね~
妄想電波な人々の姿がドギツイです
コメディチックに薄めてあるので楽しく読めましたが、創作系の人間は抉られる思いがするかも知れませんね
学級政治の描写もリアルでシビア
「のび太の癖になまいきだぞ」というのは結構至言かもしれません
一度立ち位置が決められると抜け出せなくなりますからね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

厨二病

2017/01/14 18:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

『中二病でも恋がしたい』というアニメがありましたが、まさしくあんな感じです。作品自体はこちらが先なので、本作に影響を受けたのかもしれませんね。
シリアスなものはラノベでは無理というのが相場なのか、本当の意味での深い感動を味わうことは困難でしょう。最低限の笑いはあるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/16 11:41

投稿元:ブクログ

どんな話なんだろーと思って読んでたら、なぜかクラスの半数がいまどきそれほどまでコテコテなのはねーよってくらいの厨二設定を恥じる様子ゼロで堂々とアピールしまくるというとんでもない失笑モノだったwその中でも異彩を放つのが良子なんだけど、彼女はそいつらと違ってマジモンで、私はてっきりフツーのラノベみたく魔法バトルとかになるのかと思ってたら……違った。
「普通」になることは大変だけど、それでも「普通」になって、周りと共生していかなくちゃいけない。「魔法」や「不思議」があってほしいと思うけど、いつまでも妄想に生きていてはいけない。もちろん私だって不思議なものはあってもいいと思ってる派だけど、それが辺り前のことなのだと。妄想に逃げて自分を護るのは逃げなのだ。
一郎は逃げなかったし、良子を救いあげた。自分が作り上げた最強の戦士・光牙になって良子を説得する最後の屋上のシーンは本当に胸が熱くなったよ。
とまあ、ラノベ上等!ってほどのドンパチやら不思議現象やらがあるのかなと思ったら全部うそっぱちでスルーされた。でもそれが面白かった。いい意味で期待を裏切られましたね。
そしてロミオの文章はほんっと面白いね。ギャグ部分とシリアス部分の緩急のつけ方とか上手過ぎて憎らしい。ほんと笑えるし。またこういった系の作品書いてほしいなー

2008/11/22 01:38

投稿元:ブクログ

魔竜院光牙という名称に拒否感を感じてしまった人にこそオススメ出来る本、だと思う。
田中ロミオの本を読むのは初めてだけど、面白かった。

2009/03/02 13:52

投稿元:ブクログ

2/9読了

風呂で読んでいたんだが、たった2回の風呂で読み終わった。
田中ロミオらしいといえばらしいのだが、やっぱり俺は「人類は衰退しました」シリーズのが好きだ。

2010/04/10 20:11

投稿元:ブクログ

初めて読んだラノベ。所謂「邪気眼」達の話。「邪気眼」が分からない人はググリなさい。
安易にファンタジーに持ち込まないで、現実に不可能ではない話をしている点ですんなり読めた。

2008/08/09 23:59

投稿元:ブクログ

ライトノベルやアニメにハマりすぎて、自分は前世では聖なる戦士だったとか、星を守って戦っているだとか、そういう妄想が現実との境を曖昧にしてしまっている者たち……妄想戦士(ドリームソルジャー)。
 舞台となる高校の1年A組は、そんなドリームソルジャーが約半数を占めるとんでもクラス。
 なかでも屈指の妄想レベルを誇る通称「魔女」に主人公は振り回されて……といったお話。
 扱っているテーマは斬新。自分を異世界の戦士と思い込む戦士症候群の生徒たちを皮肉って笑いの種にしています。
 読んでてとても痛々しいです。ラノベ大好き時代の経験者ならば、多少なりとも身に覚えはあるんじゃないでしょうか。
 かくいう俺も設定集だけでノート何冊使ったか分からないような過去を持っているので、なんとも心にチクチクと刺さります。
 そして、随所の文章や台詞回しのユーモアセンスは流石田中ロミオです。電車の中で読んでて何度も吹き出しそうになりました。
 基本ギャグですが、後半は一気にシリアス路線。この流れはちょっと田中ロミオの本職っぽい。そして最後はしっかりと熱い展開で〆ます。ほんと熱いです。良い話でジーンとくるのです。ラブもあります。もう読み終わった時にはお腹一杯で、大満足の作品でした。

2009/02/10 21:04

投稿元:ブクログ

普通のまっとうな高校生活を送っていた主人公。しかし、ある夜、忘れ物をとりに忍び込んだ学校で、出会ってしまった……「魔女」に……
というあらすじでよいのかな。しかしその本質は、ラノベやオタクを分析・評価して楽しむ風潮をうまく利用したファンタジー。

2008/08/21 02:50

投稿元:ブクログ

今年のベスト3に入るおもしろさだった。
最初はちょっと痛い系のファンタジーとおもいきや、ただ痛いだけでした。
なので、痛い部分はひたすら流し読み。
こういうの読むたびに、学生じゃなくなった自分が悲しくなるw

2008/08/17 20:45

投稿元:ブクログ

なんかいい感じにだまされましたよ?

冒頭にある文章を読んで「そういう」作品なんだと思ってました。

これ、ネタバレせずに語るのが難しいですね。

まあ、青少年なら誰もが通る道、と申しましょうか。
僕はさすがにここまでではなかったものの頭の中は色んな妄想全開でした。

全体的に勢いよく、文章自体が面白いのでパーっと読めちゃいました。

2008/09/14 22:13

投稿元:ブクログ

面白かった。ここ最近よんだラノベ系統の書籍じゃダントツだと思う。
じぶんで買った本じゃないけど。


田中ロミオは文章も筋立ても面白いから好きだけど、オタクコミュニティでしか通用しないネタをあざとい位盛り込んでくるから、いつも気持ち悪さと面白さのジレンマに耐えないといけなくて辛い。

この小説はそういったところを肥大化させてテーマその物にまで組み込んでいるから、オタクを皆殺しにしたい願望のあまり股間が浮くような感覚を常に感じている人が読むと本当に吐きかねないので注意。

反面オタクで童貞で偏差値53以下な人が読むと涎が止まらないと思う。だまされて。現実は苦界だ。

2012/08/08 07:26

投稿元:ブクログ

映画化を前に原作を読んでみたが、なんだ、傑作じゃないか。これを岸監督の率いる安定チームがどう料理するか期待大。

2013/06/09 23:45

投稿元:ブクログ

ウェルカム、妄想戦士!?
その日。宿題を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。
教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい――。
そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。……いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。
俺は高校デビューに成功したんだ! そのはずだったのに、この妄想女はッ! 「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には
防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む