サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

閉店時間 ケッチャム中篇集(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.7
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/408p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05721-3
文庫

紙の本

閉店時間 ケッチャム中篇集 (扶桑社ミステリー)

著者 ジャック・ケッチャム (著),金子 浩 (訳)

9.11テロの傷痕残るニューヨーク。街では閉店間際のバーを狙った武装強盗が相次いでいた。バーテンダーのクレアは、恋に破れた哀しみを胸に抱えつつ今日も店に出る。自分を待ちう...

もっと見る

閉店時間 ケッチャム中篇集 (扶桑社ミステリー)

税込 817 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

9.11テロの傷痕残るニューヨーク。街では閉店間際のバーを狙った武装強盗が相次いでいた。バーテンダーのクレアは、恋に破れた哀しみを胸に抱えつつ今日も店に出る。自分を待ちうける運命も知らず…。未練を残して別れた恋人たちを襲う悪夢を描く、ブラム・ストーカー賞受賞の表題作をはじめ、意想外の結末へと読者を導く怒涛のサスペンス「ヒッチハイク」、傑作ノワール・ウエスタン「川を渡って」等、ケッチャム文学の最高峰を示す中篇四本を厳選して収録。加速する狂気に貴方はついていけるか。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ブラム・ストーカー賞最優秀中篇賞(2004年度)】【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

閉店時間 7−89
ヒッチハイク 91−228
雑草 229−286

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

闇の先に光はある。ただ、それは求めるものにしか見えない

2008/11/11 21:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「隣の家の少女」「地下室の箱」のジャック・ケッチャムの短編集。

 *閉店時間
 *ヒッチハイク
 *雑草
 *川を渡って

 の4編が収録されている。帯には「暴走する嗜虐、非情のリリシズム。鬼才の精髄、ここに極まれり」とあって、もうこれ以上の言葉は必要ではないんじゃないかと思う。
 描かれているのは、暴力。
 それも、容赦ない、非情な、それなのに単純な暴力だ。

 解説にもあるが、これが2001年の911テロの後に書かれた意味の重さをいやおうなしに感じる。
 人は、暴力の連鎖から逃げることは出来ないのだろうか。
 愛だって、振り切れてしまえば、それは暴力という形を見せる。また、憎しみも、境界を越えればたやすく他者を傷つける。そして、愛も憎しみも、そういう感情もなく、ボーダーを軽々と飛んでしまう人だっている。
 「雑草」の怖さは、これにつきる。
 ボーダーを越えるということは、そんなにたやすいことなのか? その危険は、他者のものではなく、自分の中にもあるものなのかと。
 
 「閉店時間」で、すぐ側にある危機を描き、「ヒッチハイク」で自己の平安の危うさを描き、「雑草」で自分の中の危険に警鐘を鳴らしている。
 平和に、安らかに生きていたいというささやかな願いは、悲しいぐらいもろい。それが、本当に悲しい。

 ケッチャムの作品は、暴力的であることは確かだ。
 けれど、「川を渡って」のように、悲劇的な結末の中に一縷の望みがある。それは、暗闇の中の小さな光のようだ。
 光を見たいから、多分、ケッチャムを読むのだとこの短編集でわかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/27 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/14 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/16 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/16 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/21 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/02 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/23 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/03 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/29 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。