サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 学研
  • レーベル: 学研M文庫
  • サイズ:15cm/565p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-900531-5
文庫

紙の本

ゴシック名訳集成吸血妖鬼譚 (学研M文庫 伝奇ノ匣)

著者 日夏 耿之介 (ほか著訳),東 雅夫 (編)

西洋伝奇小説の源流、ゴシック・ロマンスの名作を歴史的名訳で復刻するシリーズ第三弾!最終巻のテーマは「怪物の創造」—ゴシックから近現代ホラーへの転換をもたらした吸血鬼と人造...

もっと見る

ゴシック名訳集成吸血妖鬼譚 (学研M文庫 伝奇ノ匣)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西洋伝奇小説の源流、ゴシック・ロマンスの名作を歴史的名訳で復刻するシリーズ第三弾!最終巻のテーマは「怪物の創造」—ゴシックから近現代ホラーへの転換をもたらした吸血鬼と人造人間の物語集である。あの『フランケンシュタイン』の本邦初訳をはじめ、バイロン作と銘打たれた史上初の吸血鬼小説、コールリッジの哀感漂う名品『クリスタベル姫』、推理作家ガストン・ルルーの大活劇ロマン、女吸血鬼物の傑作『クラリモンド』の芥川龍之介訳、横溝正史訳によるモダン吸血鬼小品など、全12編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

洋伝奇小説の源流、ゴシック・ロマンスの名作を歴史的名訳で復刻するシリーズ第三弾! 最終巻のテーマは《吸血鬼と人造人間》。あの「フランケンシュタイン」や「吸血鬼カーミラ」の本邦初訳版、推理作家G・ルルーの知られざる傑作など、全10編を収録!

収録作品一覧

恠異ぶくろ(抄) 日夏耿之介 著 5−9
クリスタベル姫 コールリッジ 著 11−57
新造物者 シェリー夫人 著 59−121

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「吸血鬼」を生んだ人々

2013/09/20 00:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴシックというよりは、ロマン主義と呼ばれるべき作品たちではないかと思う。ロマン主義というのがいかなるものか、日本人には分かりにくいかもしれないが、コールリッジ、バイロン、ゴーチエといった作家達はまさしくそれのはずだ。
コールリッッジなら「クリスタベル姫」が読みたいが、岩波文庫版詩集には第一部しか収録されていないので、ここで読めるのはありがたい。
バイロンの「不信者」、当時はバイロンの作と噂されたががポリドリ作で「吸血鬼」、それらは民衆の間に秘かに伝わってきたのだろう恐怖を昇華させ、そこからさらに創造的な作品を派生させ、さらにさまざまな吸血鬼映画により強烈なイメージを世界に標すことになる。
小ロマン派ゴーチエの「クラリモンド」は、各作品集にも所収されている名作。19世紀にこんな背徳的な話書いてよかったのだろうかと心配するようなゴシック的な恐怖を流麗に仕上げた作品で、これが大正3年に芥川龍之介訳というのだから刮目である。
メアリ・シェリー「新造物者」言わずと知れた「フランケンシュタイン」のこと、明治22年に邦訳されていたということにも驚くが、抄訳ではあるのだが物語の本質部分が決して失われておらず、新しいパラダイムを生み出した人間の苦悩に迫っているところもすごい。
こういう香気漂う作品から一転、1世紀がたっただけでガストン・ルルー「吸血鬼」は、もう吸血鬼も人造人間も消費され尽くされる存在となり、ドタバタ冒険劇の小道具に成り下がったかのようだ。しかしつい以前までロマン怪奇だった題材を、日常のすぐ隣に出現させてジェットコースター展開に仕立てたのは、むしろ「オペラ座の怪人」の作者らしいさすがの腕前かもしれない。
付録的作品として日夏耿之介、平井呈一のエッセイは感涙もの。
これらの作品と時代を通して幻想の系譜が投影されていると見ることもできるだろうし、一貫して人にあらざる者の悲しみに耽溺するもあり、我々には知覚し難いロマン主義の目指す姿を垣間見ることもあるだろう。宝石箱のような作品集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/08 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。