サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0926)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

これでわかる!裁判員制度 (じっぴコンパクト)

著者 平野 哲郎 (監修)

「国民の司法参加」のひとつとしてスタートすることになった「裁判員制度」。「お金はもらえるの?」「拘束時間は?」「どのくらいの確率で選ばれるの?」など、140の素朴な疑問を...

もっと見る

これでわかる!裁判員制度 (じっぴコンパクト)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「国民の司法参加」のひとつとしてスタートすることになった「裁判員制度」。「お金はもらえるの?」「拘束時間は?」「どのくらいの確率で選ばれるの?」など、140の素朴な疑問をマンガを交えてわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

裁判員制度に関しての不安解消、疑問解決に役立つ一冊

2008/12/01 09:53

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星の砂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 平成21年5月21日から裁判員制度が始まる。その期日からだと思いきや、まず、裁判員候補者名簿に登録があり、その「お知らせ」が先週末から届き始めたようだ。しかし、制度の中身について、ほとんど勉強していないから、いざ通知が来たら慌てふためく自分が想像できる。裁判員制度に関して、少しでも知っておきたい。

 【第1章】~【第10章】まで、裁判員制度の流れに沿って、疑問が解決されていく。見慣れない言葉で、しかも活字ばかりの本だと疲れるが、マンガで“しくみ”と“流れ”が解説してあるので、読みやすい。法律をよく知らない私が、裁判員に選ばたりしても大丈夫なのだろうか? 幼い子どもがいるのに何日も家を空けられないし、主人が裁判のために会社を休んだら給料は保障してもらえるのか、次から次へと不安はつきない。
 法律をよく知らない疑問に対しては、「事前に法律の勉強をしていない裁判員に、検察官も弁護士も、十分に理解できるように、わかりやすく解説されますので、事前の勉強の必要はありません」。私は、勉強が苦手なので、ちょっぴり安心。
 だが、子どもに関して、【第2章 Q 主婦なんだけど、小さい子どもを、ヒザの上に乗せて裁判に同席したい】。それに対する回答は「A 子どもが同席することはできない。(中略)裁判員候補に選ばれた小さい子どもを持つ親にも、安心して裁判に参加できるように、保育所の一時保育や、児童養護施設などにおけるサービスなど、環境を整備しているところです」。中途半端な対応をされそうで不安が拭えない。
 重大? な給与の疑問は、「一日あたり八千円以内」の日当が出るらしい。だが、主人の本来の仕事を日給で換算すると、それより多い。のみならず、候補として招集を受けても、選ばれない場合もあり、選ばれないと半額の四千円程度になるという。金銭面で考えると、裁判員に選ばれると“損”だ。しかも、仕事を休むことは法律では認められても、有給休暇扱いになるかは各企業の判断に委ねられ、多くは裁判員の義務遂行のための余分な有給は貰えないだろう。つまり、企業によっては全くの無給も考えられるのだ。

 一生に一度も選ばれない人が圧倒的だという。もしも、裁判員に選ばれたら、貴重な体験ができる機会を与えられたと割り切り、覚悟をきめよう。それは国民の義務であると同時に権利なのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/08 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/05 07:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。