サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 角川書店の通販
  6. 初音怪談 私と小さなおじさんのことの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.8
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873890-3

紙の本

初音怪談 私と小さなおじさんのこと

著者 松嶋 初音 (著),木原 浩勝 (著)

ビデオデッキの中にいた手のひらサイズのおじさん、放送室で聞いた知らない誰かの声、私の右半分に住むお兄ちゃん…。現役アイドル・松嶋初音が今まで体験してきた不思議な出来事のい...

もっと見る

初音怪談 私と小さなおじさんのこと

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビデオデッキの中にいた手のひらサイズのおじさん、放送室で聞いた知らない誰かの声、私の右半分に住むお兄ちゃん…。現役アイドル・松嶋初音が今まで体験してきた不思議な出来事のいろいろを語る、実話怪談を超えた体験怪談。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松嶋 初音

略歴
〈松嶋初音〉1987年東京生まれ。女優・タレント。ミスマガジン2004審査員特別賞を受賞してグラビアデビュー。
〈木原浩勝〉1960年生まれ。怪異蒐集家。「怪談の怪」発起人。著書に「新耳袋」「隣之怪」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

採話ではなく、体験で実話を語れる強み。

2008/08/12 11:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宅悦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『新耳袋』シリーズで知られる現代実話怪談の第一人者・木原浩勝氏を瞠目させた才能が、自身の体験を中心に自らの筆で綴った実話怪談集である。
 文筆が本業でないためか、文章はやや軽すぎるきらいがあるが、変に美文を気取らずのびやかに記しているぶん読みやすい。それでいて、書かれている内容は、そのまま『新耳袋』などに収録されていても不思議のない、怪談好きを唸らせるような出来のものばかりだ。
 タレントが記す怪談本は闇雲に怖さを煽ったり、変に因果を追い求めたりしがちだが、しばしば理由も解らない怪異がそのまま語られている点でも、本書は一線を画している。素直に「怖い」と感じさせるものもあれば、著者の自然な感覚のまま綴った成り行きが笑いを誘うものも多数含まれているあたり、妙に説得力があるのだ。
 特徴的なのが、これだけよくできた怪談集にも拘わらず、あえて大きく採りあげているのが“小さなおじさん”の連作である点だろう。奇妙さでは突出しているとはいえ、おじさんの造型やエピソードの方向性が終始笑いを誘うものばかりなのだから、人を食っている。
 あとがきにて、共著者として名を連ねる木原氏が触れているとおり、著者の体験は木原氏の『隣之怪 蔵の中』や『九十九怪談 第一夜』にも収録されている。第三者の観点から語り直されたそれらに触れても、彼女の備える“怪談語り”としての資質の高さを窺い知ることができる。今後も活躍の期待できる新たな才能の出現に、怪談好きならばいまから触れてみることを強くお薦めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/27 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/28 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/04 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/13 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。