サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

親殺し

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7571-4192-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

親殺し

著者 芹沢 俊介 (著)

親殺しには、子殺しが先行している−。家庭や親子の間に何があって、子どもによる親殺しが起きているのか。「教育家族」「離婚」「対人関係」「挫折とコンプレックス」という4つの要...

もっと見る

親殺し

1,210 (税込)

親殺し

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親殺しには、子殺しが先行している−。家庭や親子の間に何があって、子どもによる親殺しが起きているのか。「教育家族」「離婚」「対人関係」「挫折とコンプレックス」という4つの要因から実際にあった事件を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

芹沢 俊介

略歴
〈芹沢俊介〉1942年東京生まれ。上智大学経済学部卒業。文芸・教育・家族など幅広い分野の評論で活躍。著書に「引きこもるという情熱」「もういちど親子になりたい」「「いじめ」が終わるとき」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

親殺しには子殺しが先行する

2008/11/08 05:05

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kako - この投稿者のレビュー一覧を見る

もちろん読んでみてそれぞれ受け止め方は違うと思うのですが、こういう考え方もあるのだということだけでも知っておいて良いのでは 無いかと思う本でした。
教育する立場にいたことのある私は、たくさんの子どもをみてきましたが、 確かに著者が書くとおり「いい子」を演じている生徒が多くいました。
見ていても痛ましく、傍から見ていてやがて限界が来るのは明らかです。
そして家庭で外側に作っている自分を親に見ていてもらっている分、親の庇護から離れた場所で私を見て、話を聞いてという態度が本人の気づかないうちにでてきてしまっていました。
そういうことを強く思い出されたのが、第一章の「教育家族」という要因です。
比較によって殺される、評価によって殺される。

非は子ども達にあるという自己防衛の意識は、ついつい親の価値観を押し付けている現実によって、子どもを追い込んでいることに目をふさいでしまっているという悪循環を設けてしまいます。
「成績で人の価値を決めないで」という子どもの訴えに対して
「子どものためを思ってこそ」という親の答え。
これこそが、親が自分の『勉強ができることが良い』という価値観を一方的に子どもに押し付け、子どもの意思を殺していくということにつながっていくと作者は論じています。
そして子どものキャパシティが限界を迎え、「いい子」でいることができなくなったとき、子どもの存在理由が消え、比較によって評価によって親に殺され、存在論敵に殺されてしまうのです。
また作者は、この章で現在増え続けているニートに関しても少し触れています。
作者のニートに対する考え方は、殺されてしまった自分をもう一度蘇らせて、枯渇してしまったエネルギーを蓄積させていく行為だと捕らえていて、外部から強制的力を加えるのが好ましいとは書いていません。
これはあくまでも作者の考えであることですが、様々な角度で物事を見ることも必要だと思う考えでした。

この本には他3つにわたる親による子殺しの説明がなされています。
中にはついつい心当たりのある事柄があるかもしれません。
気づかないうちに子殺しをやっていなかったか。
是非お子様がいる親御さんに一読して頂きたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/15 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

しつけ・家庭教育 ランキング

しつけ・家庭教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む