サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  本を開いて旅に出よう ~2/21

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ちくま文庫の通販
  7. ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42466-2
文庫

紙の本

ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影 (ちくま文庫)

著者 内堀 弘 (著)

ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影 (ちくま文庫)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

彗星のように消えてしまった幻の書店を追う…

2009/03/09 17:03

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ボン書店という小さな出版社が姿を表わした。出版社といっても社員を雇い事務所を設け、というのではない。
たった一人で活字を組み、自分で印刷もして、好きな詩集を作っていたらしい。(略)
そして数年後、彗星のように消えてしまった。」

目録販売の古書店を営む内堀弘さんは、そのボン書店の鳥羽茂さんについて丹念に調べ上げ、そして彼の生きた道筋を追った。
一冊にまとめられたのは今から10数年前の1992年、そして去年文庫化されたとき、あらたに文庫版のための少し長いあとがきが加わった。

読み終わって、しみじみ大分の梨の樹に想いを馳せた。
確実に今の世に残されている鳥羽さんの生きた証、彼が手がけた詩集もさることながら、この梨の樹をよくぞ内堀さんが探し当ててくださったことよと頭が下がった。

読後の感動のあまり、なにから書いてよいのか、気持があふれすぎて困ってしまうのだが、大分の地は、鳥羽さんの最期の地、そしてそこで枝を広く伸ばして生い茂っていた梨の樹は病身の鳥羽さんが息子さんと一緒に植えた梨の苗木にほかならない。

ボン書店、昭和七年から十三年にかけて活動し、十数冊の詩集を出した後、姿を消してしまった、幻の書店。
しかし、彼が手がけた詩集の見事さは、ほんのわずかにではあるにせよ、人々の心に残り続けた。
内堀さんは調べに調べた。幻の書店を、幻となった鳥羽さんを追った。

そして彼が慶応ボーイであったこと、
岡山出身であったこと、
ボン書店時代には奥さんと息子さんがいたということ、
奥さんと共に病気になってしまったこと、
息子さんと二人で大分に行ったこと(文庫版のための少し長いあとがき)
…などなどの事実を突き止めた。

なにがそこまで内堀さんの気持ちを奮い立たせたのか…。
それは、鳥羽さんの、ボン書店の詩集があまりに素敵だったからに違いない、そして彼の引き際があまりに唐突だったからなのではと想像した。
詩集作りへの鳥羽さんの熱い想い、時代を超えても伝わるもの…、心をゆさぶるものを感じてしまったなら、もはや止められないよなぁ~。
そういう私も内堀さんの文章に心底引き込まれてしまった。

ボン書店発行の詩集を一度、手にとって見たいものだ。
そして、「刊行人・鳥羽茂」と印刷されている文字を見たい…、そんな想いも強烈にこみ上げてきた。

関わった人は存在しなくなっても、書物は残る。
あらためて、この事実を思い知った。
古書に囲まれて生活をされている内堀さんだからこそ書けた一冊なのではないかとも思った。

あふれる気持の100分の一も書けず、もどかしい限りです。どうぞどうぞ読んでください。
ちょっと前のNHK週刊ブックレビューで岡崎武志さんが紹介された一冊でした。迷うことなく買った一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無名の出版人が残したもの。

2017/02/08 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひらひら - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦前、たった十数冊の人を惹きつける詩集をつくった鳥羽茂という人物に迫った一冊。
詩を専門にあつかう古書店店主である著者の丁寧で諦めない取材、静かだが力強い文章には圧倒される。
そして無名の人が確かに生きていたことを証明するような「あとがき」。
zineや電子書籍の普及により、アマチュアが本を出版する機会が増えた今、よりいっそうの価値を持った一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/08 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/24 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/29 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/06 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/10 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/18 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/23 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/09 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/30 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/14 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/28 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。