サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 徳間書店の通販
  6. 徳間文庫の通販
  7. ねこ!ネコ!猫! NEKOミステリー傑作選の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-892873-5
文庫

紙の本

ねこ!ネコ!猫! NEKOミステリー傑作選 (徳間文庫)

著者 山前 譲 (編),赤川 次郎 (著),加納 朋子 (著),倉知 淳 (著),黒崎 緑 (著),小池 真理子 (著),柴田 よしき (著),仁木 悦子 (著)

猫こそミステリーの題材にはぴったり。人気作家が繰り広げる華麗なる競演。【「BOOK」データベースの商品解説】

もっと見る

ねこ!ネコ!猫! NEKOミステリー傑作選 (徳間文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

保健室の午後 赤川次郎 著 5−52
共犯関係 小池真理子 著 53−78
猫の家のアリス 加納朋子 著 79−153

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

表紙は黒猫が似合う。

2009/11/04 22:29

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに呼ばれました。

手にした理由はそれだけです。

ホラー系、ミステリー系の本でタイトルが猫なら、
表紙に黒猫がいるのは当然と思ってしまうのは、
ポーの影響力が深層心理にまで及んでいる、ということでしょうか。

『猫 ホラーセレクション』には、『黒猫』も入っていますが、
本書は日本のミステリー作家の作品のアンソロジーで、『黒猫』は入っていません。

確かに、黒猫は出てきますが、黒猫ばっかり出てくるわけでもありません。

「アンソロジーはアンソロジーを呼ぶ法則」は生きており、
作風が気に入ったら著者の他の作品を読んでみようと思わせてくれるだけではなく、
解説では、他の猫ミステリー集も紹介してくれています。

収録作品はこちらです。

作品自体のことを書こうかとも思いましたが、1本1本が短いですし、
アンソロジーは、好きな作家さんを探すきっかけとなるものですから、
自分の好みを語ってしまうことになりそうだと思いました。

どうやらシリーズの一部と思われる作品もあるのですが、
私はミステリー本を読むこと自体がビギナーのため、それもうまく語れそうにありません。

せっかく猫本のアンソロジーですので、
ここでは、それぞれどんな猫がいたか見てみましょう。

 保健室の午後(赤川次郎著)・・・刑事の飼っている三毛猫。

 共犯関係(小池真理子著)・・・三毛のメス、名前はルリコ。実は最初はチビという名前だった。

 猫の家のアリス(加納朋子著)・・・早苗の飼っている頭文字がA~Kの猫11匹。うちダニエルが巨大な黒猫。

 猫と死の街(倉知淳著)・・・2歳のオス(雑種)、名前はピラフ、白い猫で、耳としっぽが黒。

 光る爪(柴田よしき著)・・・うずら色の雌猫。黒い猫。白いペルシャ猫。(いろいろな猫が出るが、同じ猫を微妙に違う描写で書くのが特徴的)

 見えない猫(黒崎緑著)・・・存在しない猫シャロン。

 一匹や二匹(仁木悦子著)・・・黒い縞。白と茶色のぶち。

猫もいろいろ、ですね。

ざっと書くと平凡そうな猫もいますし、プロフィールだけで不思議な猫もいます。

それぞれの猫に特徴があり、癖があり、物語がありますから、
当然、ニンゲンにも物語があります。

あら、反対でしたか。

表紙の黒猫と目が合ったら、ぜひ連れて帰ってみてください。

きっと気に入った猫に会えるのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/24 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/04 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/22 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/19 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/21 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/14 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。