サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真昼の月(flowers コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 94件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: flowers コミックス
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-167037-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

真昼の月 (flowers comics 海街diary)

著者 吉田 秋生 (著)

姉たちとのあたらしい生活にも慣れてきたすず。そんな彼女が登校途中に見かけた男は、姉の佳乃(よしの)の元彼・朋章(ともあき)だった。彼に興味を持ったすずは…!? 鎌倉(かま...

もっと見る

真昼の月 (flowers comics 海街diary)

589(税込)

海街diary 2 真昼の月

432 (税込)

海街diary 2 真昼の月

ポイント :4pt / 紙の本より157おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

海街diary(flowersコミックス) 8巻セット

  • 税込価格:4,70943pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

姉たちとのあたらしい生活にも慣れてきたすず。そんな彼女が登校途中に見かけた男は、姉の佳乃(よしの)の元彼・朋章(ともあき)だった。彼に興味を持ったすずは…!? 鎌倉(かまくら)を舞台に家族の「絆(きずな)」を描いた限りなく切なく、限りなく優しいシリーズ第2巻。

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第11回)】【マンガ大賞(第6回)】【小学館漫画賞一般向け部門(第61回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー94件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

鎌倉の四姉妹シリーズ第2巻。切なくて、心にしみる話やねんなあ

2009/02/04 19:56

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幸(さち)、佳乃(よしの)、千佳(ちか)の香田三姉妹のもとで、ともに暮らすことになった浅野すず。中学生の彼女が山形から鎌倉に来て、家族のひとりとして次第に馴染み、溶け込んでゆく姿を描いた第1巻もよかったけれど、この第2巻もいいですねぇ。切なくて、じんと心にしみる話の味わいが素晴らしく、途中で何度か、目頭が熱くなりました。

◎すずが、佳乃の彼氏の謎を探る・・・・・・「花底蛇(かていのじゃ)」
◎すずと、友達の美帆(みほ)が、お互いの気持ちをぶつけ合う・・・・・・「二人静(ふたりしずか)」
◎すずに思いを寄せる風太(ふうた)の気持ちと、足を失くした裕也(ゆうや)の気持ち、ふたつの気持ちが交錯する・・・・・・「桜の花の満開の下」
◎香田姉妹の祖母の七回忌。幸と、家を捨てて出て行った母・都(みやこ)が衝突する・・・・・・「真昼の月」
 以上、四つの話を収めています。

 すずの気持ち、風太の想いを中心に話が進んでいく最初の三つの作品もよかったけれど、一番読みごたえがあって、「重いけど、深くて切なくて、ええ話やあ」と感動したのは、おしまいの「真昼の月」でした。仲違いした母との確執など、色んなこと考えて悩む幸姉(さちねえ)の姿に、ズドン!ときたから。

 幸とすずが肩を寄せ合う絵に、佳乃と千佳の声がかぶさる一コマ。姉妹の絆、家族の絆が見事に描き出されていて、胸が締めつけられました。姉妹が寄り添うこの構図、第1巻『蝉時雨のやむ頃』にもありましたっけ。表題作の中、町を見下ろす石段の上で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真昼の月の下で

2008/10/16 13:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

祖母亡き後母も父も去った鎌倉の家に残された3人姉妹と、異母姉妹の妹が共に暮らすようになって一段落したのが前作。第二巻となる本書は平凡で、だけどその時、その彼女自身にとっては重要な、其々の事情を抱えた「出来事」が現れては消化されていく。
4人姉妹とも年齢が離れているから扱う話題も問題も様々。だからこそ読者にとってはどこかしら共感するところがあるに違いない。何よりここにある出来事も事件も事情も、行き着く先は私たちの最も身近で厄介な存在、家族にあるからだ。
吉田氏にとってきっと鎌倉は題名にあるとおりDiary、つまり日々の出来事、平凡な日常だ。そこには家族も友達も恋人も居て、「真昼の月」のように気がつかないけれどいつも近くで同じときを過ごしているのだ。
そしてもう一つ、真昼の月には意味がある。
表題作には自分たちを捨て家を出た母と彼女たち姉妹、ことに母を許せない長女との軋轢が描かれている。真昼の月、それは気がつかないほど見慣れた日常、身近な人というだけでなく、私たちが知らず知らずのうちに傷つけてしまう誰か。それすら認識していない、いっぱいいっぱいなこの心だ。
そして家族は多くの人にとって、そういう真昼の月なのだろう。
既刊『ラヴァーズキス』の、家族だからこそたまらないこともある、というあの言葉が思い返される。
家族だからこそ、あまりに身近で気兼ね無いはずの存在だからこそ、どうにも身動きが取れなくて空回りしてしまうことが、きっとある。
だから、たまには真昼の空に月を見つけてみよう。
なかなか見えなくても、見つけるのが難しくても、きっと、必ずそこには月が私を見守っているのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ある家族の風景

2016/12/27 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族は替えがきかない、逃れられない人間関係だけど、自分の意志で選ぶこともできる。そんなところに救いを感じる作品です。

あと、鎌倉って田舎なんだなって感じました。コミュニティ狭い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2015/10/23 08:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プイプイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達に勧められて読んでみました。面白いですねー。基本、お気楽に読める作品ですが、時々、ウルッとくるのがいいです。私は医療関係者なので、一番上のお姉ちゃんの話とか、かなり詳細に取材してかいてるんやなー、リアルやなーって思います。四姉妹に親近感が持てて、好感度高いです。あと、でてくる料理がどれも魅力的!食べたくなるー。鎌倉にも行きたくなりますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高にエモい!

2015/08/29 00:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Moe - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観終わった後これは原作も買わなくては!と思い映画館から本屋に直行して買ったわけなんですが映画は映画で最高なんですが原作は原作で最高すぎる!
エモ〜い漫画が大好きな自分にはぴったりな漫画でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

家族

2017/10/09 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉に住む3姉妹と一緒に暮らすことになった3姉妹とは母親が違うすず。
家族、恋愛、仲間を描いたストーリーです。
今回は3姉妹の実の母親も出てきます。
続きが気になるストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごくむずかしい

2017/08/04 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
裕也の片足切断は本人や家族にとってもショックだが、周囲にも動揺を与えるものだったと思う。
ラヴァーズキスの朋彰はやっぱり絵柄が変わっていて違和感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おかあさんが出てきました

2016/02/04 15:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はすずの恋愛模様が多く書かれていたように感じました。すずが多田くんに弾かれる気持ちはわかるなと。苦労を経てきた人のほうが、ひととして魅力的だと思います。おかあさんが出てきましたね。もう少しひどい人を想像していましたが、意外と普通でした。こともをひとりで育てていくには、少し弱かったのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

違和感

2015/05/10 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kmama - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉田さんの作品は絵も話も上手いと思うのだけれど、読後のモヤモヤ感が残った。
他の方も仰っていたとおり、裕也を励ましに来た女子中学生たちに、すずがボールを蹴りこむところとか、「それはないのでは・・・」とちょっと引いてしまう。この女子中学生たち方法はよろしくない(のか?)かもしれないが、できるだけの気持ちを伝えたかったのではないのかな?
「ミーハーと空気読める私たちって違うよね。私たちってわかってるよね。」それがチームメイトや家族なのかもしれないけど。。。ちょっとモヤモヤ。 絶賛のレビューが多いと思うのでちょっとあえて辛口に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2巻

2015/02/01 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:1024 - この投稿者のレビュー一覧を見る

Amazonなどのレビューを参考に1巻と2巻をまとめて購入しました。結果…期待が大きすぎたかな。2巻までの感想をいうと、特に大きな事件があるわけでもなく、じわじわと物語が進んでいる印象です。読みごたえはあるので、暇つぶしにはいいかも。6巻が最終巻ですし、後は古本屋で探すかな。映画化もされているみたいなので、それは漫画を読み終わった後にチェックしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/17 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/09 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/20 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/28 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む