サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

哀国者(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/546p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276163-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

哀国者 (講談社文庫)

著者 グレッグ・ルッカ (著),飯干 京子 (訳)

あの男の裏切りで友は死んだ。男の行方はどこか、指示を出したのは誰なのか?亡霊たちへの思いと復讐の決意を胸に、グルジアで二年半の潜伏生活を送るアティカス。愛する女とのその暮...

もっと見る

哀国者 (講談社文庫)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの男の裏切りで友は死んだ。男の行方はどこか、指示を出したのは誰なのか?亡霊たちへの思いと復讐の決意を胸に、グルジアで二年半の潜伏生活を送るアティカス。愛する女とのその暮らしは一通のメールで打ち破られ、やがて強大な標的が姿をあらわし始める—。新展開のアティカス・シリーズ最新作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/03/29 22:19

投稿元:ブクログ

眼鏡ボディーガードだったはずが、いつのまにやらコンタクト使用のおたずね者になってしまったアティカス君シリーズ、今回は最初のシーンからして前作の終わりからの続きでした。・・・・・3年前のお話なんて覚えとりませんがな。
いっそ読むのを止めようかと棚に伸ばした手を2回引っ込めたが、やっぱり気になって借りたところ、なんと本作はシリーズ内3部作の第2部だったと言う。え、ええっ!?
ついでにまたしてもシリーズ中の良キャラが退場してしまうあたり、もーおー勘弁してよ。ガクリ★
次はアリーナあたりがやばそうだ。もういいけどさあ。
ともあれ、こうなったら続きも読まないと仕方ないので、できれば今年中に出てほしいと思います。ムリか。

2011/02/28 19:54

投稿元:ブクログ

前作「逸脱者」が出色だったので、いささか物足りなくもあるが、やはり面白い。シリーズの中では「逸脱者」および本作が最も読み応えあり。

2010/04/01 21:10

投稿元:ブクログ

前作から引き続き、チームアティカスが好きで読んできた者にはあんまりな展開…キャラに対する非情さ、シリーズ方向転換の潔さはアメリカのTVドラマを思わせる。読ませるし面白いんだが、やっぱ割り切れない思いが残るなぁ。

2010/07/20 12:48

投稿元:ブクログ

前作あたりから、ボディーガードモノから逸れてきた本シリーズは、今回で完全に逸脱しましたねぇ。
重い内容も軽妙に読ませる本シリーズがルッカ作では一番好きです。が、どんどんキャラが減って重くなっていく話に、次はどうなる事やら……

2008/09/20 20:08

投稿元:ブクログ

確かシリーズ最初のころは、ボディガードが主人公の普通のハードボイルドものでちょっとユーモアもある感じ、だったような記憶があるんだけれど、どんどんパワーアップ?して、今や、世界をまたにかけるスパイ、暗殺者、テロリスト(どれも違うんだけれども)の話のようになっていて。諜報機関の舞台裏みたいな話が好きなので、そういう意味でもおもしろかった。とにかく、ずっとはらはらどきどきでスリリング。そして、でも、昔の、ボディーガードだったアティカスはやっぱりアティカスだと思う部分もあって、しんみりしたり。とにかくすごくおもしろかった。次も早く読みたい。

2011/09/24 08:14

投稿元:ブクログ

現時点での完結編と云われている「回帰者」からアティカス・シリーズを読み始めた邪道な読者なので、どんな目にあってもアティカスやドラマが死なないのはわかっているんですが、ドキドキします。ワイオミングのモーテルで別れた二人が27時間後にウィルミントンで再開したシーンが印象的。アールへの決着はあっけなくて少し残念。

2009/10/12 16:13

投稿元:ブクログ

 本書はシリーズの第6弾作品だった。知らずに本書から読んでしまった。シリーズはこれまでに紆余曲折どころか、「逸脱」さえあったらしい。本書は面白く、1作目から読んでみたいと思えた。ハードボイルド系の作品。アクション、サスペンス要素もあり、好みに合った。内容(「BOOK」データベースより)あの男の裏切りで友は死んだ。男の行方はどこか、指示を出したのは誰なのか?亡霊たちへの思いと復讐の決意を胸に、グルジアで二年半の潜伏生活を送るアティカス。愛する女とのその暮らしは一通のメールで打ち破られ、やがて強大な標的が姿をあらわし始める。新展開のアティカス・シリーズ最新作。

2012/02/25 03:01

投稿元:ブクログ

やっぱりルッカは面白い。前作で物凄い舵の切り方をしたのでどうなるのかとワクワクして読んだが、本当に上手く纏めている。最後に何処へ行き着くのか次回作を想像すると早く読みたくて堪らない。

2012/03/27 18:41

投稿元:ブクログ

マルキシズムは歴史的な役目をほぼ終えたと考えてよいが、「下部構造は上部構造を規定する」と看破したマルクスの「史的唯物論」は今後も世俗の事象を説明するのに援用されるだろう。『哀国者』が既視感に近い現実味を帯びて文字をたどれる最大の理由は、僕らがすでに『NYPD Blue』や『24』などのTVドラマで、アメリカ人やその国家についてどれだけ切迫感をもって表現する必要があるか、たっぷり刷り込まれているからだろう。つまり、「アメリカ人としてアメリカに住まわなければ成立しない」たぐいの物語、なのだ。主人公のボディガードあがりのタフガイ、アティカスは、たしかにもったいぶった回りくどい物言いを、キザと言うにも呆れるぐらい多用するのだが、緊迫感だけが漂う言い回しからは個性の息吹はまったく聞こえてこない。まさしくアクションゲームでプレーヤーが操作するアバターそのものである。描写も過度に身体感覚に依存しており、危機感を最大化させる意図はくみ取れるが、はたしてこれをアメリカ伝統のハードボイルドの系譜に置いていいのだろうか? 臨場感を求めるなら、『NYPD Blue』のような「小刻みに震える」カメラワークを映像で見せられると絶対かなわないし、なによりいまは現実がそうなんじゃないのか。そう考えると、心を突き刺すような箴言たちがちりばめられた上質のハードボイルドを生み出す下部構造がアメリカからは失われてしまったのだろうか、と思ってしまう。描写も凄惨なのでR-15指定。続編の『回帰者』は読む予定。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む