サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

一日一生 正(朝日新書)
一日一生 正(朝日新書) 一日一生 正(朝日新書) 一日一生 正(朝日新書)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日新書
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-273238-5
新書

紙の本

一日一生 正 (朝日新書)

著者 酒井 雄哉 (著)

「大丈夫、明日はまた、新しい人生が生まれてくるから」 なぜ生きるのか、苦しみや死をどう受け止めたら良いのか。人生に迷い悩む人におくる、現代の“生き仏”酒井雄哉・大阿闍梨の...

もっと見る

一日一生 正 (朝日新書)

756(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「大丈夫、明日はまた、新しい人生が生まれてくるから」 なぜ生きるのか、苦しみや死をどう受け止めたら良いのか。人生に迷い悩む人におくる、現代の“生き仏”酒井雄哉・大阿闍梨の慈雨の言葉集。【「TRC MARC」の商品解説】

「一日を一生のように生きよ、明日はまた新しい人生」。
現代の“生き仏”と称される酒井雄哉・大阿闍梨の慈雨の言葉集。
生々流転を経て、比叡山・千日回峰行を二度満行、いまだ歩き続ける。
なぜ生きるのか。
いかに生くべきか。
人生に迷うすべての人に。

「あせらず、あわてず、あきらめず、無理をしない」
「仏さんには、なんもかんもお見通しかもしれないよ」

【目次】

第一章 「一日一生」
・一日が一生、と思って生きる
・身の丈に合ったことを毎日くるくる繰り返す
・仏さんは、人生を見通している
・足が疲れたなら、肩で歩けばいい
・ありのままの自分としかっと向き合い続ける
・人からすごいと思われなくたっていいんだよ
・「一日」を中心に生きる
・人は毎日、新しい気持ちで出会える

第二章 「道」
・生き残ったのは、生き「残された」ということ
・長い長い引き揚げの旅が教えてくれたこと
・同じことを、ぐるぐるぐるぐる繰り返している
・どんな目にあったとしても
・人の心には闇がある
・ある日突然、妻は逝ってしまった
・人生の出会いはある日突然やってくる
・仏が見せた夜叉の顔
・自分は何のために生まれてきたのか、なにするべきか問い続ける
・その答えを、一生考え続けなさい

第三章 「行」
・衣を染める朝露も、いつしか琵琶湖にそそぐ
・歩くことが、きっと何かを教えてくれる
・知りたいと思ったら、実践すること
・仏さんが教えてくれた親子の情愛
・息を吸って、吐く。呼吸の大切さ
・仏はいったいどこにいるのか
・身の回りに宝がたくさんある
・学ぶこと、実践することは両輪
・ゆっくりと、時間をかけて分かっていくことがある

第四章 「命」
・ほっこち温かな祖父母のぬくもり
・大きな父の背中におぶわれた冬の日
・子供はおぶったりおぶわれたりして育つ
・夜店で母が隠した父の姿
・心と心が繋がっていた父と母
・東京大空襲の時に鹿児島で見た夢
・死を目前とした兄と弟 ・一生懸命生きる背中を子供に見せる
・命が尽きれば死んで、他の命を支えるんだよ

第五章 「調和」
・桜は、精いっぱい咲いている
・人は自然の中で生き、生かされている
・重い荷物を負う中国の子供たちにみた「大志」
・心のありようはいろいろなものに作用される
・本当は同じものを見ているのかもしれない
・まだ、たったの三万日しか生きていないんだなあ
【本の内容】

著者紹介

酒井 雄哉

略歴
酒井雄哉 (さかい ゆうさい)
1926年(大正15年)9月5日 - 2013年(平成25年)9月23日 )
天台宗の僧侶。
大阪府生まれ。太平洋戦争時、予科線へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦。
戦後職を転々とするがうまくいかず、縁あって小寺文頴師に師事し、40歳で得度。
約7年かけて約4万キロを歩くなどの荒行「千日回峰行」を80年、87年の2度満行。
天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室不動堂長寿院住職を務めた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

死出紐を肩に掛け宝剣を腰に。行を挫折したら自害する覚悟の...

ジュンク堂書店三宮店さん

死出紐を肩に掛け宝剣を腰に。行を挫折したら自害する覚悟のいでたちで、千日回峰行の行者は7年間かけて4万キロ近く歩く。
途中の「堂入り」という行では瞳孔が開き死臭が漂うともいわれる。
この荒行を2回満行した、酒井雄哉大阿闍梨の本。
重そうな過去、大変そうな体験は、さも大したことのないような語り口で語っている。
でも、気がつかないような見過ごしそうなことから酒井大阿闍梨が感じとり、私たちに伝えてくれることは、しずかに、でも深く強く胸にしみてくる。
読み終えて日が経ってもずっと、言葉が心の中にのこりよく思い出している。その場だけで終わらず糧となってくれた本である。

雑誌担当:中村

みんなのレビュー82件

みんなの評価4.2

評価内訳

2012/05/20 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/05 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/01 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/24 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/27 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/24 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/03 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/17 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/20 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/15 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/18 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/10 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。