サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 推理日記 PART11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

推理日記 PART11
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-214959-4
  • 国内送料無料

紙の本

推理日記 PART11

著者 佐野 洋 (著)

【菊池寛賞(第57回)】ミステリー小説の大家による辛口推理時評。東野圭吾「使命と魂のリミット」、横山秀夫「震度0」、逢坂剛「道連れ彦輔」、海堂尊「螺鈿迷宮」など、話題作を...

もっと見る

推理日記 PART11

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【菊池寛賞(第57回)】ミステリー小説の大家による辛口推理時評。東野圭吾「使命と魂のリミット」、横山秀夫「震度0」、逢坂剛「道連れ彦輔」、海堂尊「螺鈿迷宮」など、話題作を論じたエッセイ集第11弾。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

80歳でこの記憶力。そして整理整頓。5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を実行しているからではないか、なんて感心したり。でも一番面白かったのは、天皇陛下大いに笑ふ、だったりして・・・

2009/03/12 20:52

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやあ、恰好いいカバーです。石川流星のカバー写真を使った松沢順一郎(カメガイ・デザイン・オフィス)の技の、というかセンスが光ります。で、中身は全38章構成ですが、カバーにはそのうち13章のタイトルがあげられています。気になったので、カバーに書かれている章タイトルを再現するつもりで写してみました。

            ◎「官」と「公」横山秀夫氏『震度0』に関連して
                  ◎薬丸岳氏『天使のナイフ』について
      ◎「だいじょうぶ」考 逢坂剛さんの『道連れ彦輔』をめぐって
                 ◎東野圭吾さん『使命と魂のリミット』
◎立ち止まりながらの読書 海堂尊さん『螺旋迷宮』と真保裕一さん『最愛』
                 ◎石持浅海氏『人柱はミイラと出会う』
           ◎小説の変わった読み方 藤田宜永氏『戦力外通告』
       ◎桂美人氏『ロストチャイルド』についての元編集者との対話
                   ◎曽根圭介氏『沈底魚』をめぐって
                   ◎楡周平氏『陪審法廷』をめぐって
                      ◎稀作!折原一氏『暗い森』
                      ◎道尾秀介氏の作品について
        ◎遊び心と小説技巧 誉田哲也氏『シンメトリー』について

となります。なぜ、これを写したかといえば、単なる字数稼ぎではありません。最後の「遊び心と小説技巧」に関連していることで、読んでもらえば色々考えるところがあると思うからです。38章ある中から、どうしてこれらのタイトルが選ばれたのか、頭の文字を並べれば何か浮かび上がるのか、もっと言えば右揃えで出来上がった図形は何かを意味するのか、等などです。初出は『小説推理』2005年8月号~2008年8月号。

文中に何度かゴルフの話とご自身が80歳になられたという記事が見受けられます。文章も立派だし、年齢を感じさせない秘訣はなんだろう、なんて思います。それと変わらない読書量。積読も多いようですが、それでも読む。それと記憶力。いつか読んだ、と思えば記事でも本でも思い出す、それが凄いです。

あらためて読みたいと思ったのが道尾秀介の作品。実はかなり前から意識している作家なのですが、いつも手を出してはそのまま戻す。でも天下の佐野洋がここまで褒めれば、無視できません。要チェック作家に格上げしましょう。笑えたのは桂美人『ロストチャイルド』、私も糞味噌にけなしましたが、それに近い。納得納得。

でも記事として最も楽しんだのは 34 遊び心と小説技巧 誉田哲也氏『シンメトリー』について です。目次の様子もタイトルも、字数も漢字も気にしてしまう私は、誉田氏の答えも気に入りましたが、佐野洋がかつて行った試みに心惹かれました。

推理には関係ない話で面白かったのは、3 藤田宜永さんの笑い、に出て来る「天皇陛下大いに笑ふ」という座談記事の件。『文藝春秋』1949年6月号に載ったサトウハチロー、辰野隆、徳川夢声の座談会記録ですが、私は皇室関係者の微笑以外を決して見せない非人間性(神性では決してありません)が不気味でならないのですが、あの昭和天皇が大いに笑ったというのは、いいなあ、って思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る