サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 小さい“つ”が消えた日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小さい“つ”が消えた日
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: 三修社
  • サイズ:18cm/113p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-384-05514-6
  • 国内送料無料

紙の本

小さい“つ”が消えた日

著者 ステファノ・フォン・ロー (文),トルステン・クロケンブリンク (絵),小林 多恵 (日本語監修),岩田 明子 (日本語監修)

小さい“つ”はみんなの笑い者。「自分は必要ない…」と家出をしたから、さあ大変。五十音村にすむ言葉の妖精たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】【新風舎出版賞大賞...

もっと見る

小さい“つ”が消えた日

1,512(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さい“つ”はみんなの笑い者。「自分は必要ない…」と家出をしたから、さあ大変。五十音村にすむ言葉の妖精たちの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【新風舎出版賞大賞(第26回)】音のない小さい「つ」が消えてしまうと、言葉や文章の意味を変えてしまう。沈黙も言葉と同じくらい重要であることを伝える、言葉の妖精たちの物語。五十音村のなかまたち一覧付き。〔新風舎 2006年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ステファノ・フォン・ロー

略歴
〈ステファノ・フォン・ロー〉1967年ドイツ・クローンベルク生まれ。フランクフルトの日系証券会社に勤務。日本語、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語が堪能。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

作者がドイツの方なの...

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

作者がドイツの方なので外国の文学や翻訳もののコーナーに置かれていることが多いようですが、ちゃんと日本語を勉強されていて、この作品もご自身で和訳に挑戦してらっしゃいます。登場するのは五十音村のなかまたちだし、舞台も現代のニッポン。翻訳ものが苦手な方もすんなり読めるはず。

このお話を、ことばとか文字とかに関する教育的なお話だと捉えてしまうと、おもしろみは半減する気がします。まず巻末の五十音村のなかまたちの一覧を見て、キャラクターのイメージをふくらませてから読んでみてください(このイラストがまた愛嬌があってステキなんです)。「いるいるこんなやつ」とか「わかる~」とか思わず言っちゃうような、人間味(?)あふれるキャラたちの言動がいっぱい。

楽しく読んだあとに、教育的な反省をするのもまた良いかもしれません。

三宮駅前店 文芸書担当

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

言葉への並々ならぬ好奇心が生み出した物語

2009/03/07 22:49

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、第26回新風舎出版賞大賞の受賞作で、2006年11月に新風舎から出版された作品の改訂版です。

図書館では、改定版が貸出中で、私は新風舎版を読んでこれを書いています。絵は同じ人が描いていますが、見たところ表紙の絵が異なるようです。

また、改訂版は、「五十音村のなかまたち一覧付き。」です。

この物語は、印刷所のおじいさんが子どもである著者に話してくれたという設定なのですが、この導入部分が、語り手のおじいさん、そして、著者の関心と世界観をあらわしているのです。

「文字にも、人間や動物と同様に魂があるんだ。実は、世の中にあるものすべてに魂が宿っている。文字も言葉もその例外ではない。魂があるから、それぞれの文字には性格もあって、いいやつもいれば、意地の悪いやつもいるし、強みもあれば、弱点もある。」

それから、いろいろな文字達のキャラクターが紹介されていきます。『あ』は自慢好きのおじさんで、『は』『ほ』『ひ』『へ』『ふ』は笑うことがみんな好き・・・といった具合に。

文字の世界には子どもたちもいます。

双子の"てん"ちゃんと"てん"くん。誰も区別がつかないらしいのです。

"まる"ちゃんはぷくぷくでおっとりしています。

そして、この物語の主人公、小さい"つ"はとてもかわいい男の子。

ユーモアがあって観察力に優れていて、いつもまわりの人やもの、そして周囲で起きていることに気を配り、相手の立場でものを考えています。

でも、彼はまわりの人が話していることはわかるけど、自分では一言も話せないのです。

ある夏の夜の宴会で、ひょんなことからどの文字が一番えらいかでけんかになってしまいます。

そのとき誰かが言ってしまったのです。

「誰が一番えらいかはわからないけど、誰が一番えらくないかは知っているぞ。それは小さい"つ"さ。だって、彼は音を出さないからな。そんなの文字でもなんでもないさ」。

みんなに笑われ悲しくなった小さい"つ"は置き手紙を置いて家出をしてしまいました。

彼が村から姿を消した次の日からすべての印刷物や会話から小さい"つ"が消えてしまいました。

みんなは彼を探しますが・・・。

小さい"つ"がなくなって大きく意味が変わるものとして、登場したのは、こんな例でした。

「どうしましょうか? 訴えますか? それとも訴えませんか? あなたからOKがあれば、訴えますよ」

「どうしましょうか? 歌えますか? それとも歌えませんか? あなたカラオケがあれば、歌えますよ」

なかなか、ひねりがきいています。

それにしても、著者は、言葉への並々ならぬ関心と好奇心を持った人です。あとがきで、意味が変わってしまう言葉を見つけることに苦労したことにふれ、本が完成した今でもこの箇所には納得していないので、読者に例があったら教えて欲しいとお願いするくらいなのです。

それがそのまま『"つ"抜きことばであそぼうキャンペーン』につながったのでしょう。

いつも使っている日本語なのに、考えるとなかなか難しいものですね。

ひとつだけ思いついたのは、小さい"つ"はリズムを表現するときのタメを表す文字として欠かせないということです。

弱拍のあとの強拍が入る前の少しの間。これがなくなってしまったら、音たちはどんどん突っ込んでいき、リズムは崩壊することでしょう。

著者は、この作品を通して「沈黙の素晴らしさ」を伝えたかったと述べています。

人の話を静かに聞き、必要なところでそっとみんなを支える人のことに気づき、大切にしたいものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/09 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/15 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/28 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/04 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/30 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/31 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/10 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/30 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む