サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. とんぼの目玉 言の葉紀行

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とんぼの目玉 言の葉紀行
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 未來社
  • サイズ:19cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-624-60109-6
  • 国内送料無料

紙の本

とんぼの目玉 言の葉紀行

著者 長谷川 摂子 (著)

母語のこと、故郷の出雲弁のこと、そして、東京へ出てからのさまざまな言葉の刺激、変化など、自分の内面に血肉化している日本語のありようを洗い出す、知的好奇心に満ちあふれた「思...

もっと見る

とんぼの目玉 言の葉紀行

1,836(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母語のこと、故郷の出雲弁のこと、そして、東京へ出てからのさまざまな言葉の刺激、変化など、自分の内面に血肉化している日本語のありようを洗い出す、知的好奇心に満ちあふれた「思考の旅」。『未来』連載等をまとめ書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 摂子

略歴
〈長谷川摂子〉島根県生まれ。絵本・童話作家。東京大学大学院哲学科中退。「人形の旅立ち」で坪田譲治文学賞、椋鳩十文学賞、赤い鳥文学賞を受賞。絵本に「めっきらもっきらどおんどん」「みず」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

「言葉を喰らう奇獣」の冒険譚

2009/02/08 16:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 未来社のPR誌『未来』に連載されたエッセイ十九篇に、三篇を書き
下ろして一冊にしたもの。雑誌掲載時とはまた違った、「一冊」に
まとまってこその読み応えがあった。
 「とんぼの目玉」というタイトルは、北原白秋の詩「蜻蛉の目玉」から
つけられたそうで、ふくらみのある、ふさわしい名づけだった。
 「出雲弁」を母語として育った長谷川さんは、その豊かさを伝える
ために、昔話の出雲弁による語り聞かせをしている。言葉は相手がいて
発せられるものだから、「標準語」と「出雲弁」の会話だと、どこか
やはりちぐはぐになってしまう気がする。語彙やテンポ、発声など、その
言語空間が噛み合わない部分が、どうしても残る。
 「昔話の語り聞かせ」というのは、とてもすぐれた試みだと思う。
聞く人が育った場所や時代の違いはあれど、なんとなく共有している、
あるいは共感できる、昔話自体が持つ力と、それを語る「出雲弁」の
響きのやさしさ、聞きなれない言葉が引き起こす興味、などなどが
相まって、初めて聞く者にも違和感なく、その世界に引き込み、存分に
味わわせることができるからだ。
 ヘーゲルを専門とするお連れ合いの長谷川宏氏と、「勉強以外のことに
熱心な」塾を営む長谷川さんは、四人の子の母でもある。老若男女を
問わず、さまざまな人々の発することばを、昆虫採集するように、興味
津々に観察し、考え込む姿は、「言葉を喰らう奇獣」の生まれ変わり
なのではないかという、彼女自身の自己イメージを裏付ける。
 塾で出会った子の言葉遣い、ゴンブリッチの『美術の物語』翻訳に
まつわる話、ハイキング先で見かけた墓石の戒名、さまざまな話題を
貫くテーマは「ことば」。
 標準語しか知らない私にとっては、「出雲弁」を母語として育った
からこそ得られた長谷川さんの感性に、わくわくしているうちに
読了した一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/29 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/10 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る