サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 光文社
  6. 光文社新書
  7. 就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 242件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03481-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇 (光文社新書)

著者 石渡 嶺司 (著),大沢 仁 (著)

就職活動は、いまや騙し合い、憎しみ合いの様相を呈し、嫌悪感と倦怠感が渦巻く茶番劇に成り下がった。さて、いったい誰が悪いのか? 企業・学生・大学、それぞれの本音はどこにある...

もっと見る

就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇 (光文社新書)

886(税込)

就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~

617 (税込)

就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~

ポイント :5pt / 紙の本より269おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

就職活動は、いまや騙し合い、憎しみ合いの様相を呈し、嫌悪感と倦怠感が渦巻く茶番劇に成り下がった。さて、いったい誰が悪いのか? 企業・学生・大学、それぞれの本音はどこにあるのかを探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石渡 嶺司

略歴
〈石渡嶺司〉1975年北海道生まれ。東洋大学社会学部卒業。ライター・大学ジャーナリスト。
〈大沢仁〉転職を繰り返しつつ、各社で採用・教育研修担当などを経て、ライター・人事ジャーナリスト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー242件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

鵜呑みにせずに、くれぐれも会社によって使い分けて

2009/03/21 08:01

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:それ行け!!残飯マン - この投稿者のレビュー一覧を見る

●「最後に質問は。」で質問できないと致命的という趣旨の忠告が書かれていますがこれは鵜呑みにしないでください。あまり成長性が無い会社や独創的な人間必要としない会社では質問はしないほうが得策です。所詮その程度の会社なんで絶対に目をつけられてはいけません。第一志望・第二志望も落ち続けてどうにかしのぎのために入社したいような人はあまり自分を出さないほうがいいでしょう。また選択肢の中にもそういう非独創的企業しか入ってないと思いますので。●自分を出したほうがいいようなことも記述でありますがこれは狙う会社によってよりけりです。刺し違えてでも手に入れたいこと入りたい会社がある、また相手の側もそれに値する価値がある、これなら賭けに出るのもよろしいでしょう。ただ仕事は食うためと割り切った方は自分を出さないでください。また選択肢もそういうのにぴったりな会社しかないと思いますから。とにかく目をつけられないように。そういう会社は田舎の公立中学校のやんきーみたなもんですからとにかく目立たずできれば才能も隠してください。そういう会社にもぐりこみたい場合、相手はたちの悪いチンピラだと思ってひたすら自分を押し殺しましょう。こういうとき公立の小中学校で受けた教育が役に立つのです。
●というわけでこの本に書いてある戦術はある一定の方には有効ですがそれから漏れた方には致命的になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

廃りもの?

2016/02/29 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

5年以上前に出て10万部以上売れた本らしいのだが、現在と比較して当てはまらなくなったところは特にない様に思われる。面接に有効だった台詞が公開されれば、それは翌年の就活で常套句のごとく頻繁に登場するのだという。その浸透速度に一瞬驚いてしまったものの、競争の激しい分野で起きる真似によるスタンダード化と同じで自然なことだと了解した。さて無効となったところを認められない以上本書は継続的に販売部数を伸ばしても良さそうものだと勝手に思っているのだがいかが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰がこんな生き地獄をつくったのか!?

2010/02/07 16:09

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



この本には、企業・大学・学生が演じる茶番劇という副題がついています。
企業は優秀な学生を青田買いするために「就職協定」を幾度となく有名無実化してきました。大学側では「教育」が本分であるとうそぶき、就職など知ったことかという態度を取っていましたが、少子化が進んでどんどん学生の数が減り、経営基盤が足元から崩れ去っていく現実を目の当たりにして、どうしても就職率を上げざるを得なくなってきました。

そこに割って入るのがお馴染みのリクナビやマイナビを運用する就職情報会社です。企業からは「就職人気企業ランキング」などをちらつかせて説明会経費や媒体費用をむしりとり、大学に対しては就活指導ノウハウを様々な形で押し売りし、「就活と採活」の両側面において完全なマッチポンプで莫大な利益を上げています。

いい迷惑なのは学生たちです。勉学に専念できるのは3年生の1学期までのわずかな期間だけ。夏休み前にはインタンシップという訳のわからない就業体験に突入し、続いて大企業の説明会が大会場で開催され、大手テレビ局や電通博報堂などへのエントリーが開始されます。ともかく3年生の大みそかまでには内々定を獲得しようということで、学業などそっちのけで就活の東奔西走が繰り広げられているのです。

どこの大学でも企業訪問やら面接試験などに出陣する学生が相次ぎますから、ゼミや授業や実験などはみなうわの空。4年生になっても就職が決まらないと大事な卒業制作にも大きなダメージが出てきます。100年に一度という大不況で2010年度の内定率はこれまた史上最低を記録していることを知ってか、最近では2年生!が就職課に相談にくるという異常事態が発生しています。ゆがみにゆがんだ就活ゆえに、かなりのパーセンテージを占めるアホバカ学生のアホバカ度も、ますます亢進せざるを得ません。

アホバカ小鳩のおかげで国会がもはやまともな政策論議の場でなくなってしまったように、キャンパス内も、もはや真面目な勉強どころの騒ぎではないのです。
就職情報会社や就職本に脅かされた学生は、絶対おとされないエントリーシートの書き方や失敗しない面接の受け方を知ろうと私たちのところへやってきます。マニュアル通りの履歴書を持ち、マニュアル通りの質疑応答に熟達し、マニュアル通りのリクルートスーツを着たマニュアル人間のおぞましさ。そして彼らをそのような姿形に追い込んだ元凶であるにもかかわらず、彼らの来襲におびえる企業の異様さ。これを悲惨な蟻地獄といわずになんと呼べばいいのでしょう。

この悲喜劇を存続させている当事者は、企業・大学・就職情報会社・世間そして学生です。しかし学生自身にはこの苦境を逃れるすべはありません。私はやはり企業側が1996年に廃止した就職協定を復活し、それを政府が厳格に監視する形で、「会社訪問は4年生の8月20日、内定は11月1日」とおごそかに決めることが、現在の「就活のバカヤロー」状態を脱する唯一の道ではないかと思うのですが……。

♪就活のバカヤローが生み出している恐るべき国家的損失! 茫洋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タタいてばかりで建設的でない !?

2012/02/18 00:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

「就活にかかわるヤツらはみんなバカばかり」 というわけで,著者は就活生をタタき,企業の面接者をタタき,就職情報会社をタタく. 大学はそれほどはタタかれていないようにみえる. 就活の実態を知ることは必要だが,タタいてばかりいて,あまり建設的な議論であるようにはみえない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活中の息抜きにちょうどいい

2017/06/10 18:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サラーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

就活をしている学生さんや企業などから聞いた話をまとめて編集したもの。就活序盤でこそ参考になると思いますが、どの企業に入ろうか肚を決めた人には雑音、社会人になってから読むと「まあそういうのもあるんだろ」程度にしかならない本。個人的には就活生には鵜呑みにしない程度に読んでねくらいにはススメられるかなぁ、という感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

就活とは何か?

2017/07/24 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、就職活動に関しての企業・大学・大学生の問題点が書かれている。
就職活動には、それぞれが不満をもっていることが分かるようになるだろう。
そして、就職活動とは何かを考えさせられることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/07 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/02 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/31 05:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/27 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/09 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/26 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/11 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む