サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1129-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.11
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-101974-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング (中公新書)

著者 船山 信次 (著)

さまざまな毒や薬は、どのようにして人類の歴史に登場し、人類と歩みをともにするようになったのか。ソクラテスの飲まされた毒から、錬金術、ドーピングにいたるまで、古今東西の毒や...

もっと見る

毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング (中公新書)

税込 880 8pt

毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング

税込 880 8pt

毒と薬の世界史 ソクラテス、錬金術、ドーピング

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 10.4MB
Android EPUB 10.4MB
Win EPUB 10.4MB
Mac EPUB 10.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さまざまな毒や薬は、どのようにして人類の歴史に登場し、人類と歩みをともにするようになったのか。ソクラテスの飲まされた毒から、錬金術、ドーピングにいたるまで、古今東西の毒や薬をめぐる秘話・逸話を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

船山 信次

略歴
〈船山信次〉1951年仙台市生まれ。東北大学大学院薬学研究科博士課程修了。薬剤師、薬学博士。日本薬科大学教授(漢方薬学科天然物化学分野)。著書に「アルカロイド」「毒の科学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 人類史上最大の発明...

ジュンク堂

 人類史上最大の発明品を挙げろ、と言われたら迷わず避妊用ピルだと答えるだろう。生き物が、生命をコントロールできるなんて何たる快挙。
 けれどこの本を読んでいると、人間の歴史とは何とかして生と死の運命に抗い、その決定権を自分の手に握るための苦闘の歴史だったことがわかる。より長く、より快適に生きるために怪我や病気を治す薬を使い、自分の利益や生命に害なす者を排除しようと毒を使う。その毒で自分の死期を決めることだってある。本書ではソクラテスの毒杯から現代のドーピングまで、古今東西の毒や薬をめぐる秘話逸話を紹介。あぁ、人間とは生き死にのことだけを考えて進化してきたのだなぁ。

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (11件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

薬も毒となる

2021/01/11 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代から現代までの毒と薬の扱われ方について書いた本。
東洋西洋共に語られていて、近代あたりの国同士の交流が盛んになりはじめた頃の科学の舞台裏のような話は興味深かった。
古来より毒と薬は表裏一体で、それは人工的に薬剤を作れるようになった今でも変わらないのだなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史に出てくる薬物のエピソード。

2009/01/15 16:17

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 プラトンが飲まされた毒、クレオパトラが使った毒・・・。 薬学部の講義で、先生が時折挿入するのだろうか、と思うような話である。古代、中世、近世、近代、現代と、年代で章を分けてまとめてはあるが内容は多彩。著者は漢方の講義もしているということもあるからだろう、西洋医学だけでなく中国や日本の古典からの引用も多数ある。
 面白いエピソードも多いのだが、全体に「可もなく不可もなく」の印象になってしまった気がするのはなぜだろう。少し専門的になっても、興味のある話にもう少し突っ込んで書いてあっても良いのに、というところだろうか。著者があまり強い主張をしていないからだろうか。

 著者が書いているように、薬になるもの、毒になるもの、の記録は文字が創られてすぐに始まっているのは、たしかに「それはまるで、毒や薬を記録したいがための文字や記録媒体の発明であったかのようである。p4」。こういうところでも、どんな薬が記載されていたか、などをもう少し詳しく知りたいところであった。
 いなばの白兎がまとったガマの穂は蒲黄として止血薬に使われたとある。「皮をむかれた」ウサギに効果はあったのだろうということはわかるが、実際にその成分は何だとかんがえられているのだろうか。わかっていたら書いて欲しかった気がする。
 ソクラテスが飲まされた、という毒についても、プラトンが「パイドン」に記しているように、ドクニンジンの成分コニイン(神経毒のアルカロイド)は「手足の末端から体の中心に向かって麻痺が進む(P12)」とまでは書いてある。では、なぜこの成分は末端から効くのか、とか、なぜドクニンジンが選ばれて使用されたのか、についてなど、説明がもう少しあれば、と思う。
 広く浅く、が印象を全体に薄くしてしまった感じであって、少々物足りなさが残り、おしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/26 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/16 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/29 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/08 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/29 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/05 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/06 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/11 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/13 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/16 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/13 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。