サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

京都てくてくはんなり散歩
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:21cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-370700-6
  • 国内送料無料

紙の本

京都てくてくはんなり散歩

著者 伊藤 まさこ (著)

銀閣寺界隈の甘味屋、一乗寺のこだわり本屋、寺町通でのお皿探し、老舗の足袋屋、二条城そばのギャラリー…。「おいしい」「すてき」が詰まった、京都散歩コースを写真で案内。データ...

もっと見る

京都てくてくはんなり散歩

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀閣寺界隈の甘味屋、一乗寺のこだわり本屋、寺町通でのお皿探し、老舗の足袋屋、二条城そばのギャラリー…。「おいしい」「すてき」が詰まった、京都散歩コースを写真で案内。データ:2008年9月現在。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊藤 まさこ

略歴
〈伊藤まさこ〉1970年横浜生まれ。文化服装学院でデザインと洋裁を学ぶ。その後、料理や雑貨など暮らしまわりのスタイリストとして、数々の料理本、雑誌等で活躍。著書に「母のレシピノートから」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

きっと京都を愛するみ...

ジュンク堂

きっと京都を愛するみなさんは、それぞれの特別な京都があるのではないでしょうか。多くの女性の共感を呼ぶ著者の「特別な京都」とはどんなものでしょうか。澄みきった心地よい空間を作り出す冬の京都。さらなる魅力を探しに、この本と一緒に出かけてみましょう。きっと新しい発見があります。

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

伊藤まさこさんが選んだ京都散歩コースがあれこれ 黄色い表紙に心つかまれ…

2008/11/02 11:25

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私にしては珍しく書店で初めてこの本を見つけて、そしてそのまま買った。
同じ伊藤まさこさんの『まいにち、まいにち』でさえ、図書館予約(ただいま19人待ち)をひたすら待っているのに、である。

衝動買いをしたこの一冊、
なにより装丁に惹かれた。
黄色い表紙に、同じ色の黄色い帯…、ぐぐぐと心をつかまれた。
同じ色の表紙と帯なのだ、それも私好みの黄色!
おびただしく並ぶ平積みの本のなかでもこの本が一番輝いていた。
「き、きれい!」
たぶん言葉を発していたはずだ。

そしてこの11月に京都行きの話がある。
なんというタイミング!
まさにちょうどよい。

てなわけで、すぐさま私のものになった伊藤まさこさんの京都本。
嬉しい、嬉しいと思いつつページをめくるので、にやけっぱなした。

ページを開いたそうそう、またまた嬉しくなる。
京都地図ならぬ、京都のあんこ地図!
一ページまるまる、京都に来たらはずせないあんこを配した、その名もずばり「あんこ地図」が登場だ。
この時期だとやっぱり栗目当てかなぁ~と
「栗餅所・澤屋」の栗餅や「松屋常盤」のきんとんをすかさずチェック!
なにしろ自分の本であるからして、二重丸でもなんでも書き込めるというわけだ。

哲学の道を一人歩くまさこさんの写真。
たっぷりと巻いたマフラーがなんともいい感じ。
今の季節だとこれくらいのマフラーがいるかな~なんて、旅行のワードローブ計画も頭のすみにチラとかすめる。
南禅寺三門の上から見晴らす紅葉の風景…。
ここの裏手側からは東山が間近なのねと頭の手帳にメモメモ。
光悦寺(初めて知りました)の紅葉のなんと見事なこと!
きいろ、だいだい、赤…そのグラデーションの美しさは圧巻、でした。

南禅寺近くのカレーうどん、
銀閣寺近くの白味噌のお雑煮、寒い季節だから美味しさがひっそう引き立つ美味しいもの…。
マンションの二階にひっそりと店を構える古本屋さんも寄ってみたいなぁ~。
そしてJR京都伊勢丹のデパ地下情報も、これは重宝しそう…と早くも心は京都へひとっとび、でした。

伊藤まさこさんが選んだ京都散歩コースがあれこれ、彼女のセンスにいつも憧れている私にとってはそのどれもが行きたくなるコースばかり。
しばらくは手放せない一冊となりそう、です。

「ここは、町中が宝箱のようだ」
帯の言葉も素敵だったなぁ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都観光の目安として

2009/09/20 10:24

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都てくてくはんなり散歩 伊藤まさこ 文藝春秋

 ご家庭の保存版になり得る京都案内のガイドブックです。わたしは、奈良は歴史、京都は文化と常々感じています。この本は、作者ひとりによるものではなく、出版社に関わるメンバーたちによる共同制作でできあがっています。京都駅に到着してから、京都駅を離れるまでの京都見学という計画に沿って、作者と彼女の小学生らしき娘さん、カメラマン、お店や寺社や品物製作家の人たちによってできあがった京都を紹介する本となっています。
 京都の寺社を撮影するときのコツは、暗い室内から明るい屋外を撮る手法になっているということがわかります。景色や料理、甘いものを中心とした菓子類の情報が満載されています。たいして気にはならないのですが、文章は、まず文字が小さくて、目が悪くなった50歳のわたしにはつらい。その内容もどこかに書いてあったものを少し変更して書き落としてあるだけなので、情報源としては不足です。全体はカタログのようであり、作者はモデルのようでもあります。紹介されている場所は、どこも観光客が多そうですが、それはそれでかまいません。地図が何枚もあるのでわかりやすい。登場人物の作者女性が、お酒を飲んだりビールを召し上がったりする記事を掲載するのは、男尊女卑の世代で育ったわたしには、時代が変わったと感慨にふけりました。川遊びには、ちいさなこどもたちがよろこびそうです。
 この本を京都観光で訪問先を決めるときの目安にさせていただきます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都てくてくはんなり散歩

2017/04/23 13:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フミヅキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族で伊藤まさこさんの旅本が好きで、何冊か持っていますが、この京都の本が一番読んでいて「行きたいなあ」「行った気になれるなあ」と感じます。
穴場から定番スポットまで、ご紹介されています。
文は長くなく短めで完結です。写真も綺麗です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/09 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/12 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/22 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/01 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/08 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/08 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/23 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/15 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/12 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/12 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/05 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

国内紀行・旅行記 ランキング

国内紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む