サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

円環少女 9 公館陥落(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-426711-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

円環少女 9 公館陥落 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 長谷 敏司 (著)

“公館”は燃えていた。火を放ったのは、魔導師公館の力の象徴たる専任係官の重鎮鬼火。“協会”との連絡は途絶し、間近に迫る神聖騎士団の総攻撃—混濁した状況を切り裂くように鬼火...

もっと見る

円環少女 9 公館陥落 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

円環少女 9公館陥落

583 (税込)

円環少女 9公館陥落

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“公館”は燃えていた。火を放ったのは、魔導師公館の力の象徴たる専任係官の重鎮鬼火。“協会”との連絡は途絶し、間近に迫る神聖騎士団の総攻撃—混濁した状況を切り裂くように鬼火は配下の刻印魔導師“鬼火衆”と地下を進む。魔導師公館の新たなありようを模索する京香は、叛乱者の目的を挫くべく、仁に残酷な命令を下す。鬼火を撃て—と。最強の師が待つ死地に赴く仁とメイゼルの運命は!灼燃のウィザーズバトル第9弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

窮鼠の一刀

2015/09/10 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪幻影城≫の機械化聖騎士師団との死闘から生還したものの、倉本きずなとの信頼関係を失った武原仁が見たものは、魔術師公館本館が焼け落ちた姿だった。十崎京香は日本刀で腹を刺されて重傷。それらを成したのは、専任係官≪鬼火≫東郷永光だ。≪鬼火衆≫を引き連れて出奔した彼は、≪協会≫の秘奥である≪門≫を落すため、地下迷路へと侵攻していた。
 十崎京香から東郷永光抹殺依頼を受けた武原仁は、鴉木メイゼルを連れて地下へと降り立つ。そしてそこで彼が見つけるのは、東郷永光の真意と、武原舞花が死ぬことになった理由だった。

 ≪協会≫と神聖騎士団の戦争に、日本と米国、≪地獄≫の政治闘争が絡み合い、破滅的戦争への序曲が奏でられる。そしてそこには、鴉木メイゼルの母イリーズ・アリューシャの最後が無関係ではないらしい。彼女と≪三十六宮≫の≪九位≫の間に何があったのか?
 その謎を残しつつも、東郷永光の最後の戦いが描かれる。そして、武原仁も、自分が何のために戦っているのか、その根底を自覚して選択するのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/01 10:07

投稿元:ブクログ

2008/12/01
メイン筋の話もさることながら、主人公の心情的な部分がまったくもって分からない…俺の読解力ではついて行けてないデス、、共感できないので話も頭に残らない…
初めの頃は表現してる内容がイマイチわかりずらい文章の難解さを、その世界感とキャラクター性で補ってた感じだったのに、最近は情景表現の難しさよりも、各キャラクター達の”気持ち”を表現した文面が分かりずらい⇒よく分からないとなんだか流し読み になってしまって、ここ数巻分は印象にのこってなかったり…もう少し読みやすく・優しい文章なら大作なんだろうけどなー。

2008/12/12 18:40

投稿元:ブクログ

これまで悩みに悩み続けていた仁がついにある一つの結論に辿り着く。また、新しい世代に公館を任せようと古い世代の自らの生に決着を付けようとした東郷。円環世界での罪について触れられてはいないが少しずつその謎の輪郭が現れ出したメイゼル、鬼火衆の刻印魔道師たち。核を利用して戦争を企てようとした九位。それぞれの様々な欲が絡み合っていた本作。
読み終わった今となっては説明することはできないが、読んでいる最中はその思惑の深さに驚き、闘う彼ら彼女らの姿に何度も背中を押されるような強い意志を感じられた。
そうなのだ。この作品は溢れんばかりの意志が詰め込まれている。矛盾してたって、倒錯してたって、変態チックだろうとも被虐趣向であろうともだ。様々な意思が文章という形をとってぼくらの胸の中に届いて魔炎のように人間には見えない火を灯す。それが後々の行動に変化を与えられていくのだろう。
しかし、それらの意志さえも潰してしまおうという大きな意思がある。今作は区切りだとあとがきにあるが、これからどのような意思が彼らの意志の前に立ちふさがるのか今から楽しみで、それとは別にメイゼルがどう成長し、仁とどのような別れをするのか、仁はきずなや京香と向き合うことができるのかということも気になって仕方がない。

「俺が、夢を見せてやる! おまえたちの仲間の犠牲が、おまえたちが闘ってきたことが無駄でなかったって思える世界を俺が作ってやる。だから、俺についてこい!!」

2014/01/01 15:43

投稿元:ブクログ

東郷先生。すげー頑固な人なんだなっていうのと、いまどき古臭い人やっていうのもあるけど、こういう人だからついていくんだろうな、と思う巻。

2009/01/16 15:39

投稿元:ブクログ

正直設定を把握しきれなくなっている。一度全部読み返したいが、あの密度・分量を思うとなかなか踏み切れず。

2010/02/14 12:45

投稿元:ブクログ

いちいち説明されていない細かな部分があるけど、そこを読み解いていくと東郷の感情も少しは読める気がする。
雷神ヤバイな…というのが当時の感想だった。

2013/02/22 13:22

投稿元:ブクログ

鬼火の最後
 沈黙がふらついて、悪として立ち上がる
  メイゼルとの深まる関係
 古い公館の終わり
  九位の登場 なぜ科学君が登場するんだ、よくわからん。

 前巻から間が空いたが結構覚えていた。
  相変わらず沈黙君はうじうじと悩んでいてもどかしい感じ
   その後の戦闘はスピーディーで読みやすい

2015/05/09 22:33

投稿元:ブクログ

専任係官5人全員(いや設定上はまだいるけど……)に短いなりに見せ場がある巻は初めてではないだろうか。5人ともチート級に強いのに指揮官として有能なのが東郷先生1人だけなのって、《公館》の戦力バランスがいまいち悪い原因だよなあ。守勢に立たされると結構もろいし。

2014/06/28 17:07

投稿元:ブクログ

組織の殺し屋だったのが追放され、無職の一個人となってしまった仁。戦場と日常の落差に心苛まれ、子供を救うためという正当化も通用しない、ただの"人殺し"だったと自覚するに至る。
そして決死の討ち入りの末、華々しく散った師・東郷の意志を受け継ぎ、鬼火衆の生き残りと共に鬼火一家を立ち上げることになるのだった。メイベルは姐さんになった模様…。

あれ?何だろう、この転落人生⁇ 要約が間違ってるかな? でも女の業の固まりなきずなが嫌いなので、変態(ロリコン)の仲間入りをしてしまえ‼︎とさらなる転落を望んでいます。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む