サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 学研
  • サイズ:18cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-05-403798-4
  • 国内送料無料

紙の本

リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集

著者 東 雅夫 (編)

プロとアマが一堂に会して八〇〇字の掌篇を執筆。それも、テーマは超宇宙的恐怖小説大系「クトゥルー神話」だ!とてつもない奇想、身も凍る戦慄、ドス黒い哄笑…読むほどに唸らされる...

もっと見る

リトル・リトル・クトゥルー 史上最小の神話小説集

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プロとアマが一堂に会して八〇〇字の掌篇を執筆。それも、テーマは超宇宙的恐怖小説大系「クトゥルー神話」だ!とてつもない奇想、身も凍る戦慄、ドス黒い哄笑…読むほどに唸らされる驚愕の全111編。【「BOOK」データベースの商品解説】

とてつもない奇想、身も凍る戦慄、ドス黒い哄笑…。プロとアマが一堂に会して執筆した超宇宙的恐怖小説体系「クトゥルー神話」の掌編、計111編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

手乗りクトゥルー 葦原崇貴 著 10−11
一歳 葦原崇貴 著 12−13
Radio Free Yuggoth 葦原崇貴 著 14−15

著者紹介

東 雅夫

略歴
〈東雅夫〉1958年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。アンソロジスト、文芸評論家。怪談専門誌『幽』編集長。著書に「百物語の怪談史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

目が合ったのが運の尽き

2009/03/29 20:59

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館の新刊書の書架で、違う本を探していたはずだった。

そうしたら、なぜか、目が合ってしまったんだ。

泥水の茶色に黒いライン、そして白い文字が描かれた背表紙と。

文字の中には異質に曲がった文字が混じっている。

今にして思えば、この曲がった「リ」と「リ」と「ク」は、
文字のふりをしているが、
きっと文字じゃなかったんだ!

あの「ク」の「鈎針」に、私は引っ掛けられてしまったに違いないと思う。

吸い寄せられるように手に取ってしまった。

表紙には、なんだか怪しくもユーモラスな化け物が描かれている。

いろいろな化け物が合わさっているようでもあり、
たくさんの顔を持つひとつの化け物のようにも見える。

これはここに載っている物語の世界を体現しているのだと思う。

そして、やっぱり、生き物に見える「リ」と「リ」と「ク」が
そこにあった。

文字がちょっと曲がっているだけなのに、
なんでこんなにあやしいんだろう・・・。

ひとつひとつの話が800字で完結するのも、
それぞれのお話が独立していながらも、
次のお話の世界観とつながっているように感じるのも、
『てのひら怪談』と同じ。

最初は、初心者なのに、地図も持たずに、
知らない世界に迷い込んでしまったみたいで怖かった。

ねっとりしていて、ぬめぬめしている。

自然にユーモアをもって語られている世界で
ありえないことばかりが普通に起こっている。

いや、ありえないと思っているのは、私だけで、
お話の住人達はそこで普通に過ごしているようなのだ。

それが立て続けだと、ひとりぼっちの私の方が異邦人なんだと心細くなる。

『クトゥルー神話事典』を携えて、
入ってくればよかったかな。

そうしたら、この世界の法則が分かるのにな・・・。

もう、怖いから帰ろうかなと思い始めるのだけど、やめられない。

なんとなく、癖になっていく。

怖いもの見たさなのか、なんなのか、やめられなくなる理由が、
よくわからない。

そのうち、前のお話と次のお話がキーワードでつながっている
ということだけではなくて、
全体に見え隠れするキーワードたちに興味がわいてくる。

「角」があると襲われるから円でできたシェルターに逃げるエピソードが
何度も出てくる。

でも、たいてい、ひょんなことで角ができちゃうんだな。

「ネクロノミコン」、Necronomiconとつづるのか・・・。

ネコ用のなら、私も読めるかも?

真剣なのにおバカな、ダゴン秘密教団日本支部。

こんな深海の民なら、友達になれるかな?

猫好きとしては、『夢猫記』や『英猫碑』がお気に入り。

1ページだからわずか400字なのだけど、
印象に残ったのが、『魚屋にて』。

実は、いるのかも、魚屋に!

「しゃべる蛸」や「しゃべる烏賊」や
「しゃべるなんだか訳の分からない魚」。

実は気づいてないだけで、毎日見慣れたはずの風景の中に、
本当は異世界がぱっくり口を開けてそこにあるのかも。

怖くなっちゃった、お魚・・・。

なんだかわからないと怖いままだから事典読んで落ち着こう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

111篇にも及ぶ秘せられし神々の狂宴

2009/02/07 16:59

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:御於紗馬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

期間限定で公募された800字のクトゥルー小説群。
原稿用紙2枚に収められた掌編ではあるけれど、
その数、111編。抜群のボリュームです。

全く異なる角度から切り広がる
狂おしき夢魔と宇宙規模の神々の世界は
時に恐ろしく、時に笑いを含み、時に優しく、
物悲しく貴方の魂に迫ってくることでしょう。


編者は『クトゥルー神話事典』の東雅夫氏。
この点で、作品の内容やレベルについては
折り紙つきであります。

著者はプロアマ問わずのごった煮状態なので、
「えっ、アノ人が!」みたいな所も楽しめると思います。


知らない人にはサッパリな世界かも知れませんが、
どこから読んでも大丈夫な珠玉の作品集ですので、
入口としては非常に入りやすいかも知れません。


ほら、その戸口の陰からも、早くおいでと喚ばれていますよ……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

求めているものはここにはない…

2016/01/20 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品にばらつきがあるのは、かえって起伏があっていいがいうなれば「クトゥルーのおもちゃ箱やあ~」。しかし、求めているものはここにはないという感じは否めない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/12 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/17 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/02 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/20 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 03:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/12 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/29 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る