サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. ウォーター・ビジネス 世界の水資源・水道民営化・水処理技術・ボトルウォーターをめぐる壮絶なる戦い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウォーター・ビジネス 世界の水資源・水道民営化・水処理技術・ボトルウォーターをめぐる壮絶なる戦い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86182-219-3
  • 国内送料無料

紙の本

ウォーター・ビジネス 世界の水資源・水道民営化・水処理技術・ボトルウォーターをめぐる壮絶なる戦い

著者 モード・バーロウ (著),佐久間 智子 (訳)

グローバル水企業の戦略、水資源の争奪戦、ボトルウォーター産業、水処理技術開発…。“水危機”を背景に急成長するウォーター・ビジネスの最前線と実態をまとめる。日本における、ウ...

もっと見る

ウォーター・ビジネス 世界の水資源・水道民営化・水処理技術・ボトルウォーターをめぐる壮絶なる戦い

2,592(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバル水企業の戦略、水資源の争奪戦、ボトルウォーター産業、水処理技術開発…。“水危機”を背景に急成長するウォーター・ビジネスの最前線と実態をまとめる。日本における、ウォーター・ビジネスの現状と問題も収載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

モード・バーロウ

略歴
〈モード・バーロウ〉1947年生まれ。環境問題に関する世界的に著名な評論家、アクティヴィスト。「カナダ人評議会」議長、「ブルー・プラネット・プロジェクト」創始者。共著に「「水」戦争の世紀」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 私たちが日常的にミ...

ジュンク堂

 私たちが日常的にミネラルウォーターのペットボトルを、お金を出して買う習慣が始まったのは十数年前からだ。水質環境の悪化や先進国の健康志向の高まり、発展途上国の衛生面の改善などで、昨今世界の水をとりまく状況は急速に変化している。このままいくと近未来、水を奪い合う世の中になると本書は警告している。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界の水ビジネスの状況

2009/08/06 14:54

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CAM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 我が国では、上下水道事業については水道法、下水道法によって原則として公営(ただし、上水道は法律上は民営の余地がある)とされていることもあり、かつては、「上下水道民営化」について問題化されることが必ずしも多くはなかった。しかしながら、完全民営化(上下水道企業の株式公開会社化)まで進んだ英国をはじめとして、世界的にはかなり様相を異にしている。 そして、我が国においても、最近の民営化、規制緩和、市場経済化への動きなどもあり、「水ビジネス」についての関心が高まりつつあるように思える。 いつの間にか、ボトルウォーターを購入することは、我が国においてもごく一般的な現象となっている。

 先般発表された「自民党マニフェスト」においても、「6 地域活性化・地方分権」において、「我が国の優れた交通システムや水ビジネスを海外に輸出し、世界に貢献する。」「PFI(民間資本を活用した社会資本整備)法を改正し、地域の活性化を行う。」などという記述が見られる。

 また、2009年07月28日の 日経産業新聞は、「商社、海外で水事業強化、市場は拡大、収益も安定――優良案件巡り競争激化」という見出しの下で、「総合商社各社が海外で水ビジネスを拡大している。」と伝えている。 「商社にとって水事業の魅力は、政府・自治体との長期契約に支えられた安定した収益を見込める点だ。特に今期は金融危機の影響で稼ぎ頭の資源エネルギー価格が急落し、総合商社各社は大幅減益が避けられない。改めて"水事業のぶれのなさ"が、収益の安定装置として注目されるゆえん」のようである。

「水」については、公共財的側面のみを強調することが必ずしも公正なものとは言えないであろう。米国カリフォルニア州のシェラクラブ委員長が述べるとおり、「水が無料だと思えば、人々は水を大切にせず水を汚す。水は無限にあると思っているのだ。だが、もし水に値段がつけられ、その価値を認識すれば、人々は水を守る」ということになるからである。

 要は、「水」について、公共財的側面と経済財的側面との適正な調和点をどこに求めていくかということになろうが、事業面から見ても、「上下水道事業の民営化」という問題は多くの論点を含むものと考えられる。

  本書は、原書が2007年、翻訳は2008年12月の発行であり、世界の水ビジネスの状況を述べたものとしては、最新にしてかなり詳細なものとして貴重なものだと思う。水を経済財としてとらえる立場に批判的なスタンスからの叙述であるようだが、それほど偏向的なものではない。「水」問題について考察する上での必読の文献と言ってよいと考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/18 01:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/16 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/20 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/31 07:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/05 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/28 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/16 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る