サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 140件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208983-0
  • 国内送料無料

紙の本

ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上

著者 スティーグ・ラーソン (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),岩澤 雅利 (訳)

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることに...

もっと見る

ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上

1,749(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べていた。背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働きで、ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエットがおよそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。ミカエルは信頼を受諾し、困難な調査を開始する。全世界で2100万部を突破、2008年度世界書籍売り上げランキング第2位!世界中に旋風を巻き起こした驚異のミステリ3部作の第1部。映画化され、ヨーロッパを中心に各国でナンバー1の大ヒット。【「BOOK」データベースの商品解説】

【「ガラスの鍵」賞】大物実業家の悪事をスクープした『ミレニアム』誌のミカエル。しかし名誉毀損で有罪に。そこへ、実業家のライバルから奇妙な依頼が舞い込む。36年前に孤島で失踪した少女を探し出せば、実業家の秘密を教えるというのだ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー140件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

登場人物が魅力的なスウェーデン製ミステリ

2009/03/08 10:26

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カワイルカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三部作の合計が全世界で800万部を突破という大ベストセラーである。しかし、この作品はミステリのベストセラーにありがちな、薄っぺらなゲーム感覚の小説ではない。物語は自然だし、人物描写が上手く、ユーモアのセンスもいい。こういう作品は何も知らずに読むにかぎる。ここでは最小限のことを書いておきたい。
 閉ざされた島で起きた失踪事件という設定は古典的な本格推理小説を思わせるが、読み終わった印象は古くささはなく、むしろ今までにない新しさを感じさせる作品である。それはスウェーデンが舞台になっているということもあるが、何よりも登場人物が個性的で魅力があるからだろう。
 主人公のミカエルは正義感の強いジャーナリストだが、大物実業家の違法行為を暴くつもりが、逆に相手の罠にはまり名誉毀損で有罪になるという脇の甘さもある。また、離婚した妻とは今も会っているが、雑誌の共同経営者で結婚しているエリカと不倫関係にある。人好きのするタイプなのはいいが、女性関係は節操がない。
 もう一人の主人公はフリーの調査員リスベット。子供のころから問題児として見られ、今も後見人の管理下に置かれているが、天才的なハッカーで警備会社で調査員としての才能を認められる。しかし、人付き合いが苦手で誰にも心を開かない。警備会社社長のアルマンスキーがリスベットに父性本能を持ち、ぎごちない愛情表現をする場面は笑える。
 はじめはこのふたりの物語が別々に語られる。ミカエルの身元調査をしたことがきっかけとなり、彼の協力者となる。彼女はやがてミカエルを好きになっていく。
 この作品はミステリとして良くできているだけでなく、リスベットの成長の物語としても読めるし、ミカエルをとりまく女性たちの微妙な心理描写も面白い。これがデビュー作とは思えないほど完成度の高い作品である。だが、作者は三部作を残して心筋梗塞で亡くなっている。残念というほかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全世界で800万部突破! スウェーデン発、驚異の三部作、ついに刊行!だそうです

2009/02/02 07:23

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kako - この投稿者のレビュー一覧を見る

横に広がる家系図。
三ページにわたる登場人物。
家系図が・・・カタカナの名前が・・・と最初は物語に入り込むのに時間がかかりました。
この上巻の途中までは我慢の書です。
30年以上にわたる考察を重ねた事件の全容、長きにわたるヴァンゲル一族の歴史。
やっと頭に入ってきたかなぁと思う頃には、物語も展開を迎えていきます。
む、やるな?

ハリエット行方不明事件と、物語の発端にもなる実業家ヴェンネルストレムの不正事件、両方を追いかけていくミレニアムの発行責任者ミカエルは非常に魅力的に書かれています。
人を思いやる余裕があり、人を受け入れることができ、仕事ができる上にハンサムでかつ股がゆるい(笑)。
ひと癖ある主人公が多い最近の作品の中ではかえって新鮮さがでています。
ふとしたところにすごく「優等生」の面が出てきますが、経済ジャーナリストとして記事を書くミカエルは、著者スティーグ・ラーソンの代弁者となっています。
単なるミステリーとしてだけではなく反ナチズム、女性への暴力と様々な問題提起がなされていて
スウェーデンでは女性の18パーセントが男に脅迫された経験を持つ
スウェーデンでは女性の46パーセントが男性に暴力をふるわれた経験を持つ
というスウェーデンが抱えている問題が扉に書かれています。

そしてミカエルの対極として登場するのがドラゴンタトゥーの女であるリスベットです。
素行に問題があるとしてスウェーデンの後見人制度が適用されている彼女は、その後見人制度によりあらゆることに制限を設けられ、不利益を受けています。
しかしながらリスベットは身辺調査のエキスパートとして仕事を見事にこなし、見かえるの身辺調査を仕事として請け負います。
二人はどのようにして同一線に並ぶのか。
敵対するのか?
協力するのか?
上下巻のセオリー通り盛り上がってきたぁ~と思うと下巻に続く・・・。
すぐそばに下巻を用意しておいてよかった。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史的なヒロインの個性が輝くスウェーデン発の超ベストセラー

2012/02/05 10:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「名物に旨いものなし」ではないが、ベストセラーはつまらない、という説がある。好みや相性もあるわけだし、だから世界中で2100万部売ったというこの小説も面白いとは限らないと警戒していた。しかし信頼する目利きも絶賛していたから期待もあった。たとえばイギリスのフィリップ・プルマン。ファンタジーとして初めてブッカー賞候補にも入った『ライラの冒険』シリーズの原作者である。日本では丸谷才一が新聞の書評で褒めていたと思う。そして期待通り、いやそれ以上だった。

犯罪の中身はといえば、猟奇的というのか、サイコホラー的なもので、これは個人的には好みではない。しかしそのような素材を扱いながらも、この小説をを読んでいるときの不思議な気持ちの良さは何だろう。つまるところそれは、ヒロインの魅力なのだろうと思う。リスベット・サランデル。これはもう歴史的なヒロインではないか。ちょっとこの頃の日本のマンガのキャラクターのようでもあるが、非常に個性的だ。ツッパリでいて子供っぽく、その真っ直ぐさとヒネクレぶり、過激さと繊細さの混じり合いが絶妙である。

当然のように物語は、犯罪を解き明かすことを軸にはしていても、同時にそれはいろいろ複雑なものを背負っていそうなリスベットの物語でもある。前半は退屈で後半がすごい、という声もけっこう聞くが、この人間への興味からすれば、退屈するというのは理解できないほど前半から面白い。後半はどうなるか半ば心配しながら(無事だった)ワクワクして読んだ。事件が進展しなくても、ヒロインが、そしてそれに関わる人間像が魅力的なのだ。

もちろんミステリーとしても一流である。舞台がスウェーデンという馴染みのない土地であるのも新鮮に感じられた。

3部作シリーズで、あと2つも読めると思うと嬉しい。まだまだ謎めいたヒロインのこともだんだんわかるらしい。しかし本当は5部構成の構想だったそうで、残念ながら作者は途中で突然亡くなったという。これだけ売れるとも知らず執筆途中で亡くなってしまったのはいかにも気の毒だが、読者としては、そう知ってしまうと2部の分、損をしたという気持ちもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早川書房はなぜ改行ではない行頭に始め括弧類がきたときに、改行の際と同様の二分アキにするのだろうか

2010/05/16 19:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本を読むひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨年の海外ミステリーで『犬の力』とトップを争っただけあって、やはり面白かった。『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』上下で一応完結しているので、とりあえずこの作者と作品からは去ることにしたが、後ろ髪を引かれる思いだ。あるいは何かのきっかけで続きを読むこともあるかもしれない。
 比較してもしかたがないが、読んだばかりのミステリー、ハイスミス伝(未邦訳)の著者アンドリュー・ウィルソンによる『嘘をつく舌』にくらべて格段に読ませる。やはり一般的な評価には参照すべきところはある。そうした評価なしに面白い小説を探せればベターだが、そこまでミステリー等に入れ込む時間がない。
 『ミレニアム』の続きを読まないのも同じ理由、読んでいなくて、面白そうな別の作家のミステリーをできるだけ読みたいからだ。
 ところで少し通常の書評から逸脱するが、本書『ミレニアム』を刊行した早川書房の、今日においては独自な、一貫した組版のスタイルを、ここで問題にしたい。
 日本語組版処理のサイトを読むと、行頭に配置する始め括弧類(始めというのは括弧の前の部分)の配置方法として、3つのかたちが挙げられている。
 (1)は、改行行頭の字下げは全角、折り返し行頭はアキをとらない天ツキ。(2)は、改行行頭の字下げは全角半、折り返し行頭の字下げは二分。(3)は、改行行頭の字下げは二分、折り返し行頭はアキをとらない天ツキ。
 (3)の方法は、小説などで会話が多い場合、改行行頭の括弧の字下げを全角や全角半とすると下がりすぎになることから考えられたもので、講談社ほか多くの出版社で採用されている、とか、(2)の方法は、以前の岩波書店が採用していたが現在では(1)の方法になっている、などという説明がされている。
 さて、早川書房は、この3つのいずれの方法もとっていない。早川書房が一貫して採用しているのは、改行行頭の字下げは二分、折り返し行頭も同じ字下げ二分というスタイルである。
 つまり早川書房の出版物はほぼ例外なく(実は例外があるので、ほぼとしたのだが)、改行の際の括弧の位置と、折り返し行頭の括弧の位置が同じであり、そのため本書『ミレニアム』でもいくつかあるのだが、一行の行末までセンテンスがちょうど埋まって、次行に始め括弧類がきたとき、それが改行なのか、そうでないのか識別できないことが生じる。
 『ミレニアム』のような小説の場合、そうした例自体が少ないとしても(第1部の上下巻合わせても10ヶ所程度だろうか)、会話の部分など、登場人物のセリフがすぐ続くのか一息置くのかのリズムはつかめない。
 早川書房では小説以外でも当然のごとく、この原則を推し進めており、今年刊行したマイケル・ディルダ『本から引き出された本』などの場合、始め括弧類が折り返し行頭にくる例は多く、美的な意味で非常に気になった。
 ところで、早川書房の刊行物にも例外があるのに気づいた。村上春樹訳の『ロング・グッドバイ』と『さよなら、愛しい人』である。
 おそらく村上春樹は早川方式に不満で、出版社はそれを受け入れたのだと思う。この二つの訳書では、一般的な(3)のスタイルである。
 だが私が推測するに、多くの著者、訳者が、これまでに、そうした要求を編集者に対して示しながら、しりぞけられたのでないだろうか。
 あるいは村上春樹の本以外にも過去かなりの「例外」があるのかもしれないが、そこまでは調べられなかった。

 仰々しく書いてしまったが、この問題は個人的に少し気にかかっていたこととはいえ、あえて指摘するほどのことではないかもしれない。ただ村上春樹という著者(訳者)に対する別格扱いが気になったので、あえて記す次第だ。
 またこの問題は、あくまで刊行されている書籍や雑誌のなかの、しかも改行の行頭(段落における第1行目の行頭)の字下げを全角とする場合にかぎってのことに過ぎない。
 この改行の際に字下げを全角とするのは、おそらく明治期に移入された英語文の影響でしかなく、たとえば谷崎潤一郎は一貫して、改行においても字下げなどはなかった。
 
 ともあれ早川書房は変わったスタイルを通しているが、それを徹底して一貫させていることにおいて、こうしたことに統一をとっていない、無頓着な書籍を刊行している出版社よりは、いいのである。
 乱雑で、統一がとれていないことが、第一に間違いとだけは言えるだろう。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ショッキングなハードバイオレンスの連続にこれがスウェーデン製のミステリーかとびっくりするが、なるほどこれがスウェーデンだったのかとさらにびっくりした

2009/06/23 23:06

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

スウェーデンはなじみのない国だ。知らない国は理解しにくいから、そこの小説はあまり読む気にならないのだが、この作品は世界的なベストセラーになっているとの宣伝についつい乗っけられたことによる。
私にあるスウェーデンの断片は映画のイングマール・ベルイマン『処女の泉』、フリーセックス、高福祉国家程度に過ぎない。『処女の泉』は高校生のころだったが、神との対話という深遠なテーマはまったく理解できず、当時としてはショッキングな少女強姦シーンが話題になっていてそこが見たかった。かつてフリーセックスというとニヤニヤしながらの言葉であったがおそらくそういうイメージの国ではないのだろう。高福祉に伴う高負担だってどこかにあるはずと、いくつかの雑念を持ちながらこの作品を読んだ。ところがそうした雑念の周辺部分がこの物語の背景の一部にあって、私のいい加減なイメージは必ずしも的外れではなかったような気がしている。

「月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表したが名誉毀損で有罪になる。大企業グループの総帥ヘンリック・ヴァンゲルはミカエルの調査能力を見込んで、兄の孫娘ハリエットが40年前に失踪した事件の調査を依頼する。ハリエットはヘンリック一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。」

孤島を密室とした設定。ハリエッとの残した暗号。数代にわたりヴァンゲル家にまつわる狂気の血筋。ナチズムの影。聖書の言葉に見立てられた猟奇的連続殺人事件の謎………。この古色蒼然たる古典的探偵小説のガジェット!横溝正史の世界をそのままスケールだけをでっかくしたようなところがある。
ヴァンゲル一族といっても五代にわたる人々であるからこの詳細を分析するところでは正直、退屈してしまう。探偵役のミカエルだが、大企業の悪を告発する男とはいえ、告発の根性が主役としてはいささか不足して迫力に欠ける。女性に対する誠実さに関しては個性的であり、スウェーデンのフリーセックスというのはこういう関係のことをさすのだろうかとも思ったりした。事件の骨格もどちらかといえば類型的である。

にもかかわらずこの作品にはひきつけられた。スピード感、躍動感。ギョッとするサディスティックなシーン。007を一回り小さくしたようなスリリングな諜報活動と申し分のないバトルアクション。息を殺して読むことになるサスペンス。冒険活劇小説の勘所が満載。面白い!これらが退屈しかねない類型的縦軸に楔を打つように断続の横串をさしてくる、そういう構図だからだ。

ドラゴン・タトゥーの女・リスベット・サランデル。この作品はこの特異なヒロインの魅力がすべてだ。
短髪、鼻と眉にピアス。拒食症のようにやせた御青白い肌。ドラゴンやらスズメバチなどで全身を刺青。24歳だが発育不良のようで14歳にしか見えない。他人から見れば内向的でコミュニケーションがとれず、知的障害があるようなふるまい。そこに異様な攻撃的言辞、暴力がともなう。ごみをぶちまけたような部屋で似たような仲間とクスリやらセックスとごろごろしている。ハードロック系のアメカジヤンキーといったところがある。そして日本で言えば禁治産者か準禁治産者のようだから、後見人制度により弁護士の保護、監視下に置かれている。
後見人である人格者の弁護士・バルムグレンは警備会社を経営するアルマンスキーに彼女を紹介し、そこでお茶くみ的アルバイトが始まる。アルマンスキーはやがて彼女の人並みはずれた調査能力を発見する。高度に訓練されたプロの諜報員の実力といってよい。社会からはじき出された人物が探偵として登場することはよくある話だが、ここまで世間から否定された人物を探偵にしたお話にはお目にかかったことがない。そして彼女の超人的才能に目を見張る。読者は物語の本筋とは離れてぽつりぽつりと挟み込まれるリスベット・サランデルの行動に釘付けになるのだが、これがこの作品の上巻であった。バルムグレンの後任として彼女の後見人となったビュルマン弁護士のサディスティック振りには目をそむけたくなる凄まじいものがあったが、「やられたらやりかえす」とリスベットがそれを上回る冷酷な復讐を遂げるシーンなど忘れがたい。下巻ではミカエルと共にヴァンゲル一族の血の秘密を暴くことになる。

企業の腐敗、凄惨な幼児虐待、異常者による性犯罪、異人種の移民への抜きがたい差別意識、弱者に対する過酷な仕組み、スウェーデンもやはりそんなところが問題になっている国なのかと思いながら、このサービス満点のエンタテインメントを楽しむことができた。

この作品を読む途中で、高福祉国家スウェーデンのお国事情にこんな事実があることを知った。
スウェーデンは何よりも社会福祉が充実した国として知られている。また言論・出版の自由、民主主義、人権、男女平等などを標榜してきた国家でもある。ところがその一方で、国家が強制不妊を約6万人(政府発表の1935年から76年まで)に実施していたことが97年に判明、大きな社会問題となったようである。その犠牲者は社会保障費の負担が大きい障害者、ジプシー、混血、多産の未婚の母などに集中したのだそうだ。
ひどい人権蹂躙だと思う。ドラゴン・タトゥーのリスベット・サランデルもそうした国家事情の犠牲者だったのではないだろうかと思えば、『ミレニアム』は輝かしい高福祉国家が長年にわたって容認してきたこの影の体質とその周辺をかたどる国民性への痛烈な告発だといえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/12 14:24

投稿元:ブクログ

DVD発売(確か来月には発売されるはず)までに読了間に合ってよかった。
これで心置きなく映画も観れる。

ハリウッド映画の劇場予告にはいつも気をつけていて、
毎度目にするたびに、どうせ予告を超えないだろうと高をくくっていたけれど、原作ならびに映画の感想も思いがけずよかったので、
せっかくなので読んでみた。

ミステリーなので、読み終わってしまえばしまいなのだが、
興味深いのは登場人物。
とりわけ「ドラゴン・タトューの女」でもあるリスベットの人物像がわたしにはたまらなくツボで、次のシリーズ以降も読みたいと思ってしまった。

海外ミステリーはあんまり普段読まないが、この時期にいい出会いができた。

そうそう。一番興味深かったのは作者が実はスウェーデン出身と知ったこと。カーディガンズ以来。もっともミステリー作品に触れるなんてはじめてだったのでとても新鮮。
ざんねんなのはすでに著者がいないということ。
実に惜しまれるところ。

2010/01/16 14:06

投稿元:ブクログ

前情報に踊らされて わくわくしながら読んだら んーそんなでもない けど
なんかじわじわきて 最後まで読んでしまう感じ ペールをめくる手も惜しいまではいかないけど なんかじわじわ読んでしまう

2009/02/15 10:23

投稿元:ブクログ

世界的なベストセラー。巷のレビューも高評価──ということで、弥が上にも期待しまくって読んだら微妙に期待外れだった。スロースターターで本題に入るのが遅く、スピード感にばらつきがある。ヒロインのキャラもよく理解できないし、主人公との関係もいいとは思えない。孤島での失踪事件、暗号、いわくありげな一族、といったファクターには確かに惹かれるものがある。実際にそのパートは読んでいて楽しかったし、作者の力量にも感心させられた。だが、引き際のタイミングが遅いため、ページ数以上に長く感じてしまうのだ。とてもじゃないが一気読みというわけにはいかない。これだけのいい材料が揃っているのに本当に残念に思う。第2部に期待を込めて星みっつ。しかし、最近の北欧ミステリは水準が高いなあ。

2011/03/20 23:29

投稿元:ブクログ

登場人物が多いために1 の上巻はほぼ説明のみ。
スウェーデンの名前ってのに慣れないから、最初は戸惑うかな。

2012/02/05 20:57

投稿元:ブクログ

久々の洋書。
登場人物のなまえにやはり混乱(笑)
名前だけで男女が判別しにくいのがつらい…スウェーデンの地名や雰囲気が分からないのもハードル。

とはいえ、ストーリーは面白い!
どう進んでいくのか、全く予想できない。下巻はどう来るのかしら。ミカエルとリスベットは、からむのかしら。

2010/07/30 17:06

投稿元:ブクログ

面白そうです。
3部作各上下巻で計6冊分。
6分の1をよんだだけだけど・・・・・
はっきり言って、読みにくい・・・
登場人物が多すぎるし、なじみのない外国人の名前ばっかりだから
なかなか本の世界に入っていけない。

でも、おぼろげながら理解できてきたし、下巻以降が楽しみです。

2010/02/21 15:50

投稿元:ブクログ

各紙絶賛、本屋平積み、という状況を見て面白いのかな~?
と予約した本だったのですが。
んんん~???
うん、面白いっちゃ面白いし、ページは進むけどそこまですべてを忘れて読み進んでしまうって程ではないかも。
翻訳の壁とも思いにくい。ので以下ハマれない理由(かもしれない)

1.北欧人の性観念はどうなっているんだ、っていうくらい性描写が痛々しい。
でももう少し分別あったっていいんじゃね?と思うほどみんな乱交気味

2.物語の中核となる富豪一族の名前が覚えにくい(なんせ下の苗字はみな一緒)その上わんさか出てくる!

3.国民の人口に対し精神薄弱者扱いの割合が多すぎるんじゃ。。。

小島を密室としたトリックが気になるので予約は取り消してませんが・・・
なんとも殺伐とした世界のようで身も心も冷え切ります。

2009/09/26 14:52

投稿元:ブクログ

スウェーデンの作家のデビュー作が世界的に大ヒット。
月刊誌「ミレニアム」の発行責任者で記者でもある男性ミカエルと調査員の若い女性リスベットという二人の主人公の視点から描かれる。
ヒーローは大物実業家から名誉毀損で訴えられて有罪となり、屈辱をかみしめているところから始まる。
雑誌社を共同経営する女性・エリカとは、長年お互いの結婚にもかかわらず関係を持っているという自由な?面もある。
大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルから40年前に行方不明になった16歳の姪孫ハリエットに何があったのか調べ直して欲しいという依頼を受ける。
大富豪で家族経営を続けてきたヴァンゲル一家はほとんど憎み合っていた…
ヘンリックの兄たちのサイテーぶりは呆れるほどで苦笑。

タトゥーの女がヒロイン。
パンク風ファッションで、10代の拒食症の少女のように見えるが、じつは凄腕の調査員。
子どもの頃からろくに口をきかず、親も入院していたため、後見人がついているという育ち。
彼女の違法捜査といざというときの暴れッぷりはすごい。
いいのか?という点もあるが…胸のすく活躍といえるでしょう。

2010/10/17 22:42

投稿元:ブクログ

リスベットがかわいすぎる。*´ v `*
ツンツンツンツンツンデレ。
ミカエルに対してはツンデレデレ。
主人公が異様に女にもてるのが謎。

スウェーデン版ダン・ブラウン。

2011/09/30 12:42

投稿元:ブクログ

遅ればせながらミレニアムを読む。文庫化に際して再プロモーション真っ只中、おかげさまで無事映画3本も見ることが出来た。

読み始めてまず感じたのは、北欧社会の男女関係または夫婦関係である。
それはウルフ・スタルクの子供向けに書かれた本でも感じる関係性・・・男女の平等さ、女性の強さを引き受けた社会だ。仕事においてもセックスにおいても。

ヒロイン、リスベットの魅力。(最初の巻で描かれる彼女の特質はアスペルガー症候群を思わせるが、後に人間関係を構築できるようになり、最終巻辺りでは生まれつきの精神障害よりも生育環境のせいという感じに描かれている・・・少し惜しい。)

モテ男、ミカエル・ブロンクヴィスト。猪突猛進の素晴らしいジャーナリストであるが、何よりもその性生活が笑いを誘う。光源氏のようである。来るもの拒まず。束縛せずテクがあり(笑)便利なオトコのようだ。

この巻では大企業の経営者一族に絡む殺人事件を「名探偵カッレくん」ことミカエルがリスベットの力を借りて解き明かしていくのだが、その過程には様々な隠された秘密や歴史があり読み応え十分である。探偵ぶりも「天才」ではなく丁寧な考察や地道な検証によって導かれ納得できる。

クライマックスの戦いはスリリングだった。危機に陥ったヒロインを救い出すヒーローではなく、死に掛けの探偵を救い出すヒロイン像がかっこいい!

物語の結末も現実的な苦味(ファージングの1巻最後のような・・)があり余韻のある読後感だった。