サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0925-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: プレジデント社
  • サイズ:20cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8334-1898-0

紙の本

ビッグコミック創刊物語 ナマズの意地

著者 滝田 誠一郎 (著)

1968年『ビッグコミック』創刊。連載は5人の大御所。目指したものは、大人の鑑賞にたえる読み物雑誌だった…。『ビッグコミック』を創刊した名物編集長、小西湧之助への取材を通...

もっと見る

ビッグコミック創刊物語 ナマズの意地

税込 1,676 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1968年『ビッグコミック』創刊。連載は5人の大御所。目指したものは、大人の鑑賞にたえる読み物雑誌だった…。『ビッグコミック』を創刊した名物編集長、小西湧之助への取材を通し、創刊当時の物語をつづる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

滝田 誠一郎

略歴
〈滝田誠一郎〉1955年東京生まれ。青山学院大学法学部卒。ノンフィクション作家、ジャーナリスト。著書に「長靴を履いた開高健」「電網創世記」「孫正義インターネット財閥経営」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ビッグなノンフィクション

2009/02/11 09:40

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一冊の本の魅力とは、そこに書かれている「情報」の質と量にかかっている。そのことにあらためて気づかせられた、滝田誠一郎のビッグな一冊である。
 ここで「情報」というのは広義な意味で使いたい。つまり、それは「感情」であったり「知識」であったり、広く私たちの心にはいってくるもの全般である。だから、本書のような「ノンフィクション」だけでなく、いわゆる小説や詩といった「フィクション」であっても同じことがいえるだろうし、学術書やビジネス本であってもそれは変わらない。
 やはり、人は未知なるものに対して深く心を動かされる。読むことの楽しみはまさにそこにあるように思う。

 『ビッグコミック』は、創刊から四〇年(1969年2月29日創刊)にわたり、第一級の人気を誇る青年コミック誌である。
 本書はその誕生秘話をその時の編集長小西湧之助を中心にして描いたノンフィクションである。
 小西という、挫折もし成功もおさめた一人の編集者の人物伝としても読めるし、漫画史としても楽しめるが、やはり主役は『ビッグコミック』という、一冊の漫画誌だろう。
 その一冊の漫画誌から、どうしてこのように奥深く幅の広いノンフィクションが書けたかについては理由がある。
 滝田は「あとがき」の中でこんなことを書いている。「私にとっては小説も漫画もまったく同じ読み物であり、ときに芸術であり哲学であり娯楽であり、多くのことを教えてくれる教科書でもあった。そういう目線、視点から、いつか漫画を題材にした本を書いてみたい」(307頁)。
 そういう強い思いがあったからこそ、これほどまでに完成度の高い作品に仕上がったと推測される。

 そして、本作品を臨場感あふれたものにしたもうひとつの要素が、「インタビュー」の力である。
 本書巻末に掲載されている「参考資料」はわずか十三冊にすぎない。
 つまり、本書の魅力は小西を初めとした当時の『ビッグコミック』編集部の面々、漫画家、競合他誌の編集者の発言等によるものだ。
 それをひきだし、構成した滝田の視点の確かさをほめたい。

 副題の「ナマズの意地」とは、「編集部を水の澱んだ沼にたとえ、自分たちは泥沼にひっそりと生息する夜行性のナマズになぞられ、"でも、いつかは世の中を揺り動かすような大ナマズになってやる!”」(72頁)という、『ビッグコミック』のトレードマークであるナマズに込めた小西の思いであるが、おそらくそれは著者滝田の意地でもあったにちがいない。
 読み応え充分な、ビッグなノンフィクションである。

 ◆この書評のこぼれ話はblog「ほん☆たす」で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/17 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/21 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/08 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。