サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法学・法律の通販
  4. 刑法・刑法各論の通販
  5. 新曜社の通販
  6. 貧困という監獄 グローバル化と刑罰国家の到来の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

貧困という監獄 グローバル化と刑罰国家の到来
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7885-1140-8

紙の本

貧困という監獄 グローバル化と刑罰国家の到来

著者 ロイック・ヴァカン (著),森 千香子 (訳),菊池 恵介 (訳)

福祉国家の解体と労働市場の規制緩和。「小さな政府」への転換は、増大する貧困層を管理する厳しい刑罰政策なしには成り立たない。変貌する現代国家の矛盾を、ブルデュー社会学の観点...

もっと見る

貧困という監獄 グローバル化と刑罰国家の到来

2,484(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

福祉国家の解体と労働市場の規制緩和。「小さな政府」への転換は、増大する貧困層を管理する厳しい刑罰政策なしには成り立たない。変貌する現代国家の矛盾を、ブルデュー社会学の観点から鋭く問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロイック・ヴァカン

略歴
〈ロイック・ヴァカン〉1960年フランス生まれ。カリフォルニア大学バークレー校社会学部教授。パリのヨーロッパ社会学研究所研究員を兼任。学術誌『Ethnography』編集長も務める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

失われる人々。

2008/12/25 07:42

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 刑務所といっても。石井輝男監督の『網走番外地』シリーズ、ジャック・ベッケル監督の『穴』、スティーブン・キング原作の『ショーシャンクの空に』などなど、映画では親しんできたが、体験はしないで済んできた。
 しかし、子どもの頃、ニュースで禁固、懲役と耳にするたびに。どう違うのかが分からず、親に聞くのも憚られた。そして上記の映画でも。その辺は分からない。

 つまり、映画・ドラマで描かれる現代の刑務所では(一部の映画、例えば松方弘樹氏・若山富三郎氏主演の、山下耕作監督の秀作『強盗殺人放火囚』(1975年)などを例外として)、教育・訓練風景は描かれることはあっても、懲役=刑務所内の労働は余り描かれてこなかったように思える。

 数年前の深夜、ふとTVで見たピーター・バラカン氏解説の『CBSドキュメント』を見て文字通り、瞠目した。アメリカの民営刑務所のレポートだった。日々、囚人達に十数時間の労働(コンピュータ部品の組み立てなど民間大企業の本格的下請け)が強制される。自らの「滞在」費用を弁済するためノルマが課され、そのノルマを達成できず「家賃」を支払えなくなった囚人は。「滞在」が延長されるのだ、という。

 当たり前、とおっしゃる方もおられるだろう。
 自分の食い扶持を自分で稼ぐのは。
 ましてや「悪いこと」をしたのだから。

 しかし、「貧・病・苦」が犯罪の温床であることは、無視できない事実ではないだろうか。
 例えば、100円相当の盗み。100円分盗むくらい貧しいのだから、それをはるかに上回る罰金が払えるわけもない。当然懲役を選択せざるを得なくなる。そして、そこに民間企業が力こぶを入れて、「囚人のジレンマ」どころか、上記のような競争原理が導入されたら。

 そして、残された家族は。まるで昔の戯れ歌のような展開だ。
 「母も来ました、母も来る、父も来ました、父も来る」

 本書は。アメリカにおける、そんな刑罰政策が、レーガン政権期以降、一貫して、「貧困を刑務所に閉じこめることで解決を図る」本来、学問的にあやうい「学者たち」と互いに協力・利用し合った事実を指摘していく。
 貧困(者)を罪と同一視する政策が、はじめに結論ありきで、政府や民間「企業」からの補助金による「調査」によって「立証」された上で、「政策」として具申され、それが「実現」されていった、背景と過程。
 さらにはその「成功」が、英国を中継点にフランスをはじめ、欧州に影響を及ぼしている現状を、簡潔かつ丁寧に描写、分析した、一冊である。

 斜め読みに耐える、しっかりした日本語で翻訳されている。
 膨大な原注に加え、親切な訳注も巻末に備えられていた。

 40数年前、『革命の中の革命』(晶文社)を目ざし、南米に渡り、自ら「囚人」となった経験を有するレジス・ドブレ氏までもが。欧州の左派、第三の道グループの多くがこの流れに対して、とっている態度には。一体、なんと言ったら。
 旧ソ連:ロシアには。この政策の輸出の必要もあまりなかった旨、本書でも触れられている。

 「貧困」に対しての選択肢としての「兵舎」か「監獄」。

 かつて。『監獄の誕生』の著者、ミシェル・フーコーは「囚人の権利」のための動きに自ら、携わっていた。
 
 そんな彼の営みにも関わる、一冊の書物が、2008年3月、物故された、「もの書き」の本の山の中に、あった。
 当方もまた。今、その山の中に入り込んでいるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/23 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/22 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

刑法・刑法各論 ランキング

刑法・刑法各論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む