サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか (じっぴコンパクト)

著者 関 裕二 (著)

日本書紀は偽書なのか? 古代史の真実を封印した意外な人物とは? 日本書紀にはこんな「カラクリ」があった…。古代史最大のミステリーの闇の部分を読み解く書。〔「日本書紀塗り替...

もっと見る

なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか (じっぴコンパクト)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本書紀は偽書なのか? 古代史の真実を封印した意外な人物とは? 日本書紀にはこんな「カラクリ」があった…。古代史最大のミステリーの闇の部分を読み解く書。〔「日本書紀塗り替えられた古代史の謎」(2005年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どうも白村江の戦いがこの時代を解く鍵だ

2009/10/06 18:38

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 判じ物のような楽しさがある。この著者の推論がすべて正しいとはもちろん思えないが、といって「トンでも本」とも言えないだろう。いくつか強引な推論があったり、言葉遊びのように感じられるところもある。しかし、百済王朝と大和朝廷との関係に関しては、従来の教科書的解釈は納得し難い面があるのは確かで、任那とは何だったのかを含め、さらに研究が求められると思った。
 
 著者の日本書紀に対するスタンスは、一貫して百済王族の藤原氏が、蘇我氏の事績を抹殺するために編纂されたものとして捉えている。そのため、著者は聖徳太子がそのように論議を呼ぶ存在になっているのは、蘇我入鹿の功績を消すために、それを仮託する人物として祭り上げられたからだと考えているようだ(聖徳太子は最近その実在さえ否定する論者がいるが)。さらに、中臣(藤原)鎌足=豊璋と考える。学界ではトンでも論なのだろうが、大和朝廷=任那=百済王朝と考える人もいるくらいなので、簡単には否定できないのではないかと思う。
 
 ただ、著者が言うように聖武天皇(首皇子)が、藤原不比等の策略に気づき、藤原氏を排斥しようとしたのならば、なぜ、日本書紀に代わる記紀の編纂をしなかったのか疑問である。
 
 いずれにしても、日本書紀と古事記の記紀だけに頼って解決するのは難しいと感じる。といって、考古的な資料も豊富とは言えないのが、現状なのであろう。学問としては許されないとしても、いろいろな仮説を試みたり、知る楽しみがこの時代にはある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本書紀

2019/08/11 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

「日本書紀」はなぜ誤った読みかたをされてきたのか、謎解きされている。古代史最大のミステリーなどと書かれていると、とても読みたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/30 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/23 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/12 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/05 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/23 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します古典文学・文学史・作家論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。