サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仏教瞑想論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/12/01
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:20cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-393-13378-1
  • 国内送料無料

紙の本

仏教瞑想論

著者 蓑輪 顕量 (著)

仏教の「瞑想」とは、どのようなものか? その実際と古代インドから現代までの歴史的な展開を描くことで、知られざる瞑想の内実を示し、仏教の「悟り」と「救い」にいたる道を明かす...

もっと見る

仏教瞑想論

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仏教の「瞑想」とは、どのようなものか? その実際と古代インドから現代までの歴史的な展開を描くことで、知られざる瞑想の内実を示し、仏教の「悟り」と「救い」にいたる道を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

蓑輪 顕量

略歴
〈蓑輪顕量〉1960年千葉県生まれ。東京大学文学部卒。博士(文学)。愛知学院大学教授。著書に「中世初期南都戒律復興の研究」「日本の宗教」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サマタとヴィパッサナーの違いとは? 大乗と上座部は相容れないのか?

2009/01/28 11:01

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッピラケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テーラワーダ仏教を勉強していると頻繁に出てくるサマタ瞑想とヴィパッサナー瞑想。この2つがどう違うのか、具体的に、解りやすく、中立の立場から説明してくれる、現時点ではたぶん唯一の本です。
おかげで様々な疑問が解けました。

第一章ではサマタ(止)とヴィパッサナー(観)の違いについて考察しています。

第二章では東アジアの、第三章では日本の大乗仏教の瞑想法を概説し、初期仏教の瞑想法が変化しながらもしっかりと受け継がれていることを示します。

第四章では現代アジアの瞑想(ミャンマー、タイ、中国・台湾、韓国)の様子を紹介しています。

むすびとして、初期仏教で生まれた止と観の瞑想修行は、現代の上座仏教だけではなく大乗仏教にも、形は大きく変えつつも本質的な部分は受け継がれている、と結論しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

瞑想のことが分かりやすい

2016/12/05 11:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴータマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サマタ瞑想とビバシャナ瞑想との共通点相違点がよくわかるようになっている。私自身、座禅会にも行ったことがあるのだが、座禅に「気づき」が取り入れられているとは思わなかった。 座禅の場合無になることが肝心だといわれているのでこれには驚きだ。サマタとビバシャナの気づきの違い、私のとらえ方は、サマタは一転集中、ビバシャナは拡散の集中ということだろう。拡散ということは、さまざまな感覚器官でその瞬間の気付きをとらえていくということだ。対象が明滅すると随所に出てくる。そのことを私は拡散する集中ととらえた。
 東アジアの仏教の瞑想にも触れている。私は、最近東アジアの仏教にも興味が出てきたのでこれはありがたかった。ただこれについては、紹介という程度で深くそのことに触れていることはない。深く学ぼうとすると、ここに出ている本や人物について調べる必要は出てくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代インド仏教から日本仏教諸派までの瞑想修行の考察

2018/01/28 15:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

近年アメリカを中心に普及してきたらしい「マインドフルネス」、
それが「ヴィパッサナー瞑想」が元になっているらしいと以前読んだことがあって、
しかもそれがブッダが行っていた瞑想なのだとも言っていて、
それではその「ヴィパッサナー瞑想」とは、仏教全体の中では、
どのような位置づけになるのだろうか、ということを知りたくて、本書を読んだ。

本書は、「サマタ」すなわち「止」と呼ばれる瞑想と、
「ヴィパッサナー」すなわち「観」と呼ばれる修行の道、
この二つを軸に、インド哲学、インド仏教の瞑想、東アジア、特に中国、
そして日本の諸派の瞑想修行を考察する。

非常に野心的な本だし、読んでいて、目からうろこが落ちるような認識も何度もあった。
文章も、あえて様々な情報を詰め込まず、とてもシンプルな、
いやシンプルすぎて何か物足りないぐらいの記述になっている。
そう、何か分からないけれども、何かが物足りないような感じが、個人的には残ってしまった。
すごい本だとは思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/29 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/27 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/08 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む