サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 消された一家 北九州・連続監禁殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/339p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-136851-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

著者 豊田 正義 (著)

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

637(税込)

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

659 (税込)

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

想像を絶する内容

2016/03/30 17:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクションが好きで他の方の評価も高く購入しました。
残忍な監禁虐待の内容が詳しく書かれて人間がここまで出来るのか?と思ったり、人は愛する家族を洗脳や虐待によって殺すことが出来るのか?とショッキングに描かれています。
特に、子供二人の絞殺されるシーンは胸に詰まる思いで涙が出ました。
主犯の松永死刑囚への憎悪が湧き、無期懲役になった緒方純子には生をもって罪を償ってほしいと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

消された一家感想

2017/08/26 20:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:右ソルデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んで良かったと思う。本当にあったことだと信じられない。
世の中にはこういう人がいて、こういうことが実際に起こると自分に言い聞かす。日本のメディアは、特にテレビは時間帯を選んででも、こういうことを報じた方が良いと思う。皆で共有して、こういう人がいること、こういうことが起きるということを事実と認め、議論して、そのことも含めてもう一度社会のあり方を考えた方が良いと思う。
世の中のハッピーなことや明るいことのみにフォーカスをあて、こういう事実に蓋をし続けると必ずいつか繰り返すと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮絶な犯罪ノンフィクション

2009/08/03 12:19

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱやぴす - この投稿者のレビュー一覧を見る

監禁虐待の末、恐怖感を煽って家族同士に殺し合いをさせて7人の命を奪った犯罪史上類を見ない怪事件。
著者の裁判傍聴や取材や被疑者との面会・手紙の交換などによって全貌を明らかにした本書。

最後まで読み終えても、現実に起きた事件だとは信じがたい異常で恐ろしい事件で衝撃的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮絶

2017/09/29 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでるだけで気分が悪い。
途中で逃げ出すことは出来ると、当初は思っていたが、読み進めるとそれが不可能な状態に陥ってしまう事が何となくわかる。
しかしながら、同じ人間の所業とは思えない。
主犯の過去に問題があったのか、家庭環境なのか、何れにせよ悪魔が育って世間に放たれてしまった。
衝撃的な事件だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いわ!

2018/06/06 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

しんどい、とにかくしんどい、しんどいわ~!そしていかれてる!第3章~第6章がとくにしんどい!読んでて、何度、ウワッとなって,ギャッとなって本から目を背けたか…。通電怖いわ~!こんな事件が実際にあったなんて信じられない。この本読んで、真似して犯罪を犯したら駄目だぞ~。後味、読後感、悪すぎ!ただ、どうしても読みたくなって、読んでてギブアップする方は、あとがきと解説は読んだ方がいいような気がします。あくまで気がするだけね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/07 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/15 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/17 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/25 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/17 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る