サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276217-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯 (講談社文庫)

著者 門田 隆将 (著)

【ミズノスポーツライター賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】

甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯 (講談社文庫)

745(税込)

甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

594(税込)

甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

ポイント :5pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

伝説の名コーチの生き様とプロ野球界の舞台裏を見事に融合したノンフィクション

2015/02/02 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

田口(オリックス)、小久保(ホークス)、高沢(1996年首位打者・ロッテ)、西村(1998年首位打者・ロッテ)など数多くの好打者を育てた名コーチ・高畠導宏氏。30年に渡るプロ野球コーチの経験の後、高校野球の指導者を目指した志半ばで肝臓癌でお亡くなりになられました。高畠氏の壮絶な一生を教え子のプロ野球選手や関係者の証言で辿るノンフィクション。
高畠氏がプロ野球に在籍した1980年代のプロ野球の舞台裏を知るスポーツノンフィクションとして、部下や生徒を指導する指導者の心得を知る本として、様々な人に印象深く残る本だと思います。数多くのプロ野球選手を見てきた高畠氏が語る、伸びる人の共通点とは「1.素直であること、2.几帳面であること、3.準備を怠らないこと、4.好奇心旺盛であること、5.忍耐強いこと、6.気配りができること、7.夢を持ち、高い目標を持ち続けること」です。高畠氏の座右の銘は「覚悟に勝る決断なし」です。一つ一つの言葉に説得力があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/15 08:40

投稿元:ブクログ

プロ野球名打撃コーチにして、50代半ばから高校の教員免許を取得し、高校球児たちを甲子園へ導くことを夢見たひとりの男性のおはなし。
生き様というか、他人への接し方がかっこいいです。怒るでもなく諭すでもなく、ただ見守ることができるのは強さだとつくづく実感。口出ししないで見てるって、互いの信頼があってこその関係だと思います。

2009/01/05 11:07

投稿元:ブクログ

ドラマ「フルスイング」の元となったノンフィクション。
かみしめたいところがたくさんありすぎて、ひとことでまとめられない。折に触れて再読するでしょう。
高畠さんのコーチとしての人柄や指導法にも感銘を受けたけれど、南海ホークスの栄光と没落、パ・リーグの諜報戦のすさまじさなども生々しくてすごい。
ほんとうに、高校の先生としてもっと続けてほしかったと残念な気持ちになると同時に、小久保選手があとがきの最後に記しているひとことに胸をつかれた。
ぜひトライしてほしい。

2009/01/14 01:13

投稿元:ブクログ

1).目次
省略

2).筆者の主張
省略

3).個人的感想
・高畠氏の生涯がよく分かり、物事に対して、一生懸命、一心不乱になる姿勢が感じられに感銘を受けた。
・コーチとして、ほめて伸ばす姿勢というのが勉強になった。
・野球の解説が長く、もう少し野球の内容ではなく野球人と高畠氏の人格的交流の箇所にページを割いてもよいのではないかと思った。
・高校野球の指導者になればどうなったんだろうかと思い大変残念。

2009/01/10 11:02

投稿元:ブクログ

欠点は直らない、無駄な努力
長所を褒め続ければ、欠点も次第となくなる。
・才能とは最後まであきらめないこと。
2割五分の実力しかなくても、あきらめず努力すれば3割になる。
どんなに年をとっても努力し続けろ。
選手と一緒に自分も工場するのだ。

→自分の目指すところと似ている。



2009/06/04 15:16

投稿元:ブクログ

甲子園、自分にとってみれば春高といっしょなんだなとおもいました。やっぱり、全国へ行く思いは大きくて、時に負けそうになったり、悩んだり、ほとんど
同じようなことで悩むんだなと思いました。自分がとても悩んでいるときそうだったなとか、今になってその気持ちが
わかります。全国に行くことへのおおきな不安や期待。それを持つことがいちばん大切だと思いました。これからもバレーを頑張っていきたいと思いました

2010/01/19 17:30

投稿元:ブクログ

甲子園。
それは高校球児が追い求める夢のはるか先の所。
その甲子園にはたった一握りの高校球児が足を踏み入れることができる神聖なる場所。
すごい感動しました。
ぜひおすすめします。

2013/10/14 14:57

投稿元:ブクログ

先輩に紹介されて読んだ本。
しんどい時こそ、信念、氣力。
単純にもっと頑張れというよりは、信念、氣力を大切に考えてれば頑張れる。自分はそんな風に受け取りました。

それから、人への指導論を語っている本でもあります。人にバレーボールを教えるとき、こうやって伝えたほうがいのかな、とヒントを得られたような。

2011/02/04 23:28

投稿元:ブクログ

60歳で突如ガンで亡くなった伝説の打撃コーチの話。凄いヒトがいたもんだと。いくつになっても夢をあきらめない、平凡なことを諦めないで続ければ非凡になる、そして人を褒めて伸ばし、思いやりのあるヒトだったみたい。

2011/01/29 03:07

投稿元:ブクログ

甲子園の話ではなくプロ野球コーチの一生涯を綴ったノンフィクションストーリー。

高校野球を期待していたので、ちょっと残念な内容だったな。
プロ野球好きには面白いかも。


高畠氏の野球にかける熱い思いがよかったので、星2つ。

2017/01/27 22:07

投稿元:ブクログ

高畠さんは、選手時代に輝かしい成績を長きにわたって残したわけではないっぽいのに、ずっとどこかしらのコーチをやっている人。
…この本を読むまではその程度の認識でした。
なのでプロ入団前~現役時代の話は全く知らず、読んでいてただただ驚くばかりでした。
コーチとして長く歩まれたことを思えば「災い転じて福となす」だったのかもしれないけれど、些細なケガの傷口が大きくなりすぎてしまったこと、当時のケア体制の不十分さが本当に悔やまれてならないです。
付随して、私がプロ野球を見始めたころは既にかなりの弱小だった南海の強かった時代のこと、うっすらとしか知らなかった球団ゴタゴタの話も新鮮でした。

アイディアマンと言われただけあって、この本で紹介されている練習法はどれもとても興味深かったです。
かつてスポ紙でも話題になった「●×●×ブラブラ打法」は瞬発的に関心を引くのに最高なネーミングだし、その内容もフィジカル的に理解しやすく(自分は女性なので実感はできないですが)本当に秀逸だなと改めて思いました。

「短所に目をつぶって長所を伸ばす」
言葉にすると簡単でも、指導者という立場ではなかなかできないであろうことをずっと徹底されていたその姿勢に本書で触れ、尊敬の気持ちを抱くとともに夢半ばで早逝されたことが本当に残念で自分のことのように悔しく思いました。

最後の解説文で、教え子の一人である小久保裕紀(当時は現役)が高畠コーチとの想い出を述懐した最後に
「私も遠い将来、高校野球の監督になりたい。高さんの夢と同じように。」と綴っていました。
亡くなられて数年たった後でも「高さんならどう言うだろう、どう答えてくれるだろうか」と考えるそうです。
奇しくも今年、WBC監督として若い才能を率いて世界との戦いに挑む小久保監督。どんな采配になるのか楽しみです。

2011/04/10 16:59

投稿元:ブクログ

すごく、読んでよかった。
前向きに生きてかなきゃ!って、パワーを貰えた気がする。

常に夢をもって向上心のある高畠さんだからこそ
プロ野球選手からも高校生からも、信頼されたんだろうな…


野球好きなひとは
ぜひ一度読んでほしいです。

2009/01/28 02:37

投稿元:ブクログ

日曜日(1/25)から出張で日本に帰国していて、今日の午後、時間があったので八重洲ブックセンターに行って買い、帰りの飛行機の中で読んだ本。2時間くらい八重洲ブックセンターの中をうろうろして、かなりの数の本を買った。本屋の中をうろうろすると時間が経つのがあっという間。2時間くらいだと全く足りない。この本の感想とは全く関係がないけれども。

2011/12/18 22:16

投稿元:ブクログ

プロ野球界の伝説的名コーチのノンフィクション。「人を育てる」ことの本質が書かれている。お堅いコーチ論の本は数あれど、この本は小説のように面白く読めて、しかもコーチングの真髄が体感できる。読むだけで人生励まされるよ

2012/10/12 11:11

投稿元:ブクログ

この物語は高畠導宏という伝説のバッティングコーチとプロ野球の過去から現在に至るまでの物語と人間・高畠導宏の二つのお話です
野球を好きな方には興味深い裏話もあり楽しめますねー
もちろん野球に興味のない方も人間・高畠導宏に惹かれるはずです
自身が子供好きであった、そして人間の成長に少しでも関わり、助けができれば
五十代になり世間では隠居を考え始めるこの歳に高校教師になることを決意します
プロ野球に携わった人間はその後二年間はアマの野球の指導をしてはいけません
剣道部の生徒たち先生たちとの交流などがありさぁこれから・・・・というときに
・・・・・膵臓がんでした
しかし、生前に残した教え、愛弟子たちが彼の夢をかなえることでしょう
最後にホークスの小久保選手の手記があります
『私も近い将来、高校野球の監督になりたい。高さんの夢と同じように』
http://momokeita.blog.fc2.com/blog-entry-197.htmlより