サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 黒革の手帖 改版 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒革の手帖 改版 上(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/377p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-110953-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒革の手帖 改版 上 (新潮文庫)

著者 松本 清張 (著)

7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこん...

もっと見る

黒革の手帖 改版 上 (新潮文庫)

680(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させるのに成功する。次に彼女は、医大専門予備校の理事長橋田を利用するため、その誘いに応じるが…。夜の紳士たちを獲物に、彼女の欲望はさらにひろがってゆく。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

夢と欲にまみれた人生

2001/12/21 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は上官と下巻に分かれています。上巻は或る女の悪巧みの人生から始まります。その女は普通の銀行員の生活を送っていました。

 先日友達と夢について話し合いました。私はスターに生まれ変わって武道館をいっぱいにして盛り上がりたいといいました。友達は政治を裏で動かす大物になりたいといいました。それぞれの夢のあまりの違いに、人の人生、人の夢ってそれぞれおもしろいなあと思ったものです。

 そして、「黒革の手帖」です。銀行員から銀座のママになります。人間の欲って尽きないものです。店を大きくしたい、多くの人の上に立ちたい、お金をたくさん手に入れたい。深くなればなるほど、その先の欲も広がってきます。夢と欲って似てますけど、どこかで全然違ってくるものです。

 どう違ってくるのか、それが知りたい方は下巻へどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼女は夜蝶の如く艶やかに、そして妖しく、欲望の赴くままに自由にあちこち飛び回ります

2011/09/11 02:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが松本清張。このドロドロさ加減、やっぱマネできない。
華やかな夜の街の汚い部分。お金、強欲、愛情、嫉妬、いろんなものが混ざり合った小説でした。
前に米倉涼子でドラマ化された作品(私はドラマは見てない)ですが、おそらく過去にも映像化されたことがあるんではないかと思います。

主人公元子は堅実に銀行勤めをし、顧客の信頼を集めたのち、本性を表す。架空口座の存在を利用して多額のお金を手に入れ、銀行員から一転、夜の銀座に身をおくことになる。
横領金を資本に銀座のママに転身したベテラン女子行員、元子。
彼女は夜蝶の如く艶やかに、そして妖しく、欲望の赴くままに自由にあちこち飛び回ります。彼女の強欲さが醜く思える反面、その貪欲さは女が1人で生きていく過程で必要な武器とも思えました。
女手ひとつで男たちを手玉にとり立ち向かっていくその姿。
例え結末がどうであれ、彼女が着々と事を成しえていく過程は、読んでいて怖いのと爽快なのと、そして感心するのと、とにかく気分が良かったです。
でも、ページが進むごとに、彼女の艶やかさを取り除こうとする得たいの知れない何かが、確実に彼女に差し迫っているようでした。彼女を蝶と例えたなら、彼女を陥れようとするものは蜘蛛でしょうか。
全て彼女が招いた結果とはいえ、最後はあまりにも壮絶でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/29 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/25 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/23 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/30 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/08 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/02 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/29 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/25 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/30 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/01 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/20 03:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/15 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る