サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おテレビ様と日本人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 成甲書房
  • サイズ:20cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88086-241-5

紙の本

おテレビ様と日本人

著者 林 秀彦 (著)

おテレビ様は一億の人口を白痴化しただけではない。日本という社会を白痴化し、その構造を破壊した。「鳩子の海」など多くの名作を世に送ったシナリオ作家が、TVを通じて国家・日本...

もっと見る

おテレビ様と日本人

税込 1,728 16pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おテレビ様は一億の人口を白痴化しただけではない。日本という社会を白痴化し、その構造を破壊した。「鳩子の海」など多くの名作を世に送ったシナリオ作家が、TVを通じて国家・日本人を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もっと柔軟に、ぼちぼちゆっくりと

2009/06/26 14:37

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『鳩子の海』の裏話がでてくる。
 「そのドラマには、それまではテレビドラマのタブーだった主役の離婚問題をはじめ、反戦的主題や、原発の問題など、数々の画期的なテーマが含まれ、かつてない世間的な話題を惹起したと、同局の司会者が解説した。
 そのすべては、私がNHKと血みどろとも言えるほどの戦いの果てに押し通したものだった」。
 そういうNHKの体質が、慰安婦番組の改竄につながるわけだ。なるほど。
 「♪おテレビ様は、千代に八千代に細石の巌となりて、ヒトの猿となるまで」
 「人文は人間の生を願い、理工はその死を願う。
 おテレビ様は、死神の化身なのである。」
 「(日本人には)人間関係がなく、深刻化した人間問題がなく、故に言語がない。故に知性がない」
 「白人から見た黄色人種、なかんずく日本人は、豚の中の豚である。人間のエサは決して与えてはならない。人間のエサとは、何か? 考えることである。思考力である。これだけは絶対に食わせてはならない。多少ビタミンが入っていてもいい。ミネラルも少しは混合しよう。タンパク質もごく少量。だが、思考力は絶対ダメだ。そんなエサがあるか?ある。テレビだ。
 百年先のために」。
 ご指摘は御もっともなれど・・・なんだか自分ひとりだけ闘っていると思いこんでいらっしゃるようで・・・人間関係、確かに全体的に薄くはなっているのでしょうけれど、決してひとりではないよ。広げていきましょうよ。そのためにも、もうちょっと親切・丁寧であってほしいなぁ。
 特に提案がない分、ざっと読めてしまうけれども、やけに疲れる本でもありました。多分決め付けが多すぎるからだと思います。
 チャップリンの映画についてもなかなか手厳しい。「チャップリンの表現した庶民性は、高貴さの対極にあるもの」ですかぁ。確かに人物描写は平板かもしれないけれど・・・彼は、自分を“嗤って”いる。決してテレビによくある人を馬鹿にした“嗤い”ではない。それが人間の存在を愛しく思わせるのだと思うよ。だから、私はチャップリンの映画は好きなのだ。
 これだけテレビを批判できるというのは、著者もテレビを見ているな、とは思うけれど、
 「テレビはあなたの脳を退化させる、」のは確か。そして、ウフッ
 「少なくともこの本は、今晩のどのテレビ番組よりは、ましである」。そのとおりであります。
 最後にプレスリーの歌が載っていました。夢を見るのはいいけれど、夢を実現させるには、柔軟に、そして先ずは一歩から、ぼちぼちと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/21 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。