サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0926)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 695件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/02/25
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-428104-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫 Sakuraba Kazuki Collection)

著者 桜庭 一樹 (著)

その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、...

もっと見る

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫 Sakuraba Kazuki Collection)

税込 616 5pt

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

税込 506 4pt

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日—。直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。【「BOOK」データベースの商品解説】

ある午後、あたしはひたすら山を登っていた。そこにあるはずの、あってほしくない「あるもの」に出逢うために――子供という絶望の季節を生き延びようとあがく魂を描く、直木賞作家の初期傑作。【商品解説】

著者紹介

桜庭 一樹

略歴
2000年デビュー。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞受賞。08年『私の男』で第138回直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

直木賞作家・桜庭一樹...

ジュンク堂書店千日前店さん

直木賞作家・桜庭一樹さんの、そのきっかけとなった一冊ではないかと思います。

冒頭。
私たちはそこで残酷な「結果」を目にすることになるでしょう。

描かれるのは、ふたりの少女の過酷な闘い。

ふたりの少女が出会い、自らを取り巻く社会/世界/現実に対して生き抜くために抗い、そして残酷な「結果」へと至る。

子供達が、子供であるが故に撃つしかなかった「弾丸」。
大人達が、大人であるが故に撃つことが出来なかった「弾丸」。
2種類の異なる「弾丸」は、そのまま子供達の「無力さ」となり、大人達の「後悔」となる。

暗い作品かも知れません。
でも、陰鬱な作品ではないと思います。

何故なら「結果」は「結末」ではないから。

遺されたひとりが「結果」を受け止めて向かう「結末」は、悲痛で、しかし力強い。

(卯)

みんなのレビュー695件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

それが例え『砂糖菓子の弾丸』だとしても

2011/01/10 20:37

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

胸がギューッと締め付けられる、切なすぎる位の物語。二百ページ余りの内容に、
これでもかと言うほどの切なさが詰まっているのだ。最初のページをめくる。

唐突に新聞記事が飛び込んで来る。しかも中二の少女、その名も奇妙な海野藻屑さんの
バラバラ遺体が発見され、それを発見したのが、同じ中学に通う同級生であることが判明する。

この驚愕の事実に、大いに刺激され、何があったのだろう?とページをめくる手が速くなった。
転校生、海野藻屑が、あたしこと、山田なぎさ、のクラスに乱入してきたのは

その年の九月の多分三日とか四日とかそれぐらいの時期。藻屑は、その町出身の歌手、
海野雅愛(まさちか)の娘であるのに、それは違うと言い張り、自分(ぼく)は人魚なんです。と宣言し、

『どんなにか人間が愚かか、生きる価値がないか、みんな死んじゃえばいいか、教えて下さい。
ではよろしくお願いします。ぺこり』なぞと宣戦布告とも取れるような挑発的文言をひねり出すのだ。

しかも、でかいペットボトルをぽちゃぽちゃ言わせながら、おかしな足の引きずり方をして歩く。
唯、山田なぎさだけが見てしまった、藻屑のスカートの中の足には、赤に緑の拳大の痣が残されていた。

見られた事に気付いた藻屑は、なぎさに向けて『死んじゃえ』と呟く。藻屑は貴族。
生きることに直接関係ない、腹の足しにならない砂糖菓子を撃ち続けていた。

なぎさは、それに反し、生き延びる為に必要な実弾ばかり探し生きて来た。
この正反対な二人が、実は互いに必要なものを補いあう様に、友情を育んで行くのが、なんとも言えず切ない。

読み返すと、藻屑はなぎさに、必死のSOSサインを出し続けているのが分かる。
その事に真っ先に気付いたのが、引きこもりを続けている、山田なぎさの兄友彦だったのも印象深く感じた。

友彦が指摘した、藻屑の『砂糖菓子の弾丸』転校して来たその日から『十年に一度の大嵐が来るまでに…』
そう言い続けた一か月の時間。山田なぎさの飼育係を手伝ったかと思えば、

なぎさを困らせるような事をしでかしたり…。その間には、何故だか父の代わりに、
ゴールドカードを使用して鉈を購入し、引きずりながら、家まで持ち帰ったりして。

しかもそれは猟奇的な精神状態に陥っている父親の、海野雅愛の手により、異常な行為が巻き起こされる、
という悲惨な結果をもたらしてしまう事となるのだ。海野藻屑が生きた証が例え『砂糖菓子の弾丸』

だったとしても、そこには全力で生き延びようとした少女、
海野藻屑の数奇な人生の全てが刻印されている。全力で受け止めて欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

砂糖菓子の弾丸で戦ったかつての子供たちへ そして今も戦い続けている子供たちへ

2011/12/22 04:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない。ふっと聞いて、ああ、そうだよね。砂糖菓子だもんね、と思う。じゃあ、いったいなんで、そんな役にも立たない砂糖菓子で弾丸を撃とうとするのだろう?そして、誰に向かって撃ってるのだろう?
 タイトルで読者の心にいくつかのひっかかりを残した本書は、冒頭で更なる衝撃を届けてくれる。海野藻屑という何とも奇妙な名前の少女がバラバラ死体で発見されたニュースが伝えられるのだ。そこから物語は過去に遡り、藻屑が発見者である山田なぎさと出逢ってから物言わぬ死体となるまでが、時系列に沿って描かれる。
 少女が死ぬまでの経緯なんて見ていたくないし、知りたくもない。ぷいと横を向いてしまいたくなったが、海野藻屑がなぎさの学校に転校してきた時に行った自己紹介で、またもや顔を戻すこととなった。足を引きずり、ペットボトルの水をひっきりなしにごくごくと飲む藻屑は自らを人魚と称してこう言うのだ。
 「人間は愚かでお調子者で寿命も短くてじつにばかみたいな生物だと波の噂に聞いたのできちゃいました。みなさん、どうか(p13)」「どんなにか人間が愚かか、生きる価値がないか、みんな死んじゃえばいいか、教えて下さい。ではよろしくお願いします。(p13)」
どこかおかしいのか?それともまともに言ってるのか?砂糖菓子とは逆に、実弾を撃ちたいなぎさ(主人公)の視点で描かれる藻屑の印象は、この「正気」と「狂気」の間を揺れ動く。藻屑の家の事情が明らかになるにつれて、この振れ幅はますます大きくなる。狂っているのは一体誰なのか?「体の見えない所に傷があり、まともに歩けず、虚実をとりまぜた形で語る藻屑」というキャラクターに一方で惹きつけられ、かつ彼女の放つ砂糖菓子の弾丸を受け止めながら、私達はあらかじめ提示された悲劇へと、時折挿入されるなぎさと兄の登山よりも前へ、前へとぐいぐい引っ張られてゆく。
 「親の庇護のもとで育たなければならないし、親を選べない」思春期真っ只中の読者はもとより、かつて「心許ない、威力の少ない銃に詰めてぽこぽこ撃ち続けてい」た世代まで、幅広い読者層を獲得する作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジャンルを越えた面白さ

2020/01/16 18:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:im - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部ネタバレ含みます。物語の大筋はヘビーな内容ですが、かなり読みやすい文体です。主人公たちの子どもであるがゆえの純粋さや残酷さ、無力さが痛くて苦しかったです。タイトルの「砂糖菓子の弾丸」のような独特の表現が多くあり面白かったですが、その意味を理解したときまた苦しくなりました。
印象的な台詞もいくつかあり、なかでも、好きって絶望だよね という台詞が頭から離れません。軽い恋愛的な意味ではなく、この台詞が深刻な意味をもって、なおかつさらっと出てくるのがぞっとしました。
本の後ろのあらすじを見ると青春文学と書いてありましたが、ミステリの要素もあり、ジャンルを越えた面白さがありました。読み終わったあと誰かに薦めたくなる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ミステリーではないが引き込まれる

2020/07/21 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーだと認識して読みましたが、これはミステリーではありませんね。ただし、物語にはドンドン引き込まれ、あっと言う間に読み終えてました。とても面白い、が、最後が何とも痛ましい。哀れを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙のイラスト綺麗

2020/04/18 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯰江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

GOSICKの桜庭さん作品ということで購入。
タイトルと違いかなり影のあるストーリでしたが、著者特有の可愛らしい語り口のおかげで読みやすかったです。
結末の好みは分かれると思いますが、個人的には青春っぽい清々しい最後だったと思いました。長さも丁度良く気軽に読めて良いなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に重く切なく残る存在感

2019/09/30 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:巨峰の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

親によって生活を歪められている三人のこどもが、必死で生き抜こうともがく姿を捉えた作品。
藻屑の父の一言に嗚咽を漏らした。不気味な狂気と圧倒的な無力感を突きつけられ、溢れる涙をそのままに怒りで頁を睨んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

虐待もの

2018/05/31 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜庭一樹の中でいちばん好きかもしれない。
(といっても、それほど読んでないのだけど)
虐待を問う作品として読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一ページ目は読まずに

2017/11/16 19:05

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テンダーレイン - この投稿者のレビュー一覧を見る

何年か前に読んで、こないだまた読んで、やっぱりこの少女への愛おしさには変わりないと思って、プレゼントでまた買いました。一ページ目は読まずに始めるのがおすすめです。ちょっと作者の意図とは違うのかもしれませんが。
 私の読んだ小説の中では、最高水準の一冊です。読後のいたたまれなさは、知らぬ間に主人公たちにはまり込んでいた証拠です。こりほどの無力感を感じた本も珍しいものです。
 また誰かにプレゼントしようと思います。一ページ目は読まずに始めるのがおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

久しぶりにびっくり

2017/06/04 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

後書きに、発売直後はあまり売れなかったが、全国の書店から一冊、二冊と注文が入るようになり、返品されなかった、とあった。分かる、そんな感じ。この本を読んで、少しでも何か一つ、小さな行動を起こして欲しいという、作者の願いが感じられた。娯楽性、意外性、スピード感。その全ても兼ね備えている。「君の腎臓を食べたい」に何となく感じが似ているので、好きだった方は本作も是非どうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心に沁みる話でした

2016/11/09 19:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽえよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

某オススメライトノベル紹介のサイトを見て、唯一聞いたことのないレーベルから出ていたのがこの本でした。いざ読んでみると、主人公の中学生らしさが上手く表現された文体であり、けれどどこか非現実的な、不思議な文体でもあると思いました。物語はとても悲しくて、これは「なぎさ」の人生のほんの1分にも満たないような間の出来事だったのだろうと思うと同時に、最後の独白にもあるように、彼女の中に溶けきらない「砂糖菓子の弾丸」の欠片を残し続ける、忘れられない出来事なのだろうと思います。登場人物も皆繊細で美しく…とにかくとてもお気に入りの本となりましたので、漫画版も読んでみようと思います。素敵な話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない

2016/11/05 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずか - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく切ない。展開に意外性があるか、と言われればそうでは無いが、意外性が無いからこそ内面がすごく見えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女たちの精一杯の戦い方

2015/08/16 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここに出てくる少女たちは変わっている。
ただただ生きていくうえで必要な『実弾』のみに目を向けるようになった主人公。
自分は人魚だといい、奇怪な行動ばかりをおこす転校生。
そんな二人の出会いから物語が始まる。

だが読み進めていくうちに彼女たちの奇怪さは、彼女たちなりの精一杯の生き様、戦い方なんだというのが見えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/04 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。