サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011699-6
文庫

紙の本

ヘミングウェイごっこ (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ジョー・ホールドマン (著),大森 望 (訳)

ジョン・ベアドはヘミングウェイが専門の大学教員。とあるバーで論文を執筆中、ある男からヘミングウェイの原稿の贋作づくりを持ちかけられる。これまでも成功した贋作事件の例はある...

もっと見る

ヘミングウェイごっこ (ハヤカワ文庫 SF)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ジョン・ベアドはヘミングウェイが専門の大学教員。とあるバーで論文を執筆中、ある男からヘミングウェイの原稿の贋作づくりを持ちかけられる。これまでも成功した贋作事件の例はある。一攫千金も夢ではない!いつしか贋作づくりに熱中しタイプライターを打つベアドの前に、なんとヘミングウェイその人が現われたことから、事態は思いもかけぬ方向へと…ヒューゴー&ネビュラ両賞受賞の中篇を長篇化した異色時間SF。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ヒューゴー賞ノヴェラ部門(1991年)】【ネビュラ賞ノヴェラ部門(1991年)】【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

贋作をテーマにしたSFなんですが、それがヘミングウェイの小説の偽物、っていうのがちょっとね、日本人には分かりかねます。ま、陶器の偽物を外人が理解できない、っていうのの裏返しみたいなものなんでしょう。でも、魅力的な女性はでてくるし、辻褄はなんとなく合うし・・・

2009/07/16 19:41

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF読みでない私にとって、ジョー・ホールドマンといえばガチガチのハード・SFの雄、っていうことになります。ま、『終りなき戦い』も『終わりなき平和』も読んでいないし、他の書名も簡単に思い浮かばない状況です。そんな私が久し振りに手にしたのがネビュラ賞、ティプトリー賞を受賞した『擬態―カムフラージュ―』、これが滅法面白かった。

ま、SFをエイリアンが出てくるお話、と定義すれば確かにSFなんですが、私はどちらかというと恋愛小説として読みました。充分に楽しんだ上で、ジャンル分けなんで読者にとって目安に過ぎないし、むしろそれに拘るとこんなに面白いお話を読み逃すことになる、なんて思ったものです。

で、『ヘミングウェイごっこ』。『擬態―カムフラージュ―』というタイトルとホールドマンは簡単に結びつきましたが、今回は??? でした。カバー後の案内を読んでみても、最後のほうを読まない限り、あくまで冒険小説風の趣です。ホールドマンがハードSFと袂を分かって境界侵犯型の小説つくりに邁進? それはこちらも歓迎なんですけど、なにせヘミングウェイ、殆ど読んでないし・・・

っていうか全然読んだことがありません。映画だって見たことがない。辛うじて鹿島茂『パリの異邦人』のなかで出会っていますが、あとは名前のみ知る存在。いやはや、てっきり新潮文庫の短篇集を読んだと思っていたのに、メモがでてこないっていうことは読んでないんですね。ま、あまり好きじゃないタイプではあるんです、教科書作家っていうのが・・・

でも、贋作がテーマらしい。ま、本当はカバーにもあるように時間テーマものナンですが、取りあえずは贋作。っていうことはミステリでしょ、やっぱ。『擬態』であれほどのストーリーテリングの技を披露してくれたホールドマンですから、期待できるはず、そう思います。ましてヒューゴー&ネビュラ両賞受賞の中篇を長篇したもの、というから血筋がいい。

ちょっとSF臭が気になる Cover Design & Photo Complex=岩郷重力+WONDER WORKZ。、カバー写真提供=Phil Ashley/Getty Imagesです。ついでに既に何度か触れたカバー後の案内は

ジョン・ベアドはヘミングウェイが
専門の大学教員。とあるバーで
論文を執筆中、ある男からヘミン
グウェイの原稿の贋作づくりを持
ちかけられる。これまでも成功し
た贋作事件の例はある。一攫千金
も夢ではない! いつしか贋作づ
くりに熱中しタイプライターを打
つベアドの前に、なんとヘミング
ウェイその人が現われたことから、
事態は思いもかけぬ方向へと……
ヒューゴー&ネビュラ両賞受賞の
中篇を長篇化した異色時間SF!

で、構成としては本文30章に、あとがき、訳者あとがき(大森望)ということになっています。お話の舞台は1996年です。ヘミングウェイの初期作品が「盗まれたのは七十四年前。一九二二年の十二月だ。」っていうことから、それが分かります。

主人公はジョン・ベアド、52歳。ヘミングウェイが専門の英文学者で、ボストンの大学教員です。妻とは17の年の差がある、っていうあたりはいかにもアメリカです。で、リナなというのがジョンの妻で35歳。モデル体型の美女です。で、この二人を贋作に巻き込むのがシルヴェスター・キャッスルメイン、コンサルタント業者ということになっていますが、実は詐欺師で、逮捕暦があります。

ま、ここからは価値観の問題があるんですが、彼が持ちかけるのはヘミングウェイの原稿の贋作づくりなんです。アメリカのことですから、肉筆原稿ならぬオリジナル・タイプライターで打たれた原稿であればいい。ま、そんなものをわざわざ作ってどれほどの値がつくのか、なんて思いはします。たとえそれが失われたといわれる幻の作品であったとしても。

例えば、日本で三島由紀夫の若書きの作品が見つかったりしますが、あれだって原稿自体の価値、ってかなりわかりにくい。文学作品っていうのは、やはり物理的な原稿という存在ではなくて、文字によって紡ぎだされるお話自体に価値があるわけですから。とはいえ、有名人の遺品にとてつもない値がつくかの国のことですから、かなり価値があるんでしょう、オークション的なそれが。

で、逡巡の末にジョンは贋作制作に取り掛かります。まずは1921年型のコロナ・ポータブルタイプライター探し。ヘミングウェイの使ったものズバリではなくてもその時代のものが見つかれば最初の一歩は踏み出せます。あとはオリジナルに近い活字のついたキーを見つけ出して組み合わせれば、充分。あとは当時の紙を探して、インクを見つけてとなります。

ま、ここらへんからいかにも贋作ミステリ風になってきて、絵画の贋作と似たような経過を辿っていきます。ただし、ここで大変なことが起きます。ヘミングウェイその人があらわれて、次に彼女に心動かされない男はいない、といってもいい完璧な美貌と体型、プロ意識をもった知的な娼婦パンジーも登場して・・・

確かに時間SFであることは間違いないのですが、やはり面白いのは贋作にまつわるミステリ的な部分と、ジョンをめぐる女性の話ではないでしょうか。私は、これを『擬態』同様、恋愛小説として楽しみました。特に、娼婦である美女パンジーが登場してからは、サスペンスも、恋愛も一気に盛り上がります。

今までにも何度か、いい意味で映画にしたら面白いだろうなあ、なんて思う作品に出会いましたが、これなんかもピッタリでしょう。しかも、時間の問題が絡まなければ、絶対に終らない話なので、そういう意味では確かにSFではあるのです。でも、それ以外の部分も圧倒的に面白い。文庫オリジナル、っていうのは読者にとってはありがたいのですが、ハードカバーで出てもおかしくない作品、そう思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コン・ゲームと並行世界。

2010/05/26 00:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジョー・ホールドマンはですね、前作の「擬態 カモフラージュ」が
SFとしてはちょっとベタなメタモルフォーゼものと冒険小説の要素を
程よくブレンドした感じでとても面白かったのでまたもや、読んでみました。
 
 今回もジャンル分けが難しいSFです。
大学でヘミングウェイを研究しているジョン・ベアドは、バーで知り合ったキャッスルと意気投合。
 ヘミングウェイの鉄道の駅で失われたといわれている原稿を贋作し
一儲けをたくらみます。
 しかし、、、、。

 ここまでだと、ちょっとしたコンゲームだと思うでしょうが、ネタバレでかけないけど、
後半になると、全然ちがった展開をみせます。
 贋作の制作ということで、作家の思考や、作品世界に入り込むというか、
あまりにも深入りすることで、トリップにも似た幻覚症状で
並行世界にトリップしてしまいます。
 そして、小説としては、思いもよらない展開に、、。
まぁ、ジャンルわけすると、並行世界もののSFでしょうが、
ちょっとちがう感じ、メタフィクションの要素もあります。

 本書内でヘミングウェイの使用したタイプライターにも拘るように、
本書でも、実は訳者の大森さんは、贋作パートで色々懲りたかったみたいですが、
翻訳版としてはフォントを変える程度であんまり成功していません。
 英語版から、画像として掲載されているキーの欠け、あがり方、ズレまで完璧なまで再現された
タイプライターの原稿が見物かなぁ?この辺、キングのミザリーでもありました。

 ジャンルわけしにくいちょっと変わった小説なので、
変わったものを読みたい人向けですね、、。
 正当なSFではないです。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/20 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/11 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/10 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/07 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/04 03:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/14 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/17 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/16 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/06 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/17 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。