サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

学問のすすめ 現代語訳(ちくま新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 320件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06470-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

著者 福澤 諭吉 (著),齋藤 孝 (訳)

近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉の「学問のすすめ」。その歯切れのよい原書のリズムをいかしつつ、文語を口語に移した現代語訳。現代にいかすためのポイントを押さえた解説つき。...

もっと見る

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

886(税込)

現代語訳 学問のすすめ

756 (税込)

現代語訳 学問のすすめ

ポイント :7pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「学問のすすめ 現代語訳」が含まれるセット商品

思考力を鍛える、高校生のための教養新書 (ちくま新書) 15巻セット

思考力を鍛える、高校生のための教養新書 (ちくま新書) 15巻セット

  • 税込価格:12,614116pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉の「学問のすすめ」。その歯切れのよい原書のリズムをいかしつつ、文語を口語に移した現代語訳。現代にいかすためのポイントを押さえた解説つき。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福澤 諭吉

略歴
〈福澤諭吉〉1835〜1901年。中津藩士、著述家、教育者、啓蒙思想家、『時事新報』の発行人。慶應義塾の創設に力を尽くした。著書に「西洋事情」「文明論之概略」「通俗民権論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー320件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

題名に反して、内容は手厳しい

2011/08/15 18:34

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ma'z - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでこの本の特集が組まれていたので、それを機に読んでみました。
原書自体が何分割かされているので、それぞれ内容が独立しており、途中の章からつまみ読みすることも出来ます。
また、訳文が読みやすいこともあり、読むのがそれほど苦になりません。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず…」で有名なフレーズで始まるこの本ですが、内容は学問を学んでいかないと世の中生き残れない、お上にべったり頼り切ることなく対等の関係でものを言わなくてはならないなどシビアな内容です。

今の世の中、ゆとり教育見直しなどで教育の在り方が見直されている一方で、勉強の出来ない大学生等が言われて久しいですが、学ぶことの意義を見直すという意味では読むに値する本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そもそものすすめ

2009/04/23 11:43

12人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simplegg - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は,読んだことのない人でも1度は聞いたことがあるであろう
福沢諭吉の代表作の現代語訳バージョンです.読みやすくてよかったのですが,この本の内容なら難しいことは書かれていないですし,古典の雰囲気を味わう意味でも原書を読んでもいい気がします.

さて,本書の帯には「最高の生き方指導書」と書かれていますが,
決してそんな大げさなものではありません.人生論を書いた本は世の中にあまたあり,その大抵が至極全うなことを書いていることを鑑みれば,想像はつくでしょう.この本も,そもそもと論理的に考え,正論を述べるものです.ただし,世の中は正論で動いているわけではないですし,しばしば,意味不明の議論が行われることがありますので,この本を読んで,そっかと気づくところはあると思います.

また,普段の生活に忙殺されて,思考停止状態に陥り,そもそもと考えを巡らす機会が減ってしまうこともあります.そういった意味で,こういう至極全うな人生論をたまに手をとって読むことが大事であり,欲してしまうのでしょう.

本書を読んで少し思い当たったのは,日本の世の中は,政治を育てないなぁ,という感じでした.本書では,国民の役割ということで,「国民の代表として政府を立てるからには,責任を持って国との約束を果たし,不都合があれば,政府にその旨を説いて,静かにその法を改めさせるべきである」という趣旨のことが書かれています.
しかし,現状をみれば,国民は政府を代表として立てたとことは忘れ,メディアの流す情報は,本質ではないことばかり取り上げ,不当な暴力に近いと思います.

別に日本の政治が本当はすごいんだと思っているわけではないのです.結構ボロボロだと思いますが,責任も持たなければ,信頼もしない,そんな雰囲気の中,良い政治が育つとは思いません.

最近の千葉県知事選挙後に出た森田知事のお金の問題.それが良いか悪いかは別として,またかよと思いました.何であのタイミングだったのか.人の足を引っ張ることばかり,少しは長い目で見て,任せてみようという雰囲気に世の中が変わらない限りだめだろうなと思います.

それは,政府に限らず,あらゆる組織でそういうことが言えると思うのですが,若手なり,人材が伸びる組織では,そういう雰囲気が作れているはずなんですがね.ただ,組織作りは難しいよなと最近実感しております.

話はそれましたが,そもそもと考えると色々見えてきます.もちろん,それが口だけになることは避けたいですが….この本は,「そもそものすすめ」とタイトルを変えても良いくらい,そもそもと考えるための良い指南書だと思います.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでいそうで読んでいなかった本

2015/02/06 22:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しいたけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルだけは知っていても、何が書かれていると問われると答えられない有名な書物「学問のすすめ」を現代語訳したもので、文語調の文書が読みにくいと思う人にもおすすめである。著者は、ごまかして取り繕ってことを進めるより、正々堂々と規則が間違っていることを主張すべきあるとしている。第6編の外国人講師を文学・科学の講師として採用することができなかったことによく表れていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが名著

2016/05/12 22:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで読んだことがなく、福沢諭吉さんは慶応大学を作ったイメージしかなかったのですが、あの時代にこれほど先のことを考えられているとは。
今でも読むべきと感じる人は多いし、天は人の上に人を作らず~、の文言を勘違いしている人は多いのではないでしょうか。※ただし、学問をする者に限る※が後に続きます。
現代語訳で読みやすいので、中学生や高校生からでも一読することをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今の時代だからこそ

2016/01/10 00:07

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Riri - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な法改正で日本の行く末が気になり!福沢諭吉に聞いてみることに。日本の変化の時だからこそ、心に響く様々な言葉や考え方に、癒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代に通づる

2016/05/16 07:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんしん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は明治時代に書かれた本ですが、その中身は現代の様子となんら変わりありません。コンプライアンスや女性活躍など現代に受け継がれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/11 00:20

投稿元:ブクログ

読んで良かった。でも現代語で無ければとても読めなかった。
格差是正とか言ってる人にこそ、是非目を通してほしいと思う。
「人の上に人を~」はなんでもかんでも平等と言っているのではない。同じ人間なんだから、誰かにコントロールされて生きていてはいけない。誰かに自分を委ねて生きていてはいけない。勉強をして、人のためになることをして、文明の発展に貢献すべきだと言っている。国任せでないけない。ただご飯を食べているだけでは動物と変わらないと主張する。
全てに納得できる訳ではないにしても、平等という意味を勘違いしてはいけないと考えさせられた。

2012/10/30 00:55

投稿元:ブクログ

超有名書籍といっていい、福沢諭吉のベストセラー。
斎藤孝氏が口語訳してくれているので、非常に読みやすくなっております。

内容としては、特に学問に限ったことじゃなくて、むしろ自己啓発本の一種。
取り上げられるテーマはわりと抽象的なことが多いんだけど、とにかくこれでもかこれでもかといわんばかりに具体例を挙げてくれるので、非常に読みやすい。
しかもちょいちょいいろんなものをdisるので、楽しく読める。
実際こんなよくできた人間だったら、人生をイキイキと過ごせるんじゃないかしら…

妬み嫉みはよろしくないのだ!(`・ω・´)

2011/06/03 16:38

投稿元:ブクログ

税金を国民から預かって、国民に雇われて国民の為に仕事をしてる てコトを本当の意味で理解してくれているのかと不安。 国民の為にお仕事してるはずの人たちに読んで欲しい。

2009/12/01 10:19

投稿元:ブクログ

この本、「学問のすすめ」というタイトルが冠されているために、不勉強な KiKi は学生向きの勉学の推奨本なのかなぁ・・・・と勝手に思い込んでいました。  で、大学生の頃、一度だけ岩波文庫に収録されている文語調の「学問のススメ」を手にとってみたこともあるのですが、英文科の学生だった KiKi にとって英語以上に外国語に思えてしまい(^^;)、結果的に読了することができませんでした。  文語調って格調が高すぎて当時の KiKi にとって(ひょっとすると今も?)は敷居が高すぎたんですよね~。  でも、KiKi が矛盾していたのは英文科で「シェイクスピア」なんかは結構読んでいて、日本語の古い言葉は敬遠していたのに、古英語にはチャレンジしていたのは何だったんだろう?(笑)

ま、それはさておき、実際に今回この「現代語訳 学問のすすめ」を読んでみて思ったのは、これって決して学生向きの勉学推奨本な~んていう類の本ではないなぁ・・・・と。  まあ、読み進めていく中で「読み易く」はあったんだけど、正直なところあまりにも表現がくだけていて(ふざけているということではなく、現代風にかみくだいてあって)、どこまで原典に忠実なんだろうか?という疑問は持ったものの、「気概」を持って生きるとはどういうことか とか 物事の「筋」を見極めるためには学問(勉強のための勉強ではない真の学問)が必要である とか、現代にも通じる様々な問題提起がなされているのがとても新鮮であるのと同時に、これを書かれたのがいまだサムライ精神が死に絶えていなかった明治初期であることに強烈な驚きを感じました。

(全文はブログにて)

2011/09/01 19:19

投稿元:ブクログ

NHKのドラマ「坂の上の雲」で阿部寛演じる秋山好古の愛読書が「学問のすすめ」というシーンがあり、「そう言えば、『学問のすすめ』ってどんな内容なんだろう?」と気になるようになりました。

「学問のすすめ」と言えば、冒頭の「天は人の上に人を造らず…」が有名ですが、どういう内容なのかは全く知らなかったんですよね。

そんな風に思ってた時に、たまたま本屋さんでこの本を見つけ(こういう偶然よくあるんですよ^^;)即買いしました。

でも、しばらくは積読状態でなかなか読まなかったんですが。

読み始めてみるとめちゃめちゃオモシロイ!
斎藤さんの現代訳のわかりやすさもあるんだと思いますが、予想してたほど固い内容ではなく、すぅ~っと入り込んできました。

それほど古臭さもなく今の時代でも通用する考え…というか、今の時代にこそ読むべき本ではないかと思ったり。

福澤さん、ちょっと辛口で厳しいことも言ってはいるんですが、それも嫌味がなく、逆に気持ちいいくらい。


ビジネス書でもあり自己啓発書でもある1冊なので、何度も読み返したくなる本です。

斎藤さんの解説を読んでから、本文を読むってのもいいかなぁ。と思いました。

福澤さんが1万円札になる理由が初めてわかりました。
福澤さん、スゴイ!

2010/10/08 16:53

投稿元:ブクログ

口語訳でとっても読みやすいです。
今の時代でも、まったく色あせない。
本棚において、たまに読み直したい。

2011/01/05 15:26

投稿元:ブクログ

一万円札の人、福沢諭吉の著作です。

41歳まで読まなかった自分を悔やむ。

いや、

死ぬ前に読むことができてよかった!
(前向き)

国家との向き合い方など考えさせられる内容です。
公務員の人、公務員と仕事をする機会のある人に
特に読むことを薦めたい。

日本を作るのは今からだ!

【2013.5.3追記】

自分の強みを探そう! 的なワークショップとかたくさんありますよね。自分の内なる可能性に目を向けることはとても大切ですし、いくつになても取り組み続けたいテーマでもありますが、同時に「外」にも目を向けることができると更にいいことがありそうな、なさそうな。

日本の良さや日本人の強みを誇らしく明らかにすると同時に、日本や日本人以外のそれにもきちんを目を向けている、なんというか視座の高さに唸らされました。何度も手に取りたい。

2009/10/26 13:56

投稿元:ブクログ

現代では当たり前と思える話が多いが、これを明治初期に書いたと考えるとものすごい先進的なんだと思う。一方で、国家に対する個人の独立については、なるほどと思う点があり、現在でも日本人は独立できていないのではと思える。

2009/04/07 12:13

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/simplegg/archives/65202101.html

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む