サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポルトガルの四月
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/404p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209004-1

紙の本

ポルトガルの四月 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者 浅暮 三文 (著)

気がかりな夢から、頭痛とともに目覚めると、男は記憶を失っていた。そばには炎上するバスと見慣れない少年。さらにそこは言葉の通じない外国だった。俺はここでなにをしようとしてい...

もっと見る

ポルトガルの四月 (ハヤカワ・ミステリワールド)

1,944(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気がかりな夢から、頭痛とともに目覚めると、男は記憶を失っていた。そばには炎上するバスと見慣れない少年。さらにそこは言葉の通じない外国だった。俺はここでなにをしようとしていたのだろう?少年とともにヨーロッパをさまよいながら、男は徐々に自分の過去と犯罪を思い出してゆく。どういうわけか、くさい食べ物を食うと記憶が蘇るのだ。味覚と記憶の深淵に切りこむ、奇妙な味のクライムノヴェル。【「BOOK」データベースの商品解説】

目覚めると男は記憶を失っていた。そばには炎上するバスと見慣れない少年。少年とともに、くさい食べ物を求めてヨーロッパをさまよいながら、男は徐々に自分の過去と犯罪を思い出してゆく…。奇妙な味のクライムノヴェル。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅暮 三文

略歴
〈浅暮三文〉1959年兵庫県生まれ。「ダブ(エ)ストン街道」でメフィスト賞受賞。「石の中の蜘蛛」で日本推理作家協会賞受賞。他の著書に「左眼を忘れた男」「針」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

異色、っていう意味でいえばピカイチだとは思うんです。グルメとはちがうゲテモノ食い。でもどこか、というかだから、ユーモラス。でも、こんな子供とはつきあいたくないなあ、なんて思ったりして・・・

2009/07/27 20:57

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

素敵なカバー画です。銅版画? それとも木口木版? 線自体はカチっとしているのにどこか柔らか味があって、それに全体に黄味がかった色合いがなんとも優しい。しかもです、食事から漂う匂いを表現している湯気マーク? の雲のような柔らかなハッチング表現、文句なしです。そんな装画は磯良一。しかもカバー表の題字と著者名のロゴデザイン。もったいないのは背ですね。何の変哲もない活字体、なんじゃカバーのロゴに対するこだわりは・・・そんな装幀は、岩郷重力+WONDER WORKZ。

浅暮三文は、人間の感覚を扱った話を作るのが得意なようで、今回は味覚と嗅覚、あるいは食感がキーです。カバー折り返しの案内は

気がかりな夢から、頭痛とともに目覚
めると、男は記憶を失っていた。そば
には炎上するバスと見慣れない少年。
さらにそこは言葉の通じない外国だっ
た。俺はここでなにをしようとしてい
たのだろう? 少年とともにヨーロッ
パをさまよいながら、男は徐々に自分
の過去と犯罪を思い出してゆく。どう
いうわけか、くさい食べ物を食うと記
憶が蘇るのだ。味覚と記憶の深淵に切
りこむ、奇妙な味のクライムノヴェル。

となっています。章タイトルがメニューみたいになっているので、ここで書いておきましょう。

第 一 章  ブダン(豚の血糊の腸詰)
第 二 章  ボーイ(黒いプードル)
第 三 章  ウセンマウルザラート(牛の顎の軟骨の薄切りサラダ)
第 四 章  ヴィユ・ブローニュ(仏ブーローニュ産チーズ)
第 五 章  ピエ・ド・コション・グリエ(豚足のフライ)
第 六 章  オルトラン(鳴鳥)
第 七 章  スティンキング・ビショップ(英グロースター州産チーズ)
第 八 章  カス・マルズ(伊サルディーニャ島産ペコリーノ・チーズ)
第 九 章  エポワス(仏ブルゴーニュ地方産チーズ)
第 十 章  クリアディリャス(スペイン産牛の睾丸料理)
第十一章 フェイジョアーダ(ポルトガル産豚部位の煮込み)
第十二章 パット・ノ・ツクビー(ブラジル産アヒルの肉のスープ)

恥ずかしながら、一つも食べたことがありません。ま、我が家は豊かではない、というのもありますが、何よりゲテモノがだめ。浪人中の次女なんて、気味悪いと思ったら絶対に手を出しません。長女も、夫もですが私もだめ。以前、夫が業者さんから猪の肉を塊で頂きましたが、もうどうしていいか分からず、結局、友人に差し上げてしまいました。だから珍味の類もお手上げ。

ま、この本を読んで食欲を刺激される、っていう人は珍しいんじゃないか、そう思います。だって、出てくる食べ物全て基本的には刺激が強いものばかり。単に辛いとか酸っぱいとか塩っぽいというのではありません。鼻につんと来たり、胃がでんぐり返りそうになったり、うっと口元まで胃の中のものがせり上がってきたり、そういうものばかりなんです。

ですから、思わず食事したくなるような文が載っている本を期待する向きには薦めません。そういう人には池波正太郎『散歩のとき何か食べたくなって』や『剣客商売』や邱永漢『食は広州に在り』、壇一雄『壇流クッキング』といった、それこそ読んでいるだけで自ら台所に立ちたくなったり、その店に立ち寄りたくなる本を薦めます。それと『B級グルメ』本ね。

閑話休題。繰り返しますが、これは食べものの刺激と記憶を結びつけたお話です。しかも、記憶を取り戻すために必要な食事による刺激は、エスカレートしていきます。はっきり言って、スラプスティックです。ま、作者の狙いもそこにあるんだと思います。笑いを、それも苦い笑いを取ろうとしている。犯罪小説なんですが、伊坂幸太郎の小説がそうであるように、皮肉混じりのそれ。

呵呵大笑とまではいきません。日本のB級映画(海外ではC級扱いだと思いますが)によくあるレベルの笑い、あれを思ってください。食事風景は、結構、グロになると思います。

主人公は塚本昌治、ドイツのフュッセンという街近くで炎上するバスの近くに倒れて記憶を失っていた男、という設定なので名前は正直不明です。気づいた時の所持品は、パスポート、署名のないトラベラーズチェックの束、ユーロの紙幣が若干入った財布、マニュアル車用の国際免許証で、名前は持っていたパスポートに記載されていたもの。川口の鋳物工場で働いていたことだけを覚えています。

ウィミンは、倒れていた塚本昌治を見つけたロマの少年で、何故か塚本の記憶を刺激する日本の硬貨・五円玉を通した細紐を首に下げています。年齢ははっきりしませんが、少年とあるので12,3歳でしょう。日本語を話せます。ヨーロッパの事情に通じ、海を渡ったイギリス以外であれば一応、どこにでも行っているような雰囲気があります。英語はもとより、雰囲気的には数ヶ国語を操れそうです。

記憶を失った男と、記憶を取り戻させていい目を見てやろうと思っている可愛げのない少年、そして男の過去を知っているらしい男たちが、ただただ刺激のあるというだけの珍味を求めてヨーロッパ中を移動します。男の記憶は戻るのでしょうか、そして記憶を取り戻したとして、男は何かを得ることが出来るのでしょうか。

伊坂幸太郎を期待すると、まるで違います。思わずニヤっとすることもありませんし、ああ、あれが伏線だったのか、と膝を打つこともありません。でも、面白い。どこかバタ臭くて、田舎臭くて、おまけに女性が全く絡んできません。げ、よく考えるとホ○小説でもないのに女性抜きで話が展開するなんて、珍しいです。ま、その分、盛り上がりに欠けるっちゃあ欠けるんですが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/22 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/02 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/28 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/11 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/08 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る