サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.1
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • サイズ:21cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8399-2402-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

著者 MIKE COHN (著),安井 力 (訳),角谷 信太郎 (訳)

大規模チームの計画はどうやって立てればいい? イテレーションの長さはどれぐらいにすべき? アジャイルな見積りと計画づくりを支える考え方の本質を整理し、わかりやすく解説する...

もっと見る

アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

3,456(税込)

アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

3,110 (税込)

アジャイルな見積りと計画づくり 価値あるソフトウェアを育てる概念と技法

ポイント :28pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大規模チームの計画はどうやって立てればいい? イテレーションの長さはどれぐらいにすべき? アジャイルな見積りと計画づくりを支える考え方の本質を整理し、わかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 本書で示されるアジ...

ジュンク堂

 本書で示されるアジャイルな(機敏な)もの、それは見積る作業、計画づくりの作業そのものです。製品開発では常に変わりうる状況のもとで柔軟な対応が求められます。アジャイルな過程を経たプロジェクトの真の価値を紹介するのが本書です。アジャイル開発のどこがいいの、という方にはぜひ訳者あとがきをお勧めします。そしてケーススタディを初めに読みましょう。アジャイル宣言、『アジャイルプラクティス』(オーム社)、『アート・オブ・アジャイルデベロップメント』(オライリー・ジャパン)なども併せて読むとより理解が深められます。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (18件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/04 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/16 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/14 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/17 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/25 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/28 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/21 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/17 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/19 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/17 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/05 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/10 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

システム開発・設計 ランキング

システム開発・設計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む