サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:20cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8460-0781-2

紙の本

愛唱歌でつづる日本の四季

著者 塩澤 実信 (著)

「赤とんぼ」「夕焼小焼」「りんご追分」−。抒情的な童謡、唱歌など、人から人に歌いつがれ、時代を超えて愛されてきた名曲の出生の秘密を、著者の体験を交えながら生き生きと描く。...

もっと見る

愛唱歌でつづる日本の四季

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「赤とんぼ」「夕焼小焼」「りんご追分」−。抒情的な童謡、唱歌など、人から人に歌いつがれ、時代を超えて愛されてきた名曲の出生の秘密を、著者の体験を交えながら生き生きと描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

塩澤 実信

略歴
〈塩澤実信〉1930年長野県生まれ。東京大学新聞研究所講師、日本レコード大賞審査員等を歴任。日本ペンクラブ・日本出版学会会員。著書に「出版社大全」「歌は思い出を連れてくる」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛唱歌は心の故郷

2009/05/11 14:55

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:筑波太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一度は口ずさんだあの歌この歌。抒情的な動揺や唱歌、歌謡曲には人を引き付ける魅力があるのだろうか。懐かしき歌声は、故郷の温かさや別れのつらさを鮮明に映し出してくれる。四季折々に花が巡りくるように、愛唱歌は今でも心の底にそっと咲き誇っている。

 もう二昔にもなるだろうか、日航ジャンボ機が墜落し、一人の歌手の足跡が消えた。その名は「坂本九」。戦後世界的な一大ヒット・ソングとなった「上を向いて歩こう(作詞永六輔・作曲中村八大」のコンビで生まれた一曲は、今でも伝説的な語り草になっているほどで、海外版では「すきやき」の曲名で広く知れ渡る。まさに生死を賭けた名曲は、今も日本人の心の片隅で歌い続けられている。

 「花」や「ゴンドラの唄」「青い山脈・リンゴ追分」など、咲き誇る春をテーマにした抒情歌が生まれ愛され、夏には「宵待草・浜辺の歌」や「知床旅情・青葉城恋唄」が生まれ、秋には「荒城の月」や「夕焼小焼・赤とんぼ」などの名曲が親しまれている。冬は「北帰行・惜別の唄」「雪の降る街を」などよく歌われているが、なんといってもトリは「かあさんの歌」だろう。「母親は、いくつになっても心のよりどころであり、母を慕う心情は失われる」ことがない。

 春夏秋冬、四季の花暦は我々を楽しませてくれるし、人から人に歌い継がれてきた愛唱歌は心の支えになっている。今日もどこかの街門で歌われ、人々の活力源になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。