サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-70560-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学

著者 竹内 薫 (著),松野 時緒 (漫画)

超ひも理論、量子暗号、量子テレポーテーション、光の正体とは…? 「素粒子理論」ってナニ?と思っている人のために、ストーリー漫画とビジュアル解説で、敷居の高い量子の素顔をわ...

もっと見る

ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ねこ耳少女の 量子論

500 (税込)

ねこ耳少女の 量子論

ポイント :4pt / 紙の本より14おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

超ひも理論、量子暗号、量子テレポーテーション、光の正体とは…? 「素粒子理論」ってナニ?と思っている人のために、ストーリー漫画とビジュアル解説で、敷居の高い量子の素顔をわかりやすく紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.4

評価内訳

2012/05/04 23:46

投稿元:ブクログ

量子論の入り口ぐらいはわかるかなーと思ったら、入り口の前に立たされてドアをノックした気分です。
量子論で言われてることを、マンガで並べて、それをちょいと解説して終わりって感じですね。
わかりやすく書いてあるかと思ったら、案外そうでもないのが難点ですかな。
結局のところ、巻末の参考文献を参照するのがいいかもしれない。

2009/05/10 00:18

投稿元:ブクログ

よくわからなかった。
唯一わかったことは、量子は良くわからないモノだってこと。
要するに、何もわかっていないw

これ以降、超ひも理論の本を読んだりしてるけど、そのための簡単な事前知識は手に入れられたかも。

2009/06/24 17:41

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/simplegg/archives/65237718.html

2009/03/19 10:21

投稿元:ブクログ

以前、ネットでの記事を読んで気になっていた一冊。

…しまった、ハマってしまった。

量子論なんて全然興味なかったのに
「もうちょっと調べてみようかな」と思ってしまった。

「量子論+萌え漫画」という企画力、
実際に出版した勇気に
何よりもメロメロになりました(笑)

2009/07/17 23:45

投稿元:ブクログ

量子論を扱ったマンガ。まず500円というお手頃な値段が素晴らしい。量子論の専門書は少なくとも1500円以上するものが多いと思う。量子論に対して興味を持ってもらうためのきっかけとなる本だと思う。

2009/04/06 01:02

投稿元:ブクログ

あくまで、読み物として読むべき本です。
量子論について、敷居をさげたというよりかは、大観をつかませようとした本です。
ついでに、萌え要素が豊富です。

オイラは物理はど〜も苦手で、やっぱりよくわからんというのが正直な感想です。
物理は嫌いな人が、読み物感覚で読むのがいいんじゃないかなと思います。

2009/02/16 05:42

投稿元:ブクログ

まぁ、「500円かー。」という感じ。
量子論への入り口としては確かに優秀…なのかもしれないけど、
ある程度この手の話を知っている身としては、素粒子云々の話より漫画の内容についていけなかった。

最初の5ページを耐え抜けば、きっとこの本は面白い筈。
クラスのみんなに見せたら散々バカにされたけどね。

まだ本格的に粗探しをしていないので、重大な誤植は1つしか見つけてません。

2010/02/15 00:51

投稿元:ブクログ

サイエンスライターの竹内薫が書いている。
コラム以外は全編漫画。
全く知識のない人がイメージを掴むには良い本かと。

2012/12/02 18:12

投稿元:ブクログ

量子論に焦点を当てたストーリー漫画です。後書きや奥付から見て、サイエンスライター、一般ライター、漫画家の三者によるコラボ作品らしいです。日本人によるノーベル賞に顕著なように、日本のお家芸とも言えるこの分野について、これ以上は無理という位に噛み砕いて解説しています。メインの漫画部分はラブコメタッチで、主人公が偶然出会ったねこ耳少女から、デートしながら量子論のレクチャーを受けていくという内容です。「ねこ」という単語から彼女の正体に察しがつく方には、やや物足りない内容かもしれません。解説よりも、ストーリーの方にに重きを置いた感があります。とは言え、各話の間に簡単な解説もあり、量子論の基礎の基礎、あるいはこの分野の雰囲気は伺える作品です。ブックガイドもあるので、これから学んでみたいという場合の最初の一歩にはなるかもしれません。

2009/09/22 22:13

投稿元:ブクログ

量子論の超入門書。
最近こういう萌えで学問を語る本が増えましたが、これはほぼ漫画です。
量子論は個人的に電波な学問だと思っているので、なんとなく電波ゆんゆんなストーリーがマッチしていると感じました。

2009/04/16 18:33

投稿元:ブクログ

紹介してるのは本当に基礎の基礎(当たり前だけど)。そっち方面が好きで科学関係の雑誌とか本とかで量子論に触れてる人にはちょっと物足りないが、全然興味を持ったことのない、ノーベル賞で初めて興味を持ったような人には、後書きに書いてあるとおりその分野への興味を開くよいマンガだと思います。あいりちゃんかわいいよあいりちゃん

2010/06/05 01:53

投稿元:ブクログ

竹内薫さんが結構好きなので、購入。買うのが恥ずかしかった。量子に対する雰囲気は得られたが、理解には程遠い。まぁ漫画だししょうがないかという印象。

2009/04/08 16:17

投稿元:ブクログ

漫画で読む、量子論の本。
スラリと読みやすく、量子の話も分かりやすく描かれている。
これから量子を学ぼうという人も、萌え漫画が好きな人も、楽しく読めると思う。

2010/12/19 22:34

投稿元:ブクログ

入門書としてはどうなんだろう。
自分は二重スリットの実験とか知ってたからわかるけど、まったく知らない人が読んだらさっぱりわからないんじゃないかと思う。
量子ってのはすごくちっちゃいもので、なんだかよくわからないもの。という印象しか抱かないんじゃあ?

マンガとしては普通。絵はかわいい。
ラストはベタだからこそ良かったです。

2010/02/14 03:37

投稿元:ブクログ

「量子論」を簡単に説明するための猫耳少女と少年のお話が中心の漫画。
自分みたいな事前知識が全く無い人にとっての「量子論」の入門書としてはかなりいい作品だと思う。
なによりすごく読みやすい。
ただ、漫画としてはちょっと狙いすぎててわざとらしい部分が多々ある感じなので、買うならあくまで「ライトな参考書」という位置づけで買った方がいいかも。
漫画としては☆2つくらいだけど、雑学的な参考書としては☆4つくらい。

量子力学・量子論 ランキング

量子力学・量子論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む