サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秋期限定栗きんとん事件 下(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 281件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.3
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-45106-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫)

著者 米澤 穂信 (著)

ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連...

もっと見る

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫)

626(税込)

秋期限定栗きんとん事件 下

486 (税込)

秋期限定栗きんとん事件 下

ポイント :4pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.5MB 無制限
Android EPUB 9.5MB 無制限
Win EPUB 9.5MB 無制限
Mac EPUB 9.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連続放火事件かという違いはあるけれど…ほんの少しずつ、しかし確実にエスカレートしてゆく連続放火事件に対し、ついに小鳩君は本格的に推理を巡らし始める。小鳩君と小佐内さんの再会はいつ—。【「BOOK」データベースの商品解説】

ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連続放火事件かという違いはあるけれど……ほんの少しずつ、しかし確実にエスカレートしてゆく連続放火事件に対し、ついに小鳩君は本格的に推理を巡らし始める。小鳩君と小佐内さんの再会はいつ? 解説=辻真先

*第4位『ミステリが読みたい!2010年版』/国内篇キャラクター部門
*第10位『このミステリーがすごい!2010年版』/国内編【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー281件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

小佐内ゆき、おそるべし

2018/05/21 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件』は、小市民シリーズの3作目。
上下2冊の長篇。
前作もそうだったけど、小佐内ゆき、おそるべし。
その性格も、甘い物をたいらげる食欲も。
それにしても、このシリーズ、これで終わっちゃうのかなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠回りして気付いたこと

2015/09/30 14:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞部の新部長となった瓜野高彦は、新部員を組織化し、放火犯を捕まえるための張り込みを開始する。しかし残念ながら、放火犯を捕まえることはできない。そんな彼に対し、小佐内ゆきはもうおいたはよしなさい、とアドバイスする。だが当然、瓜野は意地でも犯人を捕まえようとエスカレートしていく。
 一方、仲丸十希子には別に本命がいて、しかも二股をかけられているという事実を知った小鳩常悟朗だが、特に何もしなかった。これまで通りの付き合いを続け、会うたびに仲丸の表情は暗くなっていく。

 そんな小鳩は、受験勉強に没頭しようとしつつも、新聞部に介入しているという小佐内の動きが気になって仕方がなかった。受験勉強に専念するためという理由をつけ、堂島健吾の協力を得て、事態の鎮静化に動き始める。

 最後の最後に明かされる小佐内の犯行動機が何ともいえない。やっぱり彼女も女の子な部分はあるんだな、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小佐内さん、あんたって娘は・・・

2014/06/25 09:25

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後に「ああ、小佐内さん、あんたって娘は・・・!」と叫ばずにはいられない。何ともカワイイ、オオカミ娘。今回は題名がとても深い意味をもってます。小市民の2人が幸せになれますように・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった!

2017/03/09 07:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すず - この投稿者のレビュー一覧を見る

安定した面白さなのですが、ヒロインと主人公の絡みがあまりなかったのが少し残念でした。このシリーズはほとんど短編集なのですが、今回は違い長編で、やはり米澤穂信さんは長編の方が面白いなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小市民コンビの再会――炎の前で――

2010/03/26 11:25

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

去年(高2)の夏に起こった『夏期限定トロピカルパフェ事件』で、互恵関係を解消した小佐内さんと小鳩くん。それぞれに彼氏彼女を持ち、小市民的生活を維持すべく孤軍奮闘していたが、高3の秋、二人が通う高校周辺で起こる連続放火事件を介してついに二人の日常が交錯する。放火事件に小佐内さんの影がちらつくからだ。

「小佐内さんが火をつけてまわってる可能性があるのに、じっとはしてられない」と立ち上がった小鳩くんは「ぼくが思うに、これは情報操作で片がつく」と声高らかに宣言する―――というのが上巻までのおはなし。

この下巻では小鳩くんお得意の推理が披露され、連続放火犯は捕まる…のだけれど、このミステリ部分はそれほど重要じゃない。ついでをいうと犯人も「やっぱり」という人物だ。

本シリーズの見所はなんといっても「小市民」という善良な皮を被ろうと必死になりながらもことごとく失敗してしまう小佐内さんと小鳩くんの本性――狐と狼――との葛藤だ。

復讐の楽しさを忘れられない小佐内さん。推理を展開することを止められない小鳩くん。ふたりはその性癖から過去に苦い経験をし、以来、その誘惑を断ち切ろうと努力している…はずなのだが、まぁ、これがことごとく失敗中。ま、失敗するところがまた「小市民」的ともいえるのだけれど。

本書でも小佐内さんは放火事件に乗じてある復讐を決行し、小鳩くんは推理を披露する。そしてその非小市民的活動を通じで再会するわけだけれど、その再会場所がまたまた非小市民的。なんとめらめら燃える火の前(爆裂音つき)で向かいあうのだ。しかしすぐに小鳩くんは一時退場し、ちょっとオソロシイ小佐内劇場が開幕するのだけれど…それは本書の一番といってもいいくらいの見所なので割愛する。とにかく小佐内さんがオソロシくってキュートなことだけは言っておく。

ちょっとオソロシイ小佐内劇場が閉幕した後、狼(小山内さん)と狐(小鳩くん)は再び向かい合い、去年の夏にお別れしてからの一年を、淡々と振り返る。

小山内さんは言う―――
「本当なの。告白されて嬉しかった。瓜野くんって、ほら、結構恰好いい方で自信家だし。すぐにおつきあいすることに決めた。わたし、知りたかったの。恋とはどんなものかしらって」


それに対する小鳩くんの突っ込みは―――
フィガロ?


笑ってしまった。的を射ているような、的外れのような、「小鳩君らしい」なぁ…と。

小佐内さんは彼氏である瓜野くんのために尽そうとしたのだけれど―――小鳩くんも言っているのだけれど―――その尽し方がもういかにも「小山内さん」らしくって(小市民とは程遠い内容なので)、笑ってしまう。こういう不完全さがまた可愛いんだなぁ。

でもそんな二人も高校3年間のほとんどを費やして自分たちが目標としてきた「小市民」の正体に気付く―――
必要なのは「小市民」の気ぐるみじゃない。
たったひとり、わかってくれるひとがそばにいれば充分なのだ、と。


そして小鳩くん小佐内さんに伝える―――
「ぼくにとって小佐内さんは、必要だと思う」


小佐内さんも小鳩くんに伝える―――
「うん。小鳩くん。また一緒にいようね。たぶん、もう短い間だと思うけど」


これは告白?と思いたくもなるけれど、恋愛関係に発展するにはまだ時間がかかりそう(高校生活も残すところ僅かなんだけど)。ただ、小鳩くんには心境の変化を感じられるのでまだ期待は捨てずにいたい。


さて後日談。
和風喫茶に繰り出した小佐内さんと小鳩くんは栗きんとんを前に、栗きんとんとマロングラッセの作り方の話をしている。

えぐい栗に何層もの砂糖をまとわせて栗自体まで甘くするマロングラッセ。煮た栗を裏ごしして砂糖と合わせて茶きん絞りにする栗きんとん。小山内さんは和洋の栗のデザートに何かを例えている。もちろん小鳩くんには小佐内さんが何を言わんとしているか分かっている―――


そのままではえぐい栗を、誰もが愛するお菓子にするための方法論。
煮て潰して裏ごしして、それから砂糖と一緒に火にかけるのが栗きんとん。
漬けこむシロップを少しずつ濃くしていって、いつも間にか芯まで甘くしてしまうのがマロングラッセ。
わかった。


小佐内さんは小鳩くんに訊ねる―――
「小鳩くんはどっちが好き?」


この質問に対する小鳩くんの答えがまたまた可愛いのだけれど、それは読んだ人だけのお楽しみ。

そうそう、小佐内さんが放火事件に乗じて復讐劇を決行した理由が最後の最後に明かされるのだけれど、それもまた可愛らしい答えで(ここでいう「可愛らしい」は時に「恐ろしい」と同義語です)、最後の最後にまたしびれてしまった。

次は『冬期限定○○事件』だなぁ。○○の中には何が入るのだろう。ぜんざい? バレンタインチョコ? クリスマスケーキ? あぁ、早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほろ苦い青春ミステリー

2017/01/03 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もなぉー - この投稿者のレビュー一覧を見る

いーちきみきちきーちきち

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/16 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 08:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/16 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/06 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/26 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/20 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/28 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む